サムネイル

「大好きだよ」女性に愛情が伝わるキスの仕方♡

大好き、と言葉にしても伝えにくいことってありますよね。言葉にするのが恥ずかしいことももちろんあると思います。でも気持ちはどんどん伝えていきたいし、女性だって男性の気持ちを知りたいものです。言葉は難しくてもたまにはその大好き、キスで伝えてみてはいかがでしょう?女性がキュンとしちゃう、愛情が伝わるキスの仕方をご紹介します♡

  • 更新日:

キスで伝える大好きの気持ち

言葉だけでは伝わらない気持ちを表現したいときってありますよね。そもそも、言葉にすると陳腐になってしまいそうだったり、口にするのが気恥ずかしかったりすることも。そんな時に使って欲しいのがキスで愛情を伝える方法です。今回は女性が嬉しくなるような好きが伝わるキスの方法をご紹介します。

方法①抱きしめてキス

ギュっと抱きしめてからのキスは感情がこもっていることが伝わりやすいです。温もりや男女の体の違いが感じられるので女性はハグをされるとドキドキしやすいもの。そこにキスが加わると愛情は強く伝わります。こらえきれない、という風にギュっと抱きしめるとよりポイントが高いです。

この時のキスは長いキスでも、短いキスの繰返しでも大丈夫です。ただしポイントとして、途中で女性の顔を見てあげるとより効果的です。愛してると言葉にしてもいいですし、しなくてもいいので心の中では伝えてみましょう。そして視線でも愛情を訴えてみてください。きっと相手にも言葉以上のものが伝わりますよ。

方法②唇以外へのキス

唇へのキスに慣れている人も、たまに唇以外にキスされると愛されているなあと感じやすいものです。唇へのキスは鉄板だし気持ちがいいのもあってしたいからしたのかな、と軽く受け止められてしまいがち。それ以外の部分、例えば髪や額、頬などへのキスは甘やかされているようで愛情を感じます。

唇じゃない部分へのキスは子どもにすることもありますよね。あの愛情のイメージがあるからこそ、女性は唇以外へのキスについついキュンとしてしまいます。いつも子ども扱いするのは嫌いな人も、たまには甘やかされても悪い気はしないものです。

方法③長めにキス

いつもより長めのキスをされると男性の気持ちを女性は考えるもの。とっても長いキスをされると愛情が溢れて止まらないのかも、と嬉しくなります。この時、性的な触り方をしてしまうと性欲かなと思ってしまうので、強めに肩や腕を掴むと真剣さが伝わってより愛情を感じやすいです。

普段は軽いキスしかしないという人、性的な合図以外では長いキスをしないという人は特に試してみてはいかがでしょうか。触れるだけのキスでもディープキスでも大丈夫ですよ。

方法④何でもない時にキス

テレビを見ているときや通りすがりなど、何でもない時のキスには愛情を感じてしまいます。何でもない時も好きでいてくれるんだな、という女性にとっての自信にもなりやすいです。キスは簡単にするものじゃない、なんて言っていると女性は不安になりがち。普段からのキスで愛情を示してあげてくださいね。

あまりにも何でもない時はタイミングがつかみにくい、という人は料理中や掃除後など「ありがとう」などの言葉と一緒にキスをしてみるのがおすすめです。女性は褒められることにも愛情を感じるので、相乗効果で気持ちが伝わりやすくなりますよ。

方法⑤激しいキス

噛みつくようなキスや、余裕がないな、と思ってしまうようなキスも女性は案外嬉しいものです。自分に対して夢中になってくれていると相手がどんなに年上でもかわいいなと思いますし、愛されているとも感じます。

特に普段はテクニックを気にしているような人は、たまには本能のままにキスをぶつけてみてはいかがでしょう?上手なキスは確かにドキドキしますが、愛情を感じるのは男性の堪えきれないという顔だったりもするものです。

キスしながら心の中で大好きを叫んでみて

愛情を伝えるキスについてご紹介しましたがいかがでしたか?言葉だけではなかなか伝わらないことも、キスをしながら心の中で叫べば自然と態度にも表れて女性はグっとくるものです。特に言葉にするのが苦手な男性は、普段からキスで愛してるを伝えてみてはいかがでしょうか。こまめな愛情表現はお互いに愛が続くためにも大切ですよ。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター