サムネイル

デートに誘える魔法のアイテム「CAFE TICKET」で気になる女子と仲良くなる方法

誕生日プレゼントや結婚祝いなどの贈り物として「体験ギフト」が注目されています。その中にある『CAFE TICKET』は、オシャレなカフェ時間を過ごすことができる素敵なプレゼントなのですが…これ、ちょっと変わった使い方もできるかも?気になる女の子がいるけど、なかなかデートに誘えない!という男性必見です。

  • 更新日:

「CAFE TICKET」でご飯に誘われた…!

火曜日【仕事終わり】

長期休暇中で大学2年生の私(里緒)は、就活の準備も兼ねて、都内のIT系の会社でインターンを始めた。

最近は職場にも慣れてきて、なかなか遊ぶ暇もないけどそれなりに充実している。

そんな昨日の仕事終わり、社員の松村さんから

「里緒ちゃん!もし金曜日の夜って空いてたら、仕事終わりにご飯いかない?」

と誘われた。「行けます!」と返答すると、「CAFE TICKET」っていうのを渡された。ボウリング大会の景品かなにからしい。

松村さんの説明によると、冊子に載っているカフェに、そのチケットを持っていくとご飯が食べられるようだ。でも、二人用で誘う人がいなかったらしく、私のことを誘ったと言っていた。

そういえば、松村さんって、彼女とかいないのかな?普通にかっこいいし…。

それより、年上の男の人と2人でご飯とか行ったことないから、なんか緊張するなあ。

行きたいお店を決めておくように言われたので、冊子をパラパラとめくってみる。

オシャレなカフェがたくさん紹介されていて、読んでいるだけで楽しくなる内容だった。

どのカフェも行ってみたくなっちゃうし、選ぶの難しいなあ…。

デート当日、金曜日【お昼休憩】

いろいろ悩んでいるうちに、約束の金曜日になってしまった。

今までは普通だったのに、ご飯に誘われた日から今日まで、なぜか松村さんのことを変に意識してしまって大変だった。誘う人がいなくて、たまたま私のことを誘ったのだとは分かっているのだけれど。もしかしたら…?!いや、そんなことないか…。などと妄想を繰り返してしまう。

「里緒ちゃん、行きたいお店決まった?」

急に松村さんに話しかけられて、心臓が止まりそうになった。さすがに、意識しすぎでしょ…!と自分でツッコミたくなる。

「はい!オシャレなカフェばっかりですごい悩んじゃったんですけど、代々木上原のカフェが気になります!」

「おーっ。いいね。そこでいい?他に気になるところはなかった?」

「駒沢公園の犬と一緒に入れるカフェみたいなのも気になったんですよね…。でも、夜だし、犬いないかなって思って!」

「里緒ちゃん、犬好きだしねー。じゃあ、また今度、休みの日とか行こっか。」

「あっ…!えっと、はい。」

なんか、さらっと「今度、休みの日とか行こっか。」とか言われました。

金曜日【仕事終わり】

そして、仕事が終わってから、2人で代々木上原駅の『dish (ディッシュ)』へ向かった。駅からはすごく近かったけど、入口がちょっと難しくて迷ってしまった。カフェに着いたのは19時すぎだった。

カタログのイメージ通りとてもオシャレなお店だった。お店の雰囲気が良いのはもちろんだけど、ここまで来る途中に松村さんがさりげなく車道側を歩いてくれたり、荷物を持ってくれたり、お店のドアを開けてくれたり…。私はお姫様か何かなのかと勘違いしてしまうほど、テンションが上がってしまった。この年代の男性だったら普通に出来ることなのかもしれないけど、同年代でこういうことをさらっと出来る男子ってほとんどいない気がして、年上って素敵だなって改めて思った。

「CAFE TICKET」で「お好きなパイ」が頼めるみたいだ。はじめは、「パイだけ…?」と思ったけど、パイひとつが結構いいお値段なのだ。これは、もし普通にご飯に誘われていたら、ちょっと遠慮して頼みづらいかもしれない。

このカフェで名物といわれているミートパイを注文。味もボリュームも口コミ通りで大満足だった。

美味しいミートパイを食べてから、松村さんといろんな話をした。普段から話すことは結構多かったけど、2人でゆっくり話すのは初めてだった。大学のこととか、私が好きなもののことをたくさん聞いてくれたりした。松村さんはすごく聞き上手で、どんどん自分の話をしたくなってしまった。

「じゃあ、そろそろいこっか。」

と時計を見ながら、松村さんは出る準備を始めた。21時すぎ。

「里緒ちゃん、明日はなんか予定あるのー?」

「えっと、明日は特にないです。授業の課題を少しやろうかなってくらいですね。」

この時、完全に浮かれていた私は明日の予定を聞かれて思わず、「もしかしてこの後…?!どうしよう…?!」なんて妄想を開始した。それと同時に浮上した、私は松村さんを好きかもしれない疑惑。そんなちょっと嬉しい混乱状態のまま、カフェを出た。

カフェを出てすぐに、松村さんが

「手、繋いでもいい?」

と言いながら手を握ってきた。混乱!パニック!頭が真っ白状態になりながら、駅まではゆっくり歩いて2分だったけど、無言のまま歩いた。

しかし、駅に着くと松村さんは、

「俺は新宿経由だけど、里緒ちゃんは副都心線だっけ?」

と言ってきた。その瞬間、今まで舞い上がっていた私のテンションは撃沈。

もう、解散する感じなのか…。手とか繋いだのに…?ちょっと酔っ払っただけで、よくあることなのかな?

そんなことを考えて、思わず涙目になってしまう。

松村さんもそれに気づいてしまったようで、ちょっと慌てた様子で

「あっ、手繋いだの嫌だった?ごめんね。」

と言われたが、首を横に振る。そのあと、少し戸惑いながら小さい声で松村さんに

「誰にでもこういうことするんですか?」

と聞いてみた。

「えっ!しないよ!ごめんね…。酔ってないときにちゃんと言おうと思ったんだけど、いや、改めて今度いうけど、前から里緒ちゃんのこと気になってた。今日も本当はもっと一緒に居たいと思うし、引き止めたいんだけど、やっぱり早く帰さなきゃいけないよなあ…って思って。」

そのあと、松村さんは、

「実はCAFE TICKETも自分で買ったんだよね…」

と恥ずかしそうに笑っていた。松村さんは私の感情をすごい揺さぶってくる。すごい安心して、すごい嬉しくて、思わず涙がこぼれてしまった。

「えっ、どうして泣くの…?!」

「ちょっと嬉しかっただけです。」

「CAFE TICKET」の使い方

今回、松村さんが気になる女の子・里緒ちゃんをデートに誘うために使った「CAFE TICKET」は、「ソウ・エクスペリエンスギフト」が提供するカフェ時間がプレゼントできる体験ギフトです。全国版と東京版があり、それぞれ素敵なカフェが紹介されています。

チケットの使い方

冊子や「CAFE TICKET」の商品ページでも確認できますが、使い方はとてもシンプルです。基本的な流れは以下の通りです。

①カタログでカフェを選ぶ

②カフェの最新情報を確認

③カフェに行く

④チケットを渡す

全国各地の有名店が収録されている…!

気になる女の子をデートに誘いたい時、どこに連れて行ったらいいかと悩んでしまってなかなか誘えずにいるという男性も多いのではないでしょうか?

そんな悩みも「CAFE TICKET」を使えば、解決できちゃいます。「CAFE TICKET」にはソウ・エクスペリエンスがセレクトした全国各地あるいは東京の有名店が載っています。ですから、そのどのお店を選んでもハズレということはまずないでしょう。さらに、女の子に冊子の中から行きたいお店を選んでもらうこともできるので、より満足してもらえる可能性のお店に行くことができるはずです。

「CAFE TICKET」でカフェデートに誘ってみては…?

プレゼントや景品としても喜ばれる「CAFE TICKT」ですが、気になる女の子と仲良くなる方法として使うのもアリじゃないでしょうか?

気になる女の子がいるけど、なかなかデートに誘うきっかけや勇気がなくて困ってる男性は一度「CAFE TICKET」をチェックしてみてください!

[提供]ソウ・エクスペリエンス株式会社

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター