サムネイル

好きな人は既婚者…こんな時どうする?独身女性の対応パターン

「たまたま好きになった人が既婚者だった…」「既婚者だと知っていたけれどつい好きになってしまった…」年齢を重ねるごとにまわりに既婚者の男性が増えてくるのがアラサー独身女性の現実です。既婚者の男性に恋をしてしまうことって結構あります。それでは、既婚男性に恋してしまった時に独身女性はどんな選択をするのでしょうか。

  • 更新日:

アラサー独身女性の現実

20代後半から不倫を経験する女性が増えてくる気がします。もちろんみんながみんなそうではありません。ですが、現実的に年齢を重ねるごとに周囲の男性の中に既婚者が増えてくるので、不倫の確率も高くなるのだと思います。そして、これもまたみんながみんなそうではないのですが、不倫を求める既婚者の男性も多いように感じます。

「イイ男はみんな結婚してる」アラサー独身女性がよくこうぼやくのを耳にします。一概には言えませんが、これは一理あるような気もします。そんな環境にいると、やはりたまたま好きになった人が既婚者だったり、既婚者だと分かってはいたけれど好きになってしまったり…。

では、既婚者に恋をしてしまった時、独身女性は一体どうするのでしょうか?今回ここでは、実際にそうなってしまった独身女性達がどんな決断をしたのかをご紹介します。

好きな人は既婚者…独身女性たちの出した答え

いざ、不倫する

好きになったらもう止められない!と、不倫に走る女性は実際多いです。理屈じゃない!好きだから!と不倫に走ってしまうのです。

不倫する女性の特徴としては2パターンあり、ひとつはプライドがない女性です。不倫ってやっぱり一般的には独身女性が不利な立場です。結局寂しい思いをするのは女性だし、相手の男性の都合のいい時間にあわせて抱かれるだけなのです。それでもいいから!と勢いでプライドを捨てて突っ走ってしまえるのです。
もうひとつは、結婚願望はないし真面目に恋愛するのも面倒という女性。こういう女性は不倫くらいの恋愛がちょうどいい、楽だからという理由で不倫してしまえます。
どちらにせよ、相手の家庭のことを冷静に考えれば不倫なんてしてはいけないのですけど…こういう女性がいて浮気したい男性がいる限り不倫はなくならないのでしょう。

ギリギリの関係を続ける

これは少ないパターンだと思いますが、好きだから会うし飲みに行ったりデートはするけど『最後の一線だけは越えない』というルールを作ってギリギリの関係を続けようとする女性もいます。ですが、このパターンは最終的に男性に押されて体を許してしまう結末になることが多いと思います。

不倫なんてしてはいけない、と自分に言い聞かせていても、会ってしまえば好きな気持ちはどんどん大きくなり、だんだん理性がきかなくなってしまうものだと思います。一線を越えたくなければ会わないのが一番なのですが、つい好きだからと会いたくなってしまうのでしょう。男性側も、会ってくれるということは脈ありなのだと思って、なんとかホテルへ連れていこうと頑張りますから、結局はギリギリの関係は継続できないパターンが多いです。

スッパリ諦める

理性的な女性やプライドの高い女性は、自分で危ないと思った瞬間にさっと身を引きます。不倫はしてはいけないという当たり前のことを考え、だから諦めようと身を引きます。更に、好きになってしまわないように必要以上にその男性に近づくことを避けます。
プライドが高い女性は「なんで私が都合のいい女にされなくてはいけないの?なんで私が不倫相手にならないといけないの?」と考え、不倫なんて幸せでない恋愛はしたくないとアッサリ忘れます。こういうタイプの女性のことは、既婚男性も口説こうなんて思わないですよね。

片思いを楽しむ

今すぐ恋愛がしたい!という願望がない女性は、適度な距離を保って片思いを楽しむという方法をとる場合があります。この考えを持つ女性は恋愛に対して余裕があるので、すぐに深い仲になりたいという欲求もなく、むしろ微妙な距離感を楽しんで相手の男性をちょっともてあそぶくらいに思っています。この場合は相手の既婚男性の方がその女性にハマって追いかけてきたりもします。しかしこのような女性は決して二人きりで会うという危険なゾーンには入らないので、不倫に至ることはありません。

女性の気持ちに気付いたら距離を置いてあげて

いかがでしたか?いくら気持ちを隠そうとしても、好意があると隠し切れなかったり、好意を持たれた側は薄々気付いてしまうことがほとんどだと思います。もし独身女性からの好意に気付いたら、男性側からも距離を置いてあげましょう。好きだと思ってしまった男性に少しでも脈ありな態度をとられたら、つい弱さから不倫に走ってしまう女性も少なくないんです。

女性側も不倫に踏み込まない強い意志が必要ですし、お互いに一線を越えない努力が必要ですね!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター