サムネイル

「私の彼ってかっこいい…」彼女が思わず惚れる瞬間

デート中、ふと視線を感じて顔を上げるとそこには、ほうっとため息をつきうっとりした表情の彼女。「え、どうしたの?」「…かっこいい」えっ、どこら辺がツボだったの?あなたが彼女を可愛いなぁと思うのと同じく、彼女もまたあなたに『きゅーん♡』とする瞬間があるのです。女性が改めて彼をかっこいいと思った瞬間をご紹介いたします。

  • 更新日:

彼女発!彼を「かっこいい♡」と思った瞬間

付き合っていると相手に気持ちを使える機会が減ってしまうカップルもいると思います。付き合う前のやりとりでは、女性に「好きだよ」「可愛いね」と言っていたのに、時間が経つことでそんなコミュニケーションも少なくなってしまいがち。それは女性にも言えることです。

そんな彼に対して、彼女が惚れ直している瞬間が意外と日常の中に溢れています。口には出さないけれど思っている彼女もいれば、「かっこいい…」と素直に伝えてくれる彼女も。女性がどんな時に彼をかっこいいと思っているのか、男性にはわからない女子独特の感性をご紹介いたします!

オンとオフの切り替えを見たとき

仕事が終わって待ち合わせ。今日はかしこまったデートではなくてほっと一息つけるような気楽なお店で彼と飲みデート。「お待たせ」そう言ってスーツの上着をばさっと脱いでネクタイをきゅっと緩める、その瞬間の指先と首の動きに思わずドキッ。ワイシャツを腕まくりして、たくましい腕の血管とスジが見えたら文句なし。

オンからオフに切り替わる、その瞬間の雰囲気の変化に彼女はキュンとします。仕事から解放されて自分の前で見せてくれるホッとした雰囲気が、女性にとってはドキッとしてしまう仕草なのです。

仕事に向かう男性の切り替えを見たとき

何かに真剣に取り組む時の表情の変化、声色、そういったものも「あっ、やっぱりかっこいい!」とドキッとするものです。オフから着替えを仕上げていって、最後にネクタイをきゅっと締めるその瞬間、顔が切り替わるその時にも「かっこいい…」と思ってしまいます。やりがいを持って仕事に取り組む男性は、彼女にとっても魅力的な男性なのです。

車の運転をしているとき

王道の「車をバックさせる時に振り向く首筋と、助手席に添えた腕」にはもちろんドキドキしちゃうけど、横断歩道の前でさりげなく停まったり、優しい発進と停車に気づいた時には「こんな時にも気を遣えるんだ…」とキュンとします。長いドライブの時に助手席でうっかり寝てしまって、目を覚ました時にそっと笑ってくれる…恥ずかしさと嬉しさで思わずときめいてしまいます。

車は、狭い中に二人だけという、それだけでドキドキの空間です。そんな普段とは違う時でも、変わらぬ優しさや普段とはちょっと違う顔が見られたりすると、女性は惚れ直してしまいます。

逆に車の運転中は、彼女のヒンシュクを買ってしまう危険性も…

普段は優しいのにハンドルを握ると人が変わってしまう…そのようなことは避けたいものです。安心の安全運転が大前提です。周りのドライバーに対しても気持ちの良い運転ができるマナーで、楽しいドライブにしましょう。

自分にできないことをしてくれたとき

自転車のパンク、パソコンやテレビの配線、ちょっとめんどくさいスマホの設定…女性が不得意であることが多いそれらのことを「ちょっと貸して」とさらっと始めて何事も無いように終えてしまう。思わず「かっこいい…!」と思わずにはいられません。もちろん「やってあげた」とドヤ顔をするのではなく、「こんなこともできないの?」と彼女を下に見ることもせず、「なんてことは無いよ」とさらりとした態度でいてほしいものです。

重いものをさっと持ってくれた、瓶の蓋を開けてくれた、そういった「男らしい!」と思ってしまうようなことをしてくれるのも嬉しいものです。高いところの物を取る、電球の交換、も地味ですがポイントとしては着実にたまっていきます。普段から彼女が苦手そうなことにアンテナを張って、困っているなと思った時にさっとフォローしてみてはどうでしょうか。

意外な面を見たとき

実は料理が上手だった・実は英語が得意だったなど。世の男性は苦手なのだと思われている料理。これをさっとこなす男性は素敵です。一人暮らしのキッチンでささっとありあわせの何かで一品作って「あったもので悪いけど」と何でもないように出してくれたりしたら、自分で作るご飯の何十倍も美味しく感じてしまいます。

また、デート中に外国の方に道を聞かれた時など、スムーズにスマートに案内できたら驚いてしまいます。これは、もともと英語ができると知っている男性でもです。「やっぱりかっこいい…!」とキラキラ尊敬した目で見つめてしまいます。

そういう明らかにかっこいいポイント倍増の要素だけではなく、実はほのぼのアニメ映画を見て泣く、実は動物が大好き、実は辛い物が苦手…そんな、言ってしまうのが少し恥ずかしいと思ってしまうかもしれない「実は…」ポイント。しかしそれを「可愛い!」と思ってしまう女性も多いです。
かっこいい、であると同時に、かわいいも味方に付ければ彼女はますます、普段のあなたのギャップにハマっていくかもしれません。

トラブルに慌てずに対応したとき

デート中や旅行中なども、ほんの些細なものから大きめのものまで、トラブルに見舞われることは珍しくありません。予約したはずのお店が予約されていなかった・注文したものと全然違うものが運ばれてきた。そんな時、彼女やお店の人に怒ったり八つ当たりをしたり、お店の人に対して威圧的な対応を取るのはアウトです。トラブルを楽しむくらいの気持ちで、他のお店をさっと提案して行動したり、お店の人にもタメ語ではなく丁寧に対応する、そういう大人の男の余裕に女性は弱いです。

旅行先で完全に道に迷った、など「どうしよう…」と慌てたり落ち込んでしまいがちなシーンでも「大丈夫だから。任せて」とひとこと言ってくれたら…。彼ってかっこいい!と彼女は惚れ直してしまいます。

サプライズをしてくれたとき

誕生日、クリスマス、何かの記念日…。それを忘れないでいてくれただけではなく、サプライズを仕掛けてくれたとき。びっくりすると同時に「やっぱり好き」「かっこいい」と嬉しくなります。サプライズは「彼女を驚かせ、楽しませよう」という気持ちのもと、発想、計画、実行をする力が必要であり、実はとてもスキルの高さが必要なことなのです。

特別にお金をかける必要はありません。そして、必ず成功させることもありません。彼女が喜ぶと思って、と行動してくれたことがまず嬉しいのです。サプライズが成功して嬉しそうな顔、失敗してしまって少ししゅんとなってしまっている顔、どちらにも女性はときめきます。

そんなに難しいことではありません

仕草、表情、それからいつもと違った服装…彼女がハッとして惚れ直してしまうようなことは、サプライズを除いて実はそれほど、特別に何かをした時ではないのです。

「やっぱり私の彼氏かっこいい!」と思ってもらうには、彼女の気持ちに甘えることなく、自然体ではあるけれども、もっとかっこよくありたいと思うほんの少しの努力と気遣いが必要です。無理をすることなく、でも彼女にいつでも惚れ直されたいですね!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター