サムネイル

「セックスに持ち込みたい…!」デート場所はどこを選ぶ?

気になる女性とようやく取り付けたデート、あわよくば今回はセックスに持ち込みたい…そんな時どうしていますか?セックスに繋げたいのならやっぱりデート場所は重要です。でも、どんなデート場所を選べばいいのでしょうか。上手にホテルに誘導したいあなたにおすすめのデートコースと気をつけたいポイントをご紹介します♡

  • 更新日:

デート場所はどこがいい?

あわよくば今回はセックスに持ち込みたい、というデートの日。デート場所はどうやって選んでいますか?夜景の綺麗な場所だったり、とっておきのバーだったり、思いつくのはどんなところでしょうか。

一緒に朝を迎えたいのなら、デート場所はやっぱり最終地点から逆算したいところ。そう、ホテルあるいは自分の家の近くがいいんです!でも、最終地点の近くの場所と言っても具体的にどこを選べばいいのでしょうか。

セックスしたいなら…やっぱりホテルの近く

デート後にセックスに持ち込みたいのであれば、やっぱりホテルないし自分の家の近くをデート場所にするのが王道です。いい雰囲気になった後、それを冷めさせないスマートな流れが重要。セックスに持ち込むポイントは、デートの時点でドキドキさせて女性にセックスしてもいいと思わせること。でも、してもいいという気持ちはあまり長くは続きません。

ホテルまでの時間が長いと恥ずかしくなってきてしまったり、現実に戻ってしまってフロントに入る前にやっぱりだめ、となってしまうことも。いい雰囲気になったら流されてくれるうちが勝負です!素早く逃げられない状況にしてください♡

デート場所は横並びがポイント

最後はホテルに向かうつもりなら、まずは彼女と楽しくデートをすることが重要です。向かい合わせで食事をし、できるだけ彼女を楽しませます。よくしてくれた相手には人は知らず知らずお返しをしたいと思ってしまうもの。後々の要求が通りやすくなるのです♡

デートが上手く進んだら、締めくくりは横並びになれる場所を選んでみてください!例えばバーでもいいですし、カップルシートのある居酒屋などでも構いません。彼女の雰囲気によってはカラオケでもいいでしょう。ポイントはボディタッチができる場所を選ぶことです。人目が気になりにくく、二人きりになれる場所を選んでください♡

デート中のボディタッチで女性をその気に♡

向かい合わせで会話をするだけで女性の性的なスイッチを入れるのは難しいものです。楽しい会話のあとはボディタッチで「今日はセックスをするのかな…?してもいいかも♡」と女性に思わせます。身体に触れながらのキスを拒まれなかったら、ホテルに向かうハードルはぐっと低くなり女性がOKを出してくれてる証拠。

お酒も入っていると女性は自分自身への言い訳が立ちますから、より流されやすくなるんです。ある程度お酒を飲める相手であれば、お酒のあるところをデート場所に選んでほどよく飲ませてみて。ただ、酔った勢いだと思われないように自分の飲み過ぎには注意してくださいね。

複数のホテルがある場所が◎

雰囲気ができてさえしまえばあとはホテルに歩き出すだけなので、誘い方は気にしなくて構いません。むしろ言葉にしない方が上手くいくかも♡ただ、ホテルが満室だった時のことは考えておいてください。ホテルを利用するのであれば複数のホテルへのアクセスがいい場所で飲むのがスマートさを演出できておすすめです。

ここで慌てたり、上手くいかなくて機嫌が悪い様子を見せてしまうと女性の気持ちは一気に冷めてしまいます。時間をかけすぎるのもよくありません。下調べは入念に、間違ってもホテルを探してうろうろするなんてことがないようにしましょう。

ただし、もしも車を使う場合は車に乗った時点で彼女はドキドキしていますから、スマートさよりも安全運転を重視してください。せっかく緊張しているのに、運転の荒さなどに目が向いてしまう方がよくありません。車の乗り方で女性の抱き方が分かる、と昔からの言葉も女性はよく知っているので、不安がらせないように気をつけてくださいね♡

手っ取り早くセックスに持ち込むなら…

手っ取り早くセックスに持ち込むなら、ホテルのバーで飲むのもおすすめ。大人な雰囲気とちょっとした高級感で女性ウケもいいですし、セックスに持ち込む流れも完璧な場所です。あらかじめ部屋をとっているのは、手慣れた感じがして引いてしまいますがその流れでホテルで休むのは女性もありかもしれません。

デート場所は大切に

セックスに持ち込みたい場合のデート場所について紹介しましたがいかがでしたか?ポイントは女性の気持ちを盛り上げて、そしてそれが下がらないようにすること。ボディタッチからのスマートな移動で上手に女性をエスコートしてあげてくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター