サムネイル

「こいつイタイな」と思われるSNSの使い方

いまやコミュニケーションツールとして欠かせないSNS。しかし使い方によっては「イタイ人だな…」と思われてしまう可能性も。プライベートや考え方が他人に丸見えになるツールだからこそ、使い方には気をつけたいところですよね。今回は、女性から幻滅されてしまうSNSの使い方についてご紹介していきます。あなたのSNSは大丈夫ですか?

  • 更新日:

異性と仲良くなるためには欠かせないSNS

SNSは気になる異性と距離を近づけるために有効な手段として使えるツールの1つです。相手の投稿にイイネやコメントをすることで、実際に会っていなくて仲良くなることができ、好きな物や考え方も投稿から確認することができるため相手のことをリサーチしやすくなります。

とはいえ、気軽に使えるツールだからこそ「イタイ」投稿やコミュニケーションをする男性も増えていきました。自分をアピールしたい、異性と仲良くなりたいという気持ちが先走ってしまったり、他人から見られているということを意識していなかったり…。SNSの使い方ひとつであなたの評価が下がってしまうことも…。

では実際に女性から「こいつイタイな」と思われるSNSの使い方をご紹介していきます。あなたは大丈夫ですか?

イタイ使い方① 筋肉アピール、ジム通いアピール

鏡越しで自分の筋肉を撮影したり、ジムで運動している風景を撮影したり…。意外と多い筋肉アピール男子。(女性は筋肉が好きなはず!)という考えのもと自分の男らしさをアピールしているのかもしれませんが、女性から見るとイタイとしか思えない投稿です。

筋肉はもちろん好きな人が多いですし、鍛えるのに越したことはありません。でも上半身裸だったり、ランニングシャツなど、露出した写真をSNSにあげるのは自意識過剰そのもの。またジムに行って頑張っている俺アピールは、女性からみると正直ゲンナリです。

筋肉の写真をあげてもいいのは芸能人とかなりのイケメン(笑)だけ。一般人があげてもイタイ以外の何物でもありませんので気をつけましょう。

イタイ使い方② 異性にやたら絡む

SNSは気軽にコミュニケーションがとれるからと言って、異性にやたら絡むのは厳禁です。すべての投稿にいいねやコメントを書いて反応するのは、もはやネットストーカーの域に入るので気をつけましょう。

さらに気をつけるべきなのが、コメント欄に女性のプライベートのことを記入したり、彼女からコメントの返信がきたからといって、複数回会話を繰り返すこと。SNSは不特定多数の人が見ることができるツールです。チャットツールのように使うのは、あなたの評価を下げかねないので気をつけましょう。

イタイ使い方③ 好きな芸能人やアイドルの投稿やコメント

可愛いと思う芸能人やアイドルがいるのは自由ですが、SNSで「〇〇かわいい!」「〇〇お嫁さんにしたい!」など写真付きで投稿するのもご法度。可愛くて気持ちが高鳴るのは分かりますが、女性からしてみたら熱心すぎて気持ち悪い…。としか思えない投稿になります。

また、芸能人やアイドルなどの写真に大好きが伝わり過ぎる「コメント」をするのも引かれてしまいます。公開範囲が広いSNSだからこそ、コメントが誰かに見られているということを意識した方がよいでしょう。

イタイ使い方④ 自虐ネタやネガティブな考えの投稿

「今年も彼女がいません(笑)」や「振られた(笑)」などの笑えない自虐ネタや、「俺なんて…。」「仕事がつらい…。」と自分の心の闇を書く男性が増えてきました。他人から気にしてもらったり、慰めてもらいたいという気持ちからの投稿かもしれませんが、見ている側からしてみると痛々しいですし、コミュニケーションの取り方もよくわからないので気を遣います。

実際に会った時もそういう人だと思うと絡みたくないと思うのが女性の本音ではないでしょうか。それでも構ってくれる優しい女性がいいんだ!なんて思う人もいるかもしれませんが、女性が優しいのは好きな男性にだけです。最初から絡みたくない人認定された段階で、優しくしてもらえるチャンスを逃していることを認識しましょう。

SNSは他人に見られているということを忘れずに利用しよう!

意外と多い男性の「イタイ」と思われるSNSの利用方法。あなたには当てはまる項目はなかったでしょうか?

SNSはその人の考えや好きな物がわかるため、コミュニケーションをとるきっかけや相手のことを知る事ができるという利点もあります。その反面、あなたのことも他人に知られてしまうため、あなたのSNSの使い方によっては、仲良くなる前に恋愛対象外認定されてしまうことも…!

他人に見られているということを忘れずに利用しましょう!くれぐれも「イタイ」と思われるSNSの使い方をしないように気をつけてくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター