サムネイル

忘れられないキスがある♡キス上手な歴代彼氏に共通するもの

今まで付き合ってきた彼氏を振り返ってみると、キスの上手な男性がいて、その男性たちには共通点があったかも…なんて思ったことがあるものです。そこで今回はキスの上手い男性たちに共通するものをいくつかご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にして、あなたもキスの上手な男性の仲間入りをし、女性の記憶になる男になってください♡

  • 更新日:

あのキスが忘れられない

キスと一口に言っても、人によってやり方や癖があったりして色んなキスがありますよね。その中でも今回は、女性が忘れられないような上手なキスをしてくれた男性陣に共通するものをご紹介したいと思います。キスが上手い人たちの共通するスキルを上手く盗んで、あなたもキス上手な女性の心に残る男になっちゃってください♡

記憶に残る男性のキスの共通点

ボディタッチが絶妙なキス

キスをするとき、ただ近寄って唇を持っていくだけ…なんて無粋な真似をキス上手な男性はしません。本人が意識していなくても、キスをする時にはそっと女性の体に触れているです。それがほっぺたであったり、あごであったり、腰に手をやってみたり、上級者の男性は首の後ろに手を回す人も。

女性はどうでもいい男性に触れられるのは嫌悪してしまっても、好きな人に触れられるの限定でとても気持ちよく感じてしまうものです。キスをするときに女性に軽く触れることで、女性もキスをより気持ちよく感じられるのです。

舌の扱いが上手いキス

代表的なキスにフレンチキスとディープキスの2種類がありますが、その中でもディープキスにはテクニックが必要です。そのテクニックで大事なのが舌の使い方です。このディープキスの時、気持ちがはやるあまりに性急に舌をねじ込んでくる男性がいます。

確かに女性は強引な男性のしぐさにグッと惹かれる瞬間がありますが、それも時と場合を考えてやらないと女性にそう思わせることに成功しません。キスが上手な男性は状況に合わせて緩急を使い分け、甘いムードの時は舌をゆっくりと絡ませていきます。ディープキスが好きな女性は、キスだけで腰がくだけちゃうなんて人も♡

キスの間の呼吸のタイミングがいい

キスをする時に、お互いに呼吸をするタイミングがありますがキスが上手い男性はこの呼吸するタイミングが上手です。自分の意志だけでキスをするのではなく、キスをしながらも女性をちゃんと感じてくれているので、呼吸をする間をとるのが上手いのです。

キスをすることだけに一生懸命になっていては、この間を上手くとることはできません。苦しくなる前に自然に離れて少し目を合わしたり、女性に触れたりして余韻を見せ、再びキスをするタイミングを待つのがキス上手な男性です。

触れた唇が気持ちのいいキス

キスをしたときに、触れてくる唇がガザガザしていると女性は一気に幻滅してしまいます。キスをする際に唇が触れる事は避けては通れない道です。日頃からきちんとケアをしているといないとでは、触れた唇の感触が変わってくるのです。

男性からすれば、自分の唇なので分かりずらいかもしれませんが、当てられた相手の方はその感触をダイレクトに味わうのです。なので、ガサガサする唇であってもダメで、かといって付け焼き刃の様にキスをする前にリップを塗っていると格好がつかないですし、逆に唇もベタベタしてしまいます。キスとは関係なくても日頃からクリームやリップをぬってケアしていると、いつ訪れるかも分からないキスのタイミングにでも合わせることが出来ますよ。

テクニックはシチュエーションでカバーして

キスのテクニックを上げるには実践が必要…、でもなかなか実践の場数がない。そんな方に、誰にでもすぐに実践できる究極のテクニックをご紹介します。それは、キスをするシチュエーションです。

女性は雰囲気を大切にする夢見るロマンチストな一面があります。そのためキスのシチュエーションを気にするし、そのシチュエーションがよければ美化してずっと記憶に残る傾向が強いんです。夜景を見ながらだったり、誰もいないことを確認して見つかるか否かドキドキしながらのキスだったり、雰囲気があなたのキスを盛ってくれること間違いなしです。

女性の記憶に残る上手いキスを♡

いかがでしたか?キスが上手い男性の特徴、あなたのキスにも当てはまりましたか?キスには、テクニックがもちろん大切で重要ですが、テクニックに頼っているだけではキスが上手い男性とは言えません。

触れた唇の感触やシチュエーション次第で、テクニックが足りなくてもそれを補うことが出来るのです。キスが上手い男性の自然に身についているスキルをぜひ実践して、素敵なキスをして女性の思い出に残る男になってくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター