サムネイル

不倫は日常に溢れてる…女性が不倫を始めたきっかけ

突然ですが、皆さんは不倫をしたことがありますか?そんな非日常はドラマや小説でしかないように感じるかもしれませんが、実は不倫をしている・過去にしていたという方はとても多く、結構日常的なものだったりするのです。今回はそんな不倫が始まるきっかけについて調査をしてみました!

  • 更新日:

意外と多い!?どれぐらいの人が不倫を経験している?

不倫、それは現在の生活に物足りなさを感じた男女の「秘め事」・・・。

なんて、ちょっと昼ドラっぽい始まり方でしたね(笑)皆さんは不倫の経験があったり、友人などに不倫をしている・またはしたことがあるという人はいませんか?あまり馴染みがないという人もいるかもしれませんが、不倫は実は結構な方が経験したことのある、わりと「日常的なこと」だったりします。
「そんな嘘だろ!?」と思うかもしれませんが、不倫についてアンケートを取っているサイトなどを一度検索してみて下さい。私が調べたサイトによると、約6割近くの女性が「不倫をしたことがある」と答えていました(結構いるだろうなとは思っていましたが予想よりも多くてびっくりしました)。そしてその中でも多くは「職場」で出会った上司や同僚と...という回答が半数以上を占めているのです。職場恋愛から結婚へ発展するカップルはとても多いですが、それと同じくらい職場で不倫をしている人はいるのかもしれませんね。

リスクを伴なう危険な火遊びですが、果たしてどんなことがきっかけで不倫は始まるのでしょうか?

「酔った勢い」でつい・・・

会社に勤めていると忘年会や親睦会など飲みの席はとても多いため、そこから意気投合してふらりとホテルへ...ということはあまり珍しくないようです。
お酒を飲むと、自分では全然酔っていないと思っていても無意識の部分でタガが外れてしまっている時があります。そのため飲み会からの不倫は衝動的なものが多く、身体の関係を一度持っただけのその場限りの場合が殆どなのですが、日が経つにつれその時の刺激が忘れられず、どんどん深みにハマってしまうことも…!このタイプの不倫は「恋人」というよりも「セフレ」感覚の付き合いが多いため、昼ドラのようなどろどろとした関係になることはあまりないようです。
しかし、中には「身体の関係を持ったらその日から恋人だからね!」と勘違いをしてしまう人も多く、毎日のように離婚を迫ってきたり相手の男性の家庭を崩壊させかねないトンデモ行動に出てしまう女性も!

火遊びをする際にはそういった女性に粘着をされないよう、くれぐれも気をつけて下さいね!

相談に乗ってもらっているうちに・・・

悩みなんて、家族や友達にしておけばこんなことにならないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、仕事の悩みはなかなか家族や友達にはわかってもらうことはできませんよね。会社の上司や仲の良い同僚に悩みを打ち明け、親身になって話を聞いてくれたりアドバイスをしてくれる上司や同僚は例え既婚であろうが好きになってしまう、というのは流れ的にあるのかもしれません。
これは精神的な部分から始まる恋のため、「酔った勢い」よりもより深く本気の恋に発展してしまう可能性が非常に高く、かなりリスキーな不倫に発展してしまう場合もあります。

2人きりで仕事・行動をすることが多くて・・・

仕事をしていると2人チームで仕事をする、残業を手伝ってもらうなど、異性と2人きりで仕事をすることは多いかと思います。家族よりも長い時間を一緒に行動することで特別な感情が生まれてしまうため、こういったケースから不倫に発展することはとても多いようです。2人きりという環境はたとえ結婚をしていたとしてもお互いの間に特別な感情が生まれやすいので、ある意味これは「自然な流れ」といえるかもしれませんね。
これも徐々に恋心が芽生える「本気タイプ」の恋だという場合が殆どのため、火遊び程度の気持ちで関係をもつことで後で大変な目にあってしまいますし、相手の女性にも失礼なので本気でない限りは女性の気持ちには応えないようにした方が良いでしょう。

不倫は普通の恋と同じなのです

いかがでしたか?もっと昼ドラチックのようなものを想像していたかもしれませんが、以外に不倫もきっかけは普通の恋と変わらないものばかりでしたね。しかし「相手が結婚している」「叶わぬ恋」という前置きがつくため、余計に燃え上がる恋になるのは間違いありません。多くの女性は「ドラマチックな恋」をしたいと思っているので、不倫のようなアブナイ恋にハマってしまうのかもしれませんね。

人によって「恋」の形は様々です。ですが不倫はその中でも大変危険を伴う恋ですので、するならばそれなりの覚悟が必要です。相手の女性にもダメージを負わせてしまう可能性が非常に高いので、必ずその場の勢いで考えもなしに行動に出てしまわぬよう、十分注意をして下さいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター