サムネイル

近すぎる女友達へ告白して成功する方法とは?

仲の良い女友達を好きになってしまった事、あなたにも一度はあるのではないでしょうか。しかし関係が近ければ近いほど下手に恋愛感情を出してしまって仲の良い関係を壊してしまわないか、ぎくしゃくして気まずくなってしまわないかって不安になると思います。そこで今回、近い関係の女友達への想いを上手に伝える方法をご紹介します♡

  • 更新日:

女友達を好きになってしまったら…

ただの友達だと思っていたけど、気付いたらいつの間にか好きになっていた…ということ、あなたにも一度はあると思います。友達だと思っているからこそ変に意識せず素の自分を見せ合えるので、その中で相手の女性としての魅力に気付いていつしか恋愛対象になってしまうんですよね。

でも友達だからこそ、告白するにしてもいつどんなタイミングで伝えたらいいのか分からなかったり、告白してもしダメだった場合のリスクを考えると、気持ちを伝えるのを躊躇してしまいますよね。だからといって好きになってしまったら、今までと変わらない友達としての態度を取り続けるのも辛いし…どう接していいのか悩んでしまうと思います。

そこで今回、女性側の目線から、男友達からのこんな脈あり行動はNG!という行動をご紹介します!それと共に、近い関係の男友達にどういうふうに好意を伝えられたら自然な形で受け入れられるのかをご紹介しますね♡

これは絶対NG!好きな女友達にしてはいけないこと

いきなり男にならないで!

勢いで突然キスしたり、いきなり今までしなかったような意味ありげなボディタッチをされると女性は戸惑います。信頼できる男友達だと思っていたのに…急になぜ!?と不信感を持ちます。また、突然「好きだ!付き合って欲しい」と告白されても、その急な展開について行けず、どういう態度を取っていいかわからなくなって気まずくなってしまいます。

関係が近い男友達というのは、異性として意識しなくても大丈夫だという信用がある上で成り立っている関係なので、いきなり女として扱われると嫌悪感を抱いてしまうので要注意。

容姿について褒めないで!

好意を伝えるために、女友達の女性である部分を褒めて意識してもらおうと考える男性もいますが、これもNGです。今まで完全に友達としての会話しかしていなかったのに、ある日突然、可愛いね、綺麗だね、スタイルいいよね、などと褒めだすとものすごい違和感を感じて引いてしまいます。それに、安心して一緒にいたのに実は女として見られていたのかと思うと、なんか気持ち悪いとさえ思ってしまうことも。女性自身が相手の男性を完全に意識していなかっただけに、一方的にそういうモードでこられると困ってしまうので注意しましょう。

じゃあどんな方法なら成功するのか?

人としての部分を褒める

『褒める』という行為は友人に対してもできる行為なので、自然に好意を伝える手段として一番効果的です。女性は承認欲求が強い性質があるので、自分を褒めてくれる=自分を認めてくれている相手に好意を持ちやすいのです。まずは女友達を褒めるところから始めましょう。しかし先に述べたように、女の部分を褒めるのではなく、人としての部分を褒めてください。絶対に性的な意味合いのある褒め方をしてはいけません。

例えば「〇〇ちゃんってすごい時間にきっちりしてるよね~そういうところ尊敬するな~」という感じです。恋愛感情がなくても言えそうな褒め言葉から始めましょう。そして「あれ、今までそんなに言葉に出して褒めたりしなかったよね?」という変化をちゃんと感じ取ってもらうのです。

いきなり褒めまくられると戸惑うので少しずつ褒めて

『褒める』ことは女友達へのアピールで最も近道と言えますが、ここで大事なのは“徐々に”褒めるということです。相手の女友達にもあなたを異性として見るための時間を用意してあげるために、ときどき少しずつ小出しに褒め流ようにしてください。突然、明日から褒めまくって気持ちに気付いてもらおう!と意気込んで突っ走りすぎると女友達はあなたのそのハイペースについて行けずに混乱してしまうでしょう。焦らずに、ゆっくりと段階を踏んでいってください。慎重に進めていきましょう!

少しずつ褒める内容に変化をつけていく

「〇〇ちゃんといると落ち着く」とか「〇〇ちゃんいつも明るいから一緒にいると楽しい」という感じで、女友達の性格を褒める内容を徐々に伝えたら、次は「一緒にいたい」という意味合いを褒める言葉の中に含ませていきましょう。敏感な女性ならなんとなくこの段階で気付くと思います。単なる女友達には言わないようなニュアンスの言い方を増やしていきましょう。

ここまできたら正式に告白!でも告白の仕方には要注意!

友達関係から男女関係になるには、やっぱりどこかで線引きをするタイミングが必要です。けじめをつけないと友達関係の延長線上で、なんとなくいつも一緒にいるけど煮え切らない関係、というよく分からない曖昧な関係になってしまい、抜け出せなくなってしまうかもしれません。なので、もう女友達も自分の気持ちに気付いているだろう…!という実感が持てたら、ちゃんと告白をしましょう。

告白は、いつも会う場所でいつものテンションのまま。何もかもいつもと同じだけど、目はいつも以上に真剣に見て告白をしましょう。ただ、“好き”、“付き合って”というワードは今更くすぐったい感じがするので、“これからは彼女として一緒にいてほしい”、“これからは彼女として大事にしていきたい”という言い方で、立場は女友達から彼女になってほしいということを明確にしましょう。そして、「好き」や「愛してる」や「付き合いたい」などのありきたりなワードは出さずに、「今まで通り一緒にいてほしいだけなんだ」という告白の仕方をすると、女友達にもすんなり入ると思いますよ♡

友達モードから女モードに上手に切り替えさせてあげましょう♡

女性はずっと友達モードでいた相手にいきなり恋愛モードの自分を見せるのは恥ずかしいと思っているので、ちょとずつ時間をかけて女友達の女の子な部分を出せる空気を作ってあげることが大事です。友情から愛情へと女友達との関係を上手くシフトしていって、好きな女友達をあなたの彼女にしてくださいね♡

内容について報告する