サムネイル

不倫初心者の男性が持つべき心構え|女性と上手く関係を続ける方法

いけないとわかっていても、その魅力に引きずり込まれてしまう不倫。初めて不倫をする男性はきちんと心構えができていないと破滅の道を転がり落ちていくことになります。ここでは、男性も女性もプライベートを守りながら上手く関係を続けていくために持つべき不倫の心構えをご紹介します。

  • 更新日:

不倫をうまく続けていくためには?

結婚して妻や子供がいるのが当たり前になると、人生にもっと刺激が欲しくなり、不倫に手を出す男性がいます。または未婚であっても、年上の女性と関係を持ち、実は相手には家族がいたという場合も。最近は有名人の不倫騒動が増えていますよね。これは数年前に比べて不倫が多くなってきているということでしょう。

不倫にはそれなりの代償がついてきます。バレてしまえば大切な家庭が崩壊する、慰謝料を請求される、裁判沙汰になる、世間体が悪くなるなど。何よりも一番大切な家族を傷つけることになるのです。
不倫初心者の男性であれば、流れに身を任せたまま不倫をしてはいけません。不倫をうまく続けていくために、持つべき心構えがあるのです。これからそれをご紹介しましょう。

心構え①女の勘は鋭い

不倫初心者は最初はビクビクしながら相手と会いますが、慣れてくると「バレていないぞ」という根拠のない自信が湧くようになります。その自信によってメール内容を消し忘れたり、うっかり家族がいるところで電話をしてしまったり、外で知り合いに見られてしまうなどのボロが出るのです。

周りはあなたが思っている以上に、あなたの行動がおかしいことに気付いています。特に女性は勘が鋭いので、いつもと違う行動をすると疑い始めます。意外と気づかれているということを忘れないでください。

心構え①家庭への配慮を忘れてはいけない

あなたの家庭、または相手の家庭に対する配慮を忘れてはいけません。家族がいるから不倫と呼ばれるわけで、「浮気」という軽い分類ではないのです。

不倫をしていると相手の女性を優先することが増えてきて、家に帰る時間が遅くなる、休日も仕事だと嘘をついて家から離れるなど、家族との時間が極端に少なくなるもの。妻だけではなく、子供からも大ブーイングです。
本当はもっと夫と過ごしたいし、子供もお父さんと遊びたい。そんな家族の気持ちを無視して不倫相手を優先するようではまだまだですよ。家族と不倫、これらを最後までうまく両立させることができますか?

心構え③嘘をつき続けることの罪悪感に耐えられるか?

不倫相手と会うには必ず嘘をつかないといけません。「飲み会があった」「接待で電話に出れなかった」「急に出張になった」…こういった嘘をつく相手は家族だけではありません。会社の同僚、付き合いのある友人など、多くの人に嘘をつき続けることになります。
それに対して罪悪感を持つのは人間であれば当たり前です。だけど罪悪感に耐え切れず、ついボロが出たり、嘘の辻褄が合わずにバレてしまうということもありえます。うまく不倫を続けていきたいなら、罪悪感に耐えられるだけの覚悟が必要です。

不倫は日常とは別の「居場所」である

仕事と家庭だけに縛られていれば誰でも息が詰まってしまいますよね。不倫とはいわば、日常とは別の「居場所」をつくること。その居場所のおかげで人生に刺激が加わり、仕事のモチベーション維持になり、もっと家族を大切に思えるようにもなるかもしれません。
しかし不倫を続けるためには、それなりの覚悟と決断がついて回ります。自分の中で不倫のルールを決めておくなど、対策をしっかりと練ってから不倫に足を踏み入れましょう。

もし本気になってしまったときはしっかり考えて決断を出さないといけません。男性が女性に甘い言葉をかけると、女性はその言葉を信じて本気になります。男性も何回も体を重ねるうちに、相手に本気になることもあります。そのとき、あなたはどんな選択をしますか?

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター