サムネイル

彼女が好きすぎる!大好きな彼女に引かれないための対処方法&NG行動

彼女のことが大好きという男性、けっこう多いですよね。「男は浮気する生き物」なんてよく言われますが、一人の女性を大切にしているという男性も少なくないはず。ただ彼女を好きだという気持ちが前面に出すぎて、自分の行動が彼女を困らせていないか気になりませんか?彼女に嫌われないための適切な対処方法やNG行動をご紹介します。

  • 更新日:

彼女が好きすぎる男は重たい!鬱陶しいと思われないための対処法

1.感情をむき出しにしない

彼女を好きだという感情が膨らむほど、熱い想いを伝えたくなってしまいますよね。でもそんな時、必要以上に激しい感情をぶつけてしまうと、「嬉しい」というよりも「怖い」と彼女に思われてしまう可能性があるんです。付き合っていても、お互いの好きの度合いが同じとは限りません。彼女が自分よりも冷静な場合もあります。そんな時にあなたからの激しい愛情を感じると、好きを通り越してしまったり、彼のことを大好きと思う自分の気持ちに自信が持てなくなってしまうこともあります。

「想われすぎて重い」と感じさせないためにも、彼女が受け止めやすい愛情表現をするように心がけてくださいね。

2.電話やメールをしすぎない

常に連絡を取っていないと不安で、つい頻繁にメールや電話をしてしまう人もいると思いますが、それが彼女の負担になることもあります。必要以上に連絡がくることによって、彼女は常に彼氏に監視されているように感じたり、行動も制限されて窮屈に感じてしまいます。「大好き」という気持ちが大きくなりすぎて、「束縛」「嫉妬」に変化してしまうともう歯止めが効かなくなっていきます。

自分では連絡を控えているつもりでも彼女はそう思っていない場合もあるので、少し我慢するくらいがちょうどいい頻度かもしれません。長電話や長文メールもあなたの「大好き」という気持ちを重たく感じる原因になるので要注意。

3.何かに夢中になる

いつも彼女のことばかり考えてしまう事で、重すぎる感情を持つようになり、彼女を束縛してしまったりしつこく連絡するようになってしまいます。そうなれば彼女もうんざりしてしまいますよね。彼女のことが大好きで、常に彼女の事が頭から離れないと自分への負担にもなります。そんな時は夢中になれる物事に打ち込めば、彼女を大好きすぎる気持ちをある程度抑えられます。それは仕事でもOK。打ち込んでいる間は、彼女の事を考えないようにすることが大切ですよ。程よい距離が二人を近づけるということを覚えておきましょう!

4.彼女に直接伝えてみる

彼女が大好きすぎてどうしようもないという時には、そのまま気持ちを伝えてみるというのも手です。ただし、激しい感情をぶつけたり頻繁に気持ちを伝えるのはNG。重たくならないようにさりげなく伝えることが大切です。恋人に「大好き」「愛してる」と言われて嬉しくない女性はいません。彼女が彼に愛されてると感じる程度に伝えてみてください。

何か記念日などで日頃の感謝と一緒に大好きな気持ちを伝えると、彼女もよりあなたのことが好きになるはずです。j負担になるような伝え方をすると、その感情から逃げてしまいたくなるので、毎日言いたい人は「大好きだよ」と"お互いに伝え合う"ことが習慣になるようなコミュニケーションを心がけてみてくださいね!

5.自尊心を忘れない

彼女を好きすぎるあまり、自尊心を忘れてしまう人がいます。例えば彼女にストーカーのように付きまとってしまったり、彼女の言いなりになってしまうような場合などは、プライドがない状況になっている可能性があり、2人の関係を悪化させる原因になります。いくら彼女のことが大好きでも、男として、人としての自立した人間でいることが大切です。依存という形になってしまうと、彼女も重いと感じたり、あなたの気持ちから逃れたいと思ってしまいます。自尊心を忘れないという事を常に頭に置いておくといいかもしれません。

6.男友達と遊ぶようにする

大好きな彼女となるべく一緒に過ごしたい人は多いですが、彼女と常に一緒にいる状況は彼女一筋になってしまい、自分の世界を狭くする原因になるんです。男友達だけで遊ぶ時間を作ることで彼女といる時とは違った楽しさを感じられて、彼女への気持ちをある程度抑えることが出来ます。

彼女が大好きだからといって、常に一緒に過ごすということは気持ちのマンネリ化を早めてしまうことにもつながるかもしれません。彼女が知らない時間を過ごして楽しんだり、自分の趣味を見つけて楽しんでいる姿は、逆に彼女の興味をあなたにひきつけることにも♡会えない時間は自分磨きだと思って、思いっきりエンジョイしましょう♡

7.夜更かしをしない

彼女を好きすぎると、夜中に一人で何もしない状況になった時彼女の事ばかり考えてしまったりします。日中は仕事をしたり人と関わることで考える時間を減らせますが、夜更かしをして彼女の事ばかり考えてしまうと不安を抱える可能性も増えてきます。そうならない為にも心と身体をリラックスさせて早めに寝る事をオススメします。

もしどうしても寝れないようなら、思い切って遊びに出掛けたりするのもアリ。自分のバランスを自分でコンントロールして、楽しむチャンスは逃さないようにしてくださいね!

あてはまったら要注意!彼女に引かれるNG行動

1.嫉妬が激しい

彼女を好きすぎると、彼女の身の回りにいる男性に必要以上に嫉妬してしまいがちです。行き過ぎた嫉妬は面倒くさい、重いと思われてしまいます。彼女の交友関係を壊してしまう可能性もあるので、生活していく中で自分以外の男性と関わらなければならない状況もあるという事を頭に入れておきましょう。

2.過保護になってしまう

彼女の事が好きすぎるからといって、些細な事でも心配になっていると、彼女から「重い」と思われてしまったり自分では気がつかないうちに窮屈な思いをさせてしまうかもしれません。心配する気持ちも大切ですが過保護にならないように、彼女が頼りたいときにはすぐ支えてあげられるとベストですね。

3.服装のチェック

例えばスカートが短い、露出が多いなど服に文句をつけることで彼女は不満に思ってしまいます。多くの女性はお洒落をする事を楽しんでいますし、彼のために一生懸命選んだ洋服だった場合は彼女を傷つけてしまいますよね。彼女が選んだ洋服にはなるべく文句を言わないように気をつけましょう。

「その服本当に着ていくの?」

(「着ていきます!え?どこが悪いの?ていうか細かい・・」)

これを聞いた時に疑問しか浮かびませでした。好きな服を着たいだけで、他の男性からの視線などさほど意識していない女性がほとんどです。もし露出が多すぎて心配な場合などは、文句を言うのではなく「心配だから、もう少し控えめにできたりする?」など、提案やお願いの形でいっていただければ彼女も聞く気にはなるかと思います。彼女を好きでも、頭ごなしの否定はNGです。

4.しつこく連絡する

彼女が忙しい時や連絡に気づいていない時に何度も電話やメールをするなど、必要以上の連絡をしてしまうのはNG。頻繁に連絡が来る事によって返信するのが嫌になってしまう可能性も考えられます。また、まだ返せていない既読スルーも同様に催促されると面倒です。これはお互い様だと思いますが、LINEを返せるタイミングはありますが、「まだ返さなくていいや」と思ってしまう時もあります。それは、付き合っているからこその彼に対する安心感や信頼感からくることもありますよね!

まずは相手のスケジュールを気遣って、彼女へ一方的に連絡しまくるのはやめておきましょう!

5.何でも彼女に合わせてしまう

所謂、女王様と家来のような関係。彼女に嫌われることを極端に恐れて、ご機嫌を損ねないように何でも言う事を聞いてしまうような男性がいます。これはバランスの悪い交際関係になる可能性が高く、結果としてカップルではなく主人と家来のような関係になってしまう危険性があります。

6.SNSでラブラブアピールをする

他人の彼女自慢を聞いて、素直に楽しいと思える人って少ないですよね。SNSで過度なアピールをしすぎると、自慢していると思われ非難を浴びてしまうリスクがあります。彼女自身も、プライベートな部分を公開されて恥ずかしいと思うかもしれません。彼女を含めた多くの人に嫌われてしまう危険性があると言えます。SNSで彼女を大好きな気持ちを広めたい時は、彼女の許可を取り、UPする写真もチェックしてもらってくださいね!

もしかしたら、写真うつりが最悪で彼女を怒らせてしまうことになるかもしれません。

7.プレゼントをし過ぎる

彼女に尽くしたいあまりに頻繁にプレゼントしてしまう男性がいますが、これは逆効果。プレゼントのありがたみや感謝の気持ちを薄めてしまうんです。プレゼントというのは、たまに贈られるからこそ嬉しさや感謝の気持ちが生まれるもの。また、「物に頼ることでしか女性の心を繋ぎ止められない男」という印象を彼女に与えてしまうかも。

毎回毎回プレゼントがあると嬉しいですが、やはりプレゼントありきの付き合い方になってきてしまい、彼女自身もわがままになってしまいます。彼女を大好きな気持ちは、「モノ」で伝えたり「気持ち」で伝えたり、様々な形で表現できますので、ぜひいろいろなカタチで彼女を好きな気持ちを表現してみてくださいね。

8.好みを強要する

自分の気持ちや趣向などを押し付け、強要してしまう男性がいます。もちろんこのような圧迫的な態度は、余程受け身な女性以外NGと言えます。好きでもないことを強要されるのは、自由を奪われてとても窮屈に感じるものです。窮屈な関係性より、自由な空気感があるほうが心地良いし、より良い交際になるはずですよね。

9.どこでもイチャイチャしたがる

公共の場でイチャイチャしているカップルを見かけて、ちょっと嫌悪感を感じたことってありませんか?女性も同じ。むしろ女性のほうが社会性を意識する傾向が強いんです。他人から恥ずかしい目で見られるような行動が許せない為、このような行動を行う男性に対して「良識を持っていない」として嫌悪感を抱いてしまいます。

10.他人にのろけ過ぎる

のろけ話は聞いている側に嫉妬の感情を与えてしまう可能性が高いです。しかも、聞き手が彼女の知人女性だった場合、その女性は彼女に激しく嫉妬してしまうはず。自分の知らないところで他人を傷つけていると知れば、彼女は大変迷惑に感じます。他人への過度なのろけ話は注意です。シンプルに、「俺の彼女かわいくて美人で〜」と、さらっと言える男性は素敵かもしれません♡

11.愛情の見返りを求める

彼女に尽くしすぎてしまう男性にありがちなのが、過剰な見返りを求めてしまうという事。自分の気持ちが伝わっているかどうかを、彼女からのお返しで確認しようとします。はっきり言って、女性は男性からの無償の愛を求めるものです。見返り前提の愛情は重く感じてしまう場合が多いんです。

12.結婚アピールが凄まじい

これは男女どちらにも言えることですが、どちらか一方が交際相手に過度に結婚のことを強調することは、この人と絶対に結婚しなければならないという精神的な圧迫感を与えることになりかねません。彼女との結婚のことを考える男性は多いと思いますが、その気持ちを強調しすぎて彼女を萎縮させてしまわないように注意しましょう。

13.彼女の全てを知りたがる

彼女に干渉しすぎたり、コントロールして全てを知ろうとする支配欲の強い男性がいます。このような行為はストーカー気質であると思われたり、内面の異常さを感じさせたりするので、女性に付き合うのが怖いと思われてしまう恐れがあります。過度に干渉せず、適度な距離感を持って接することが大切です。

14.彼女が性対象でなくなる

彼女のことを愛しすぎると、肉体関係とは別の形で女性を深く愛そうと考える男性がいます。性交渉を一切行わなくなる場合もありますが、女性側は自分の身体に興味を持たれていない事に寂しさを感じたり女性としての自信を失ってしまいます。身体目当ての男性は論外ですが、だからといって全く求めない男性もまた女性は愛せないものなんです。

好きすぎる過程はこうして創られた!彼女を大好きだと感じる瞬間

では、彼女を大好き!と感じる瞬間とは、どんなシチュエーションでしょうか?

・付き合う前から今の彼女が好きだった、可愛いと思っていた
・最初はそうでもなかったのに、だんだんと好きになった

など、理由はあると思います。男性がどんな時に彼女を「大好き」と感じるかというと…

1.彼女が自分のことを頼ってきたとき
2.つらい時に黙って支えてくれたとき
3.落ち込んでいる時にプレッシャーにならないような絶妙な気遣いで励ましてくれたとき
4.風邪をひいて心配して看病してくれとき
5.友達と遊んでいても、彼女に会いたくなったとき
6.家にいて彼女のことばかり考えているのに気づいたとき

こんな時、彼女が大好きだと改めて感じている方が多いですよね。彼女を好きになることや大好きという気持ちはとても素敵な感情です。お互いの気持ちのバランスを見て、伝え方を考えてみましょう♡

【彼女が彼を「大好き」と思う瞬間】理想の彼氏像とは?

彼女が好きすぎる男性にとって、彼女がその愛情を重いと感じてしまっては上手くいきません。女性は、男性のどんなところを見て「大好き」と感じるのかを知れば、彼女をさらに好きにさせることができるかもしれません。
彼女への過剰な愛情表現を抑えると当時に、彼女に自分を「大好き」と思ってもらえるように、女性たちの理想の彼氏像をご紹介いたします♡

良いところもダメなところも言ってくれる

付き合う前の関係にもよりますが、彼女になったから全てOKではなく、良い所は褒めて悪い所は教えてくれるような彼だと、自然と信頼関係が生まれたり頼りたくなります。「褒めてくれる」という事実がないとツライですが、ダメな所なども知っている上で理解してくれてる男性は、ちゃんと自分を見てくれているんだという安心感にも。「大好き」と思うには、心のつながりがないと難しいかもしれません。

ストレートに「好き」と言ってくれる

愛情表現ですが、深すぎる愛も困りますしわかりにくい表現も理解できないで困っている彼女は多いのでは?ストレートに「好きだよ」がこの世で一番キュンときます♡思わず出てしまった「好き」の言葉も嬉しいです。素直に気持ちを伝え合えることが彼女たちの理想かも♡

友達や家族に紹介してくれる・馴染みやすい雰囲気を作ってくれている

付き合うことになっても、いつまでも友達や家族に紹介してくれないと、なんとなく心がザワつく女性は意外と多いです。家族とまではいかなくても、気軽に友達に紹介してくれると素直に嬉しいです。また、その場に馴染みやすいように彼が率先して雰囲気を作ってくれていると、その気遣いに「大好き」と実感しそう。

いつも味方でいてくれる

彼女の意見にイエスマンであってほしいという意味ではなく、どんな時でも"ただ味方でいてくれる"その存在が心強く思えて、彼が「大好き」という気持ちにもつながります。悩みや喧嘩をしたとしても、きちんと話してコミュニケーションを取れる存在がいることは、女性にとってはかなり大きな存在に。相手を認めたり話をしっかりできる大人の男性が女性からモテるのは、これが理由の1つかもしれませんね!

程よい距離感

放置しすぎる訳でもなく、程よい距離感で適度にヤキモチを焼いてくれる彼が理想です♡ちょっと嫉妬されると、女性も彼が「やっぱり大好き」と気持ちの再確認ができます。逆に、本気すぎる嫉妬はもはや怖いと感じてしまうので、彼女が「愛されてるな」と感じる程度の程よいヤキモチを希望です。(わがままなのですが…)
お互い程よい距離感でいた方が、自分の気持ちもわかったり、相手に依存しすぎることがないので、長く良い付き合いが続けられそう。

彼女が好きすぎる時には適切な対処を

彼女のことを大好きだと思う気持ちは大切ですよね。でもその感情が大きくなりすぎることで気づかないうちに彼女に負担をかけてしまったり、自分にも大きな負担がかかる可能性があるということを注意してみてください。彼女が好きすぎるという場合には、その気持ちを大切にしつつ、一度自分の行動を見直してみるのもいいかもしれません。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター