サムネイル

今更聞けない!社会人男性が覚えておくべき結婚式の服装マナー

結婚式の服装マナーはきちんと心得ていますか?スーツやシャツ、ネクタイ、靴まで細かいマナーが存在するため、社会人の皆さんは知らなかったということがないようしっかりと頭に入れておく必要があります。そこで今回は、社会人男性が覚えておくべき結婚式の服装マナーをご紹介します。

  • 更新日:

社会人男性必見!絶対に知っておくべき結婚式の服装マナーとは

「結婚式に招待されたものの、どんな服装で参加すれば良いのかわからない…」そう頭を抱えている男性も多いはずです。頻繁に参加するような場ではないため、結婚式に呼ばれる度に服装について悩む方も多いのではないでしょうか。しかし結婚式というフォーマルな場において、常識はずれな服装をしていたら冷ややかな目で見られてしまうかもしれません。よって一社会人として、恥をかくことのないようしっかりと服装マナーを心得ておく必要があります。

そこで今回は、結婚式の男性ゲストの服装マナーについて一挙ご紹介します。スーツやシャツ、ネクタイはどのような色を選ぶべきなのか、靴はどのようなタイプを選べば良いのかなど、気になる疑問点をここで解決させましょう。

マナー①スーツはフォーマルなものを選ぶ

結婚式の男性ゲストのスーツは、「準礼服」もしくは「略礼服」を選ぶのが一般的です。準礼服なら昼間はディレクターズスーツ、夜はタキシード、略礼服なら昼夜問わずブラックスーツやダークカラースーツでまとめるのが一般的だと言えます。スーツのカラーは黒を選ぶと間違いありません。しかし最近では、結婚式場の雰囲気や新郎新婦との関係性によっては、黒ではなくてもダークカラーやシックなものでも問題ないとされています。自分の立場によって、服装を考慮するように心がけましょう。

ブラックスーツは最も一般的ですが、それだけだとシンプル過ぎる装いになってしまいます。これを解消するためにも、シャツやネクタイなどをアレンジして程よい華やかさを演出しましょう。また白やピンクのような、新郎と被る可能性のあるスーツは絶対に控えてくださいね。

マナー②Yシャツはカジュアル過ぎないものを

結婚式のシャツは、白色を選ぶのが無難です。ただし20代から30代前半の若いゲストや、レストランのようなカジュアルな場であれば、パステルカラーのシャツでも問題ありません。その場合には薄い黄色や水色、ピンクのように派手ではないものを選ぶと良いです。反対に結婚式にふさわしくないシャツは、派手な色であったり柄が入っていたりとカジュアルなものです。

また、夏場であっても半袖のシャツはNGなので注意しましょう。結婚式はフォーマルな場なので、長袖の襟付きシャツを着用してくださいね。

マナー③ネクタイは黒はNG

まず大前提として、ネクタイは黒色や濃い紺色のように、ダークカラーのものはNGです。喪服のイメージがあることから縁起が悪く、結婚式にはふさわしくないので身につけないように気をつけましょう。アニマル柄も殺生を連想させるので、控えてくださいね。

ネクタイは基本的に白や薄いシルバーのものが定番となっていますが、カジュアル過ぎなければどのようなものでも問題ありません。ドットやストライプのような柄物でもOKです。スーツやシャツがシンプルな方は、ネクタイで華やかさを演出しましょう。

また、夜間であればネクタイの代わりに蝶ネクタイを着用するのもアリ。通常のネクタイスタイルとはまた違って、オシャレ度の高い装いに仕上げることができますよ。

マナー④靴は革靴かエナメル素材のものがベスト

結婚式のスーツに合わせる靴は、革靴またはエナメル素材のものを選びましょう。その上で、つま先に革の切り替えのストレートラインが入っている「ストレートチップ」や、つま先に特段としたデザインがないベーシックな「プレーントゥ」のものを選ぶのが一般的となっています。色は黒が無難ですが、カジュアルなパーティーであれば茶色系でも問題ありません。靴は仕事用のものと兼用しても良いですが、傷んでいる場合には履かないようにしましょう。冠婚葬祭用に1足購入しておくことをオススメします。

さらに靴下は靴の色に合わせて、無地の黒色でくるぶしが見える長さのものがベストです。柄が入っているものは避けた方が無難だと言えます。

また、クロコダイルの型押しやスエードのようなものはNG。たとえフェイクであっても縁起が悪いので、履かないように気をつけてくださいね。また、革靴であってもつま先にたくさんの穴が空いた「メダリオンデザイン」はカジュアル過ぎるので結婚式には向いていません。

結婚式の服装マナーを大切に

いかがでしたか?今回は、社会人男性が絶対に知っておくべき結婚式の服装マナーについてご紹介しました。マナーについて曖昧だった方も、ここで疑問点を解決できたのではないでしょうか。社会人として、結婚式というフォーマルな場で常識外れな装いをするのは論外。しっかりと正しいマナーを心得て、正しい服装を着用しましょう!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター