サムネイル

彼女の両親に挨拶!彼氏として気をつけたいマナー

彼女の両親に挨拶に行くとき、誰しも緊張してしまうと思います!大事に大事に何年も守ってきた娘が連れてくる彼氏ですから、両親もマナーチェックが厳しくなります。マナーをきちんと勉強して安心してもらいましょう!

  • 更新日:

彼女の両親に挨拶…緊張する!

長い付き合いだしそろそろ結婚しようかな…とお考えのJION読者のみなさま。彼女が彼氏の家に挨拶する場面に比べて、とってもハードルが高いのが『彼氏が彼女の両親に挨拶』することです!

『そうはいっても、取り繕った自分ではなく中身をそのまま見てほしい』なんて甘い考えを抱いていませんか?

あなたの大切な彼女は、両親の手によって大切に大切にその年齢まで守ってもらったからあなたと出会えたんです。
不安を感じるような相手に、大切な娘はまかせられません。

彼女を将来の伴侶として考えるなら、まずは責任の第一歩として『彼女の両親を安心させる』ようにしてください。

ここが重要!彼女の両親に挨拶するときのマナー

ここでは実際に彼女の両親に挨拶するときのマナーや注意点、その理由について挙げていきます。

もし失敗しても「なぜそうしなければいけないのか」をきちんと理解しているかによって機転がきいてフォローできるシーンも♪
じっくり勉強して本番に臨めばきっとあなたの誠実さが伝わりますよ。

訪問予定は2週間前に打診

まずは日取りを決めましょう。実際に日取りを決めるのは彼女にお願いしてください。相手の両親の都合のいい日、時間はお昼を食べ終わって片づけも済んだ14時頃がベストです。

挨拶に来ても食事の心配がなく、お茶やお菓子などを出すだけでいいので相手も気が楽です。

間違っても『今晩しか時間が無いから逢えるか聞いてみてくれない?』などと言わない様にしてくださいね。
相手にも都合があり、また急に彼氏が来るのをよかれと思っている親御さんはいません。

前もって都合を聞くことで『挨拶を重いものと捉えてくれている』という印象が植えつけられ、あなたの印象もアップ!

手みやげを用意する

彼女のご両親の好きなものを事前にサーチしておいて、手みやげとして持って行くのも好印象でしょう。「時間を取っていただき、ありがとうございます」とゆう誠実な気持ちで、手みやげを用意してもらえたら、「気の利く子ね」と彼女のお母様は特に安心してくれるのではないでしょうか。手軽に食べれる焼き菓子、普段ならなかなか買わないフルーツ、自分の地元のお菓子、ものはなんでもいいのです。それを用意しようと思ってくれた心が嬉しいのです。

挨拶時の服装はスーツに黒髪がベスト

『堅苦しいのは嫌いだからスーツ以外で来てほしい』と強く言われない限りは必ずスーツで行きましょう。
タイピンなどでおしゃれするのはやめてください。大切なのは清潔感なので、水商売などを思わせる髪型ではなくきっちり固めたビジネスヘアーか髪を散らない程度の落ち着いたヘアスタイルがおすすめです。色はもちろん黒、黒くない場合は黒染めスプレー等で染めて下さい。

いまどきは茶髪が当たり前、と思う親御さんでも娘の彼氏が茶髪で来たら『挨拶に来たのに、茶髪なのか。普段と同じテンションなのか』と思ってしまいがちです。

約束の時間より早く行かない

おうちに訪問するときに限ってですが、訪問の約束の時間より早く行くと、まだ準備を終えていれない可能性があります。なので、オンタイムか2−3分遅れて、訪問するのがベストでしょう。

最初の一言は『始めまして、○○と申します。本日はお時間を頂きありがとうございます』で

家に行く、またはお食事会にしても相手の両親と初対面した瞬間にはこの言葉を言ってください。

まず自分は何者であるか、時間を取らせたのは自分であり、感謝をしているという気持ちを先に伝えておくと『最初のあいさつがしっかりしている。後で話を聞いてみよう』という気になります。

これがもじもじして座るまで何も言えなかったり、目線をそらしてしまうと後でどんなにいい言葉を言っても『緊張しているのかもしれないが、なんだか頼りない。職場でもこんな風に人見知りしているのか』と不安に思われちゃうので要注意。

ファーストインプレッションはどの人間関係においても重要です!
この言葉だけでもきちんと言えれば、挨拶中にしどろもどろになってもほほえましいで許してもらえる可能性も♪

彼女に敬意を払う話し方をする

例えば普段彼女をニックネームで呼んでいるかもしれませんが、両親の前でニックネームは厳禁です。
『○○さん』とした上でいつも以上に敬いましょう。

相手の親御さんが見たい光景は『娘が好きな相手に大切にされている』光景です。

娘の事を彼氏と名乗る男性が『おい○○!』と呼んだり『○○ってこんな欠点があるんで、ぼくも困っているんです』と言われたらどう思いますか?
普段そうだとしても、両親の前でそんな態度を取っていたら『育てた私たちをバカにしているのか。こんなひどい男に娘をまかせられない』と思ってしまいます…。怒るのはともかく、悲しませるような事はしないでおきましょう。

いつも以上に大切に思っている、娘さんは素敵な人だというポイントをしっかり伝えて下さい

適切な敬語

完璧な敬語を今から身につけるのは、とても難しいと思いますが、ご両親に礼儀を持って敬語で話をするようにしましょう。タメ口はもちろん良く無いですし、「そうっすかね」のような、現在使われている敬語のような言葉は、なるべく避けてください。「ご両親が話されて嫌ではないか」これを念頭に、落ち着いて言葉を選んでお話してくださいね。

笑顔を忘れずに

緊張して顔が怖い。ご両親もあなたが緊張していることは分かってくれると思います。でも「ちょっと頼りないなあ」と思われてしまう可能性はあります。「頑張って笑ってくれていたね」と娘のために頑張ってくれているんだな、と思われた方が印象が良いですよ。話が盛り上がらなくても、笑顔がそれをカバーしてくれます。

オドオドしない

オドオドした態度では、「娘を任せられるかな」と思われます。聞かれた事にはハキハキと答えて、目をみてしっかり話ましょう。緊張から下を向いて、ボソボソと話をされると、ご両親は「はっきりしない子だなあ。」と心配してしまいますよ。「自分に娘さんを任せてください」とゆう自身を持った態度で、ご両親を安心させてあげてくださいね。

トイレを使う時は親に断ってから使う

勝手に家をうろちょろしたり、家の物に触ったりするのは、とても印象が悪いです。トイレもそうです。彼女に「ちょっとトイレ・・・」と言うよりも、ご両親に「お手洗いお借りして良いですか?」と声をかけて、彼女に案内などをしてもらうと一番スムーズかもしれません。

出来ればやっぱり『結婚前提』で

結婚がまだ未定のシーンでも、彼女の両親に挨拶しに行く事はあるかと思います。

でも、『親に会う』ということは少なからず結婚に対するけじめがありますよというアピールと捉えられます。

あいさつの締めくくりは、『結婚前提として、きちんとお付き合いしています』と伝えるのがベターでしょう。

もし今すぐに考えていなかった場合は『今このような仕事をしているので、○年後には一人前になり家庭を持つ後ろ盾が出来る』など、具体的な予定を伝えるのがいいでしょう。

『そんな事を言って、出来なかった時の責任が取れない…』とまで不安に思ってしまう様であれば、彼女の両親に挨拶するタイミングが早すぎます。喧嘩を恐れず彼女に伝えてみましょう。

挨拶が上手くいけば、あなたの欠点も長所に♪

『自分はそんなに大した男ではないから、挨拶が怖い…』と思う男性も多いと思います。

大切なのは『誠実な気持ち、相手を家族ごと大切に思う気持ち』です。この気持ちがあれば、あなたが消極的でも少し要領が悪くても『不器用ながらにも、娘の事を考えている気持ちが伝わる』と器用に振る舞う人より好感を持ってくれるチャンス。

緊張している事も誠実さの現れです。がんばって、彼女の両親に好印象を持たれるようにしてくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター