サムネイル

【徹底解説】彼女が冷たい時にどんなリアクションしてる?彼のOK&NG対処法

「あれっ…何だか最近彼女が冷たい?」楽しくお付き合いしていたはずなのに、ふと彼女の態度に違和感を覚える瞬間はありませんか?そんな時はつい焦って彼女の神経を逆なでするような行動に走ってしまいがち。しかし、それは別れを加速させる場合が!今回は、彼女が冷たいと感じた時に彼が取ってOK&NGなリアクションをご紹介致します。

  • 更新日:

最近彼女が冷たい!

あれ?これってやっぱり…冷たい?

彼女からLINEの返事は返って来ない、デートもHも減ったような気がする。「ねえ」と話しかけても知らんふり。あんなに楽しくラブラブだったはずなのに、何だかちょっとおかしいな…ひょっとしてこれが「冷たい」ってやつ?
‥そうです!その違和感はだいたい正解で、彼女は何かしらあなたへの不満や思うことがある証拠です。

そんな彼女の態度に変化を感じた時、焦ってついどうしたらいいのかと取り乱したり、カチンときて怒ってしまったり。彼女のことが好きだからこそそっけない態度にイラッとなってしまうこともありますよね。でも、まずは焦らないで自分の行動を見極めましょう。今回は、彼女が冷たい時にどういうリアクションすべきなのかを解説させていただきます!

彼女が冷たい、と感じてしまう具体的な事柄はどんなものなのか挙げていきましょう。

あなたの彼女はいくつ当てはまる!?彼女が冷たい時

連絡の頻度が減る

電話でもラインでもメールでも、連絡の頻度が減っている時は彼女が冷たくなったのかな?自分への気持ちが減ってしまったのかと考えてしまうと思います。付き合いが落ち着いてきた場合は付き合う前よりも連絡頻度が減ったりしますが、それは冷たいのではなく信頼度が増してきたから。

その場合はあなたと会っている時に笑顔が多かったり、会話に対して積極的だったりします。

LINEの返事が遅い・来ない

彼女にLINEして既読になってもそのまま、翌日、数日スルー。たまたま忙しいのか体調でも悪いのか、それとも何か気に障ることでも言ってしまったんだろうか…と不安になりますよね。そのうち既読もつかなくなってしまうことも。時に女子は読まずにわかる内容であれば既読にする必要もないかなと雑に思える対応を取ることもあります。これは冷たい訳ではなく、彼なら後で会うしいっか!と言うような気持ちもあります。

何通も何通も送っているのにスルーされている場合は、彼女が冷たいと認定していいと思います。

電話に出ない

思い切って電話してみても出てくれない。いやいやちょうど電話に出られない事情でもあるんだろう、と自分を納得させてみても、折り返しの電話も来ない。やっとリアクションがあったと思ったらLINEやメールでひとこと「なに?」これはへこみますよね。

電話に対して電話で返ってこないと、そのことがきになる方もいますよね。ただ、実際電話に対してかけ直さない女子も周りにはたくさんいます。理由は様々ですが、後から気付いて用件が気になった場合はLINEでもいいや、と思う女性は多く、そもそも女子はLINEのやりとりの方が好きな人も。冷たいかどうかは電話の折り返しだけでは判断が難しいところです。

デートの時の笑顔が減った・つまらなそう

デートをしている時にふと気が付くと、彼女がスマホをいじっている。こんな瞬間が目につくようなら彼女は冷たい対応をしていることが多いです。冷たいと言うよりも、興味がなくなってしまっている状態。何か話しかけても「ああ、うん」と生返事。外を見たりしてぼうっとしているならともかく、明らかに暇を持て余しているような態度なら要注意です。一緒にいても面白くないのかな、と思ってしまうと思いますが、それは彼女がそのままあなたに思っていることかも‥。

デートの回数が減った

前は「会社帰りでも会いたい!」なんて言ってくれていたのに、最近では休日にデートしたくてもまず連絡が取りづらい。彼女にデートの約束をと思っても「その日はだめ」と、さっくりとしたひとことで終わり。…ひょっとしてこれ、フェードアウトされてる?

彼女の中であなたが優先されていないことは明らかです。冷たくなってしまった原因がわからない場合がほとんどだと思いますが、放置することは避けて何かしら対策をとりましょう。

Hの回数が減った、断られることが増えた

体調が悪いのかな、今日はその気になれないのかな、なんていうレベルじゃない。いい雰囲気を作ろうとしてもそうならない、それとなく誘ってみても、キスをしてみても無反応。倦怠期なのかもしれない…本当にそう?

彼女がHに対して拒否反応を示している時。実は女性でもよくあることなんです。彼のことは大好きなのになんかイチャイチャしたくない時は結構あったりします。理由はこれもそれぞれですが、嫌いではなくそういう気分ではないと言うことが多いかも。冷たいとは違うので、間違えて喧嘩にならないように。

では、なぜ彼女は冷たい態度を取るのか?

理由も分からず彼女から冷たい態度を取られ続ければ、男性だって不安だったり怒りだったりいろいろな感情が沸き起こってしまうのは当たり前です。まずは冷静に、どうして彼女が自分に冷たい態度ばかり取るようになってしまったのかを考えましょう。

冷たい態度は彼女自身の都合によるもの

男性側には何も変わりがなくても彼女自身に何か変化があり、結果として彼に冷たい態度を取ってしまっていることもります。彼女自身の態度を思い出しながら、冷たい理由を考えていきましょう。

仕事が死ぬほど忙しい

身体も心もくたくたに疲れていれば、あなたへの態度がそっけなくなってしまうということもあるかもしれません。冷たくなる前に、仕事や会社についての愚痴を言っていたりしなかったでしょうか。疲れている彼女の愚痴をスルーしてしまっていたという可能性もあります。

なんとなく体調が悪い

仕事で疲れている、風邪が治っていないなどの他に、女性はホルモンのバランスにとても気分が左右されます。何となくだるい、というのもこの内に入ります。生理の前はナーバスにもなりますし、それを分かってくれない・察してくれない彼の態度にイライラすることも。時に彼氏にはわかってほしいのに!と思ったり、彼ならわがままで八つ当たりしてもいいかな?と言う彼女の甘えの気持ちから冷たい態度をとってしまうこともあります。

彼女が疲れていそうなのに、自分の都合で振り回してしまった、ということはなかったでしょうか?彼女の都合によるものですが、気遣ってあげることで元に戻ることも多いので気長に待ってあげてほしいです。

実は私、もともとそういう性格!

初めはラブラブで楽しさいっぱいでも、付き合いが長くなっていくに従い自分が楽でいられるようになっていくのは自然なことです。そのラブラブ期を過ぎて、彼女が自然体でいる状態なのかもしれません。本来は自分が知っている彼女の性格とは真逆で、それを出さずにいたことが慣れて出てきてしまっているのかも。

ただそれも、明らかにつまらなそう、という場合には別です。以前からの彼女の言動を思い出しての慎重な見極めが大事になってきます。

距離を置きたいと思われている

嫌いになったわけでもなく、他に好きな人ができたわけでもない。でも、ちょっと距離を置いて一人になりたい…そういうこともあるでしょう。このまま付き合っていていいのか、それとも…。つきあいも長くなってくると、彼女自身、あなたとの関係を真剣に見つめ直したい、と冷静に思うこともあるかもしれません。その先へ一歩進むべきなのか、離れるべきなのか、一人で考えたいと考えている可能性もあります。

シンプルに別れたい

他に好きな人ができた、飽きた、一緒にいても刺激が無い。別れたい理由はさまざまですが、別れたいと思う相手に対して優しくふるまうなどということはできないでしょう。

男性側に原因がある場合

彼女自身に何かあるのではなく、男性、つまりあなた側に何かしらの原因があるということも十分に考えられます。彼女の性格をよく考え、いつから冷たくなったのかを思い出してみてください。そんなことはない…と思わずに、振り返りながら考えていきましょう。

彼女を傷つけるようなことを言ったorした

自分では何気なく言った、したことでも、彼女にとってはグサリと突き刺さることであり、そして神経を逆なでされたのかもしれません。「太った?」「そんな下らないこと」「それ、何が面白いの?」そんな何気なさそうなひとことでも女性は大きく傷つくものです。

不安、不満、寂しい思いをさせた

「仕事と私どっちが大事なの?」なんていうのはベタなセリフですが、確かに、仕事仕事でそちらばかり優先していれば女性は寂しく、そしてつまらなく、不安と不満が募っていきます。また、仕事ではなくても、会食や会社の飲み会と言って自分だけ飲み会が続いていたなど、仕方ないだろ!と言うことでも彼女の心は荒んでしまうこともあります。

デート中にスマホやテレビ、パソコンばかり見ていたりはしていなかったですか?かまってほしいという彼女のサインを見過ごしてしまったのかもしれません。

大事にされていない、と思わせてしまった

記念日を忘れていた、イベントごとに無関心。プレゼントが適当、デート費用を必要以上にケチる。お金をかけていればいいということはありませんが、かけなさすぎも問題です。また、つきあっている上でターニングポイントとなる日や世間的に盛り上がる日に彼氏が無関心である場合、放っておかれるような気持ちになる女性は多いです。「ねえ、今度の○○の日さ…」と何か言いたそうにしていたことはなかったですか?

自分本位な態度を取ってしまった

食べたい物、行きたい場所、したいこと、何でも彼女の都合や希望要望を聞かずに勝手に決めてしまったり、意見を無視してしまったりということはありませんか?ぐいぐいとリードするのも良いですが、彼女の意見や気持ちは大事です。今日はその気じゃないのに…と、いまいち乗り気ではない彼女を強引にベッドに誘うようなことも良くありません。そのようなことが続けば彼女も「勝手な人だ」と思うようになるでしょう。

あなた自身に問題がある場合、それらのことが続き、積み重なれば「少し距離を置きたい…」と思われ、果てには「別れたい」と思われてしまうのも仕方ない流れとなってしまいます。

彼女がなぜ冷たくなったのか。考えられる理由はこのようにさまざまですが、それではどのようなリアクションを取ればいいのか、また逆に、取ってはいけないNGリアクションを考えていきましょう。

これはだめ!冷たい彼女へのNGリアクション

何も気づいていないふりをする

何事も無いようにふるまうのも一つの手かもしれませんが、リスクは大きいです。「私がこんなに怒っているのに何で気づいてくれないの?」と、ドロ沼にもなりかねません。何も触れてこないこと=何も考えてくれない彼氏になってしまい、彼女のストレスはたまるばかりです。また、ここでふざけて「何怒ってるのさ~」と茶化した態度を取るのも避けておきましょう。「ふざけないで!」と彼女の怒りを買うことになりかねません。冷たい→怒り→さらに冷たく無関心になってしまいます。

とりあえず意味も無く謝る

「謝ればいいんだろ!」というのは、開き直り・逆ギレと受け取られてもおかしくありません。何も分かっていない!と火に油を注ぎかねず、事態は悪化の道をたどる可能性が大きいです。

しつこすぎるLINE、電話

放っておいてほしい…と彼女に思われているかもしれないのに、連絡がつきにくいからと言って怒涛のようにメッセージを送ることや、引くぐらいの着信履歴を残すようなことは良くありません。だからと言って放置をすればいいというものでもありません。面倒な生き物ですが、それはお互い様なのかもしれません。

まずは彼女の様子を見て機嫌が良さそうな時に「仕事、忙しい?大変だね」「体調悪くない?心配だよ」というように、さりげなく軽く僕は心配しているよ!というメッセージを送るくらいにとどめておきましょう。

同じように冷たくする、放置する

そっちがそういう態度で来るのなら…と子どものように対抗意識を燃やしても、何の意味もありません。冷たい態度を取られた理由をよく考え、もし反省できる点が見つかったのであれば改善していきましょう。また、そっとしておくのと、ほったらかしにするのとは違います。ほったらかしが理由で冷たくされたことに腹を立てているのに同じことを続けられれば、彼女の気持ちはさらに離れて行ってしまいます。

強硬な姿勢で問い詰める

強引さも時と場合によりけりです。度が過ぎれば別れを決意される原因にもなります。手っ取り早く、さっさと問い詰めて解決したいという気持ちもわかりますが、逆ギレにも近い対応はNGです。

正しいリアクションはどうしたらいい?

まずは話を聞く姿勢を見せる

LINEやメールを送るにしても「何かあった?いつでも話して」と優しく切り出しましょう。女性は、悩んでいる時や愚痴があっても、具体的なアドバイスが欲しいわけではないことが多いです。ただ話を黙って聞いてほしい、味方であるということを示してほしい、そんな気持ちでいるのかもしれません。

おおらかな気持ちで見守る

特に、仕事で忙しい彼女のことはそっとしておきましょう。何かあったらいつでも自分がいるよ、という姿勢を見せることが大事です。間違っていることを指摘してくれる男性がNGな訳ではありませんが、まずは冷たい理由をきちんと聞くことで、自分の話を聞いてくれる人だということを彼女に再確認させて。

君のことが大事だよ、と言葉と態度に出してみる

恥ずかしいことかもしれませんが、はっきりした態度と言葉は大事です。彼女の性格に沿って、スキンシップを増やしてみる、サプライズを仕掛けてみる、普段行かないような場所でのデートを提案してみる、などでもいいでしょう。

彼女本人に直接聞く

これは最終手段です。もしも聞く時はスパッと簡潔に聞き、威圧的な態度で接することはやめましょう。「どうして最近冷たい態度なの?」「最近何かあるの?」「話し合いたいんだけど、いい?」など、ストレートに聞いた上で彼女の話はきちんと聞く準備があることを示しましょう。どんな結果になっても、うやむやにするよりよっぽど大人の対応だと思います。

彼女が冷たい、と感じた時のリアクションまとめ

いかがでしたか?
今までラブラブだった彼女との関係が急に変わってしまえば、不安になるのも当たり前です。まずは、冷たくなったと感じる前の彼女の言動を思い出してみましょう。それから自分を振り返り、そっとしておいたり、優しく声をかけたりしてみてはいかがでしょうか。焦って理由を問いただすようなことをするよりは、見守る、支えるというように、おおらかな姿勢で待つことも大事だと思います。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター