サムネイル

ご飯に誘う時どうしてる?成功率100%の優秀誘い文句7選

初めて二人きりのご飯に誘いたい、でもどう言えば自然に誘えるのか悩みますよね。でも基本的なポイントを押さえておけば、女の子も気軽に応じてくれるかもしれません。色々なシチュエーションで、優秀な誘い文句をご紹介します。

  • 更新日:

遊び目的と思われないためにも誘い方は重要

気になる女性と食事へ行きたいけど、誘い方が分からない…。「よし!当たって砕けろ」と意気込んで誘ったけどダメだった…。結構あるあるなのではないでしょうか。
しかも伝え方やタイミングを誤ってしまうと、本気なのにただの遊び人認定されてしまうことも。
ここでは女性を警戒させずに食事に誘うための優秀テクニックをご紹介します。

急なお誘いはNG

まず、「今夜ヒマ?」と聞くのは基本的にNGです。
もし暇だったとしても、そう言われた女の子は「何で?」と思わず警戒してしまいます。
なぜなら何のお誘いなのかが分からないまま「今日ヒマだよ」と言ってしまうと、もし気分が乗らないお誘いだった時に断りにくいとかあれこれ考えがグルグルしてしまいます。
女の子は、相手に嫌な思いをさせたくないと思うとハッキリと断ることができません。
だからスケジュールを先に抑えられたくないのです。
まずは「○○を食べに行かない?」と具体的にどこに行くのか提案しましょう。

それに食事に行くときは、その場所に合わせて少しオシャレをして行きたいもの。「今日」という油断しているときの不意打ちは困ってしまうのです。
また、その日に何も予定がなくても、「ヒマ」という言葉はあまり使われたくないというのが本音。
当日思い付きで「ヒマなら飯行こう」と誘われるよりも、「○○を食べに行かない?今週だと行ける日ある?」など、女の子の予定も尊重して誘う方が成功率は高いでしょう。

「好きなものを食べに行こう」

オーソドックスかもしれませんが、会話の中で彼女の好きな食べ物を聞いて、「今度それを食べに行かない?美味しいところを知ってるよ(調べておくよ)」と言われると、女の子も好きなものなので誘いにも乗りやすいですね。
「俺もそれ好きなんだ!」と盛り上がるとなお良し。共感できたことで相手に親しみを感じます。
また、好奇心旺盛な女の子なら「専門店がある(らしい)よ」「お酒の種類が豊富なお店を知ってるよ」などの情報を加えると、興味をそそられるので、よりいいかもしれません。

お昼は気軽に誘って

仕事場の仲間なら仕事の後にご飯に誘うのは自然ですが、いきなりお酒を飲みながら夜の食事は「デート」を意識してしまってハードルが高い、という女の子もいます。
そういう場合は昼の時間帯にランチやお茶に誘ってみるといいかもしれません。
甘いものが好きな女の子の場合は、「今話題の○○がおいしいっていうカフェがあるんだけど、男ひとりじゃ入りにくくて。よかったら一緒に行かない?」というように、スイーツを目的にしたり、少し高級感のある「フルーツパーラー」に誘うのもおすすめです。ちょっと高めのカフェやフルーツパーラーは、興味があっても自分一人で行くのは抵抗があるという女の子もいるので、あなたのお誘いが、彼女にとってもいい口実になるかもしれません。

それに、ディナーの最中に告白されたりホテルに誘われたりするかもしれない、と警戒しなくていいので、時間の都合があえば気軽にOKしてくれる可能性が高いでしょう。

「話をしながら」

どうしても口実がないと誘いづらいという方は、「相談があるから」「込み入った話なんだけど○○さんの意見を聞きたいから」などと持ちかけ、食事をしながら話をしようと言ってみてください。
特に、優しい女の子は悩んでいる人からの頼み事は断りにくいものです。
あまり深刻になりすぎないよう注意して、さりげなく誘ってみましょう。

「ご飯食べて元気を出して」

女の子が落ち込んでいたり悩んでいて元気がなさそうにしていたら、「ごはんおごるからいっぱい食べて元気を出して。」という誘いかたもあります。
落ち込んでいても、おいしいものを食べると、前向きに頑張ろうと思えてくるもの。
おいしいごはんを食べながら、明るく彼女を励ましてあげてください。

「連れていきたい所がある」

ある程度仲のいい相手なら「○○さんを連れていきたい所がある」というお誘いも面白いと思います。
この場合は、どこに連れていかれるかわからないことで色んな想像をすることができドキドキしますし、
大人の男性が自信をもってお勧めするお店なので、一体どんな所なのか興味をそそられます。

女の子は、自分がどう見られているのか?を本能的に気にしているもの。
エスコートされる場所でも、相手に対する自分の価値を図っているのです。

「2人で食事がしたい」

色々な理由がなくても、お互いに好意を持っている場合は、ストレートに誘ってみてください。
「もっと○○さんとゆっくり話がしたいから、2人でごはんに行こう」と言うだけで十分です。
その方が、よりあなたの気持ちが伝わります。
ちゃんと意思表示をしたら少しの強引さも時には重要。女の子がはっきり「うん」と言わなくても、嫌じゃなさそうだったらその流れのまま予定を決めてしまいましょう。

思いきって誘ってみて

初めてのごはんは、どう誘えばいいか色々考えてしまいますが、思いきって誘ってみれば、案外気軽についてきてくれるかもしれません。
それぞれの女の子やシチュエーションに合わせて、おいしいご飯に誘ってくださいね。

内容について報告する