サムネイル

【気のない女性からデートに誘われた…】相手を傷つけない上手な断り方とは

女性から好意を持たれたりデートに誘われたりすること自体は、男性としては嫌な思いをすることは少ないかと思います。しかし、どうしてもその女性デートする気にはなれない!といった、気のない女性からデートの誘いは断りたい。そんな時、傷つけずにうまく女性に諦めてもらうデートの断り方をご紹介いたします。

  • 更新日:

女性からのデートの誘いを断る際の注意点

気のない女性からデートに誘われた時、皆さんはどうしていますか?その場はごまかしたり、思わせぶりな態度をとってキープしたり、ストレートに断ってヒンシュクを買ってしまったり、対応は様々だと思います。今回は、男性が好きな女性・デートに行ってもいい女性【以外】から誘われてしまった時の上手な断り方をご紹介いたします。悪気はないのに悪者になったり、傷つけて恨みを買わないように、ぜひ参考にしてみてくださいね!

角を立てずに誘いを断る3つの方法

気のない女性からのデートの誘いでは、友達や趣味を理由で断るのは基本的にNGです。自分より、友達や趣味を優先したと思われがちです。例え本当の事でもそのまま相手に伝えてしまうと、女性への対応としては角が立ち、あまりうまい断り方とはいえないでしょう。

① 仕事を言い訳にする方法

仕事を優先するという人も多いですから、「恋より仕事」といった雰囲気を醸し出せれば、相手も納得してくれるはずです。相手が仕事上のつながりがある人でなければ、仕事を言い訳にするのが最もスマート且つわかりやすい断り方です。例え相手から告白されたとしても「今は仕事が忙しいから、恋人を作る気になれない」という断り方は有効でしょう。

② 相手がいるというアピールをする方法

彼女も奥さんもいない状態であれば、一番手っ取り早いのは恋人を作って公言してしまうことです。といってもそう簡単に恋人が作れない人もいるかと思います、その場合、仮想恋人を作って相手がいるということをアピールしてもいいでしょう。恋人がいるということになれば、常識ある女性であれば諦めてくれるはずでしょう。

③ 共通の知り合いを巻き込む方法

女性の側から男性をデートに誘うのは勇気がいることで、その想いを角を立てずに断ることは難しいものです。そこでこの方法は一般的女性の感覚である「男性=鈍感」という思い込みを利用する方法です。お互い共通の知り合いを誘って、「みんなで遊ぼう!」「みんなで出かけよう!」と提案してみるのです。思い込みを逆手にとって、相手のデートの誘いをやんわりと断りましょう。

アドバイス

例えデートに誘われてもあなたがその女性とお付き合いする気がないなら、決して二人きりでデートしたり出掛けたりしないことです。二人きりでデートしてしまうと、その女性が誰かに話をする際に、予想もしない噂が立ってしまう可能性があるからです。何処何処で二人きりでいるところを見た…という、あなたにとっては都合の悪い噂が立つ可能性がありますので二人きりでデートや出掛けたりなどは避けましょう。

断らないという選択をすることも賢い!?

直接的にデートに誘われたりなどしなくても、好意を持たれているとわかってしまったり、遠回しで誘われているなと気づいたりってありますよね、そんな時は気が付かないふりをする、ようは、「鈍感になる」のが有効な選択肢でしょうね。是非参考にしてみてくださいね!

内容について報告する