サムネイル

スタートは何より大切!合コンの自己紹介で女性陣の心を掴むには?

合コンで何よりも大切なのは第一印象。つまり、スタート時にどういう自己紹介をするかで決まります。ここで失敗すると、その後は女性から相手にされませんし、反対にうまくいけば女性陣の心を掴みチヤホヤされます。かなり重要な合コンの自己紹介、一体どんなことを話せばいいのでしょうか?女性の興味を引く自己紹介の方法をご紹介します!

  • 更新日:

合コンでは見た目と自己紹介が90%

婚活をしている男性や彼女が欲しいと思っている男性は、きっと気合いを入れて合コンに臨むことでしょう。家を出る前に見た目をきちんとして、これなら第一印象バッチリ!と思っていても、意外とつまずくのが自己紹介なんです。特に合コンに慣れていない男性はテンパってしまって、何を言っているのかわからなかったり、モジモジしてしまったり…。女性の自己紹介を聞くときに下を向いているのもNGですよ!

女性は観察眼が非常に鋭いので、合コンで最初に見た「見た目」の印象と一発目の「自己紹介」であなたがどんな男性なのかを即座に分析しています。なので、合コン成功のカギは見た目と自己紹介なのです。

そこで今回は、女性から好印象を持たれ、女性陣の心を掴む自己紹介の方法をご紹介します!

心を掴む自己紹介とは

これぞムードメーカー!ボケる自己紹介

自己紹介の時点では誰でも緊張しているものです。誰か一人がボケの入った自己紹介をすると一気に場の空気が温まりますよね。そうです。その役目をあなたが狙いましょう!

例えば「今日は一緒にデートができる女子、または男子を探しにきました〜」といった笑いを誘うボケや「塩顔男子ですが、心はとんかつソース男子です」と自分の特徴などをおもしろく表現するのがおすすめです。お笑い系で最初に注目を浴びた人の印象は強く残っているものなので、その後の合コンでも会話が続きやすくなるというメリットもありますよ。女性も自分から進んで話しかけてくれるはず♪

共通点をつくる自己紹介

女性陣の誰かと共通点をつくる自己紹介もおすすめです。共通点が1つでもあれば相手に対する壁がなくなります。偶然同じ趣味があればいいのですが、なかなかそううまくいくわけではないので、どこか共通点を探し出しましょう。

女性が興味あることと言えば美容や料理など、男性がちょっと踏み込みにくい答えが多いでしょう。なのでオススメは、男女共通で趣味にできる読書や映画鑑賞です。「この映画みた?」という会話を膨らませるきっかけにもなります。または、女性が勤めている会社の業界に関係ある話題を見つけるのもいいですね。女性がアパレルで働いていれば、ファッションが好きだということなので、ファッションについて語ることもできます。

途中から方言丸出しの自己紹介

最初は標準語で話していたのに、熱中したのか途中から方言が……。そんなギャップを狙うのもおすすめです。ギャップのある男性は女性に大人気。方言には地方独特の空気感や温かさが感じられるので、フレンドリーな人という印象を持ってもらうことができます。

ただし、地方の人しかわからないような強い方言は控えましょう。相手がわからない言葉を言った時には説明を加えたり、それぞれの出身地の話をしたりというのがいいですね。

事前に自己紹介を考えておけば使い回しOK

合コン前にはあらかじめ自己紹介を考えていく人もいるかと思いますが、せっかく考えた自己紹介なら、その合コン以降もどんどん使っていきましょう。まずは合コンで自己紹介の手ごたえを確認してから、良さそうなら次の合コンに使ってみたり、街中で出会いがあればちょっと工夫をして自己紹介をしたり、セミナーで出会った人にも使ってみたり。

人の印象は見た目と自己紹介で決まるので、見た目はもちろんのこと、自分だけの武器になる自己紹介をしっかり準備しておきましょう!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター