サムネイル

実録!バリキャリOLのリアルな社内不倫LINEを大公開〜前編〜

もしかしたらあなたの会社にも社内不倫カップルがいるかも? 実際にやり取りしたLINEのスクリーンショットを共にお送りします。

  • 更新日:

これからお話することは全て実話です

はじめまして、みなみです!(田中みな実さんに似ているねとよく言われるのでお名前お借りします♡)
東大卒、某外資系コンサルティングファームに勤める27歳(独身)。

TheoryのパンツスーツにPELLICOのパンプス、カルティエの時計。仕事用バッグはイイオンナの象徴セリーヌのラゲージバッグを持ってクライアントにソリューションを提供する日々。

バリバリ働いているからこそ女性らしさを保ちたいし、何より自分自身の成長に繋がるから素敵な男性とのお付き合いは欠かせないのです。これから、イイオンナのライターとして私が出会った素敵な男性と過激な体験を赤裸々に綴っていきたいと思います!

今回は、社内不倫をしていた上司Tとのお話。
当時やり取りしていたLINEのスクリーンショットと共に前編後編でお送りします。

不倫相手は”恋人”ではなく”人生のメンター”みたいなもの

不倫相手だった上司Tは、当時32歳。新卒で某メガバンに入行し、数年前に某外資系コンサルティングファームに転職。私の会社の平均年収から見て彼の推定年収は年俸1,200万円、インセンティブ含めると大体4,000〜5,000万円くらいかしら?

私にとって上司Tは「不倫相手」というより「人生のメンター」という表現が近い関係でした。彼は仕事ができると評判で、人望も厚い。同世代の男性年収の倍以上稼ぐ彼は一流の遊び方を知っている。
人生のメンターと言えど不倫という事実は変わらないので、「いけないなぁ…」と思いながらも彼と近くにいることのメリットが多すぎてやめられませんでした。

仕事の相談を気兼ねなく出来ること。上層部に私のレピュテーション(評価)が上がる発言をしてくれる。彼とのデートは平日しかできないけれど、嫌なことを全部忘れてしまうくらい楽しくて、夜の営みはプロ級の腕前。上司Tを一言で表現するとスペシャルな男。そう言っても過言ではないくらい、兎にも角にもスペシャル男なのです。

……話が脱線してごめんなさい!
それでは、社内不倫中のLINEのスクリーンショットを解説と共にご紹介します♡

社内不倫カップルのリアルなLINEとは?

初めての…♡

彼と不倫関係になった直後のLINE。

彼と仲良くなったきっかけは、一緒にプロジェクトを担当したこと。それから仕事の相談を聞いてもらったり、2人で飲みに行くことが週1…週2…と増えていったのです。

いつもの流れで仕事終わりに飲みに行った後、その日はカラオケへ。
密室にほろ酔いの男女が二人きり。甘い雰囲気に自然と導かれ、港区某所にある私の自宅に直行。

その後は、説明するまでもないですよね…♡

罪悪感はあるけど…やっぱりやめたくない♡

こちらは、年末年始の出来事。

年明けくらいから急に冷たい対応になった上司T。
仕事納めまで毎日のように私と顔を合わせていたけれど、1週間近く奥さんと子供と一緒に居たら急に罪悪感が芽生えたみたい。

そろそろこの関係も終わりかしら…。
寂しい気持ちを抑えながらも、私から「(不倫を)やめますか?」とフランクに別れを告げると彼から「やめません」と秒で返信が。

「寂しい思いをさせてごめんね」と、仕事始めに素敵なディナーとプレゼントを用意してくれたので許しました!笑

嫉妬心から改めて好きだと気付かされる彼

社内不倫を始めて1ヶ月。会社で彼が他の女性社員と仲良く話している姿をわざと見せつけられたので私も仕返し!近所に住んでいる友人と飲んでいるだけなのに「男の人と飲んでいるよ」とこちらも意味ありげにご報告。

上司Tは遊び相手に対してドライという噂があったため、嫉妬LINEが返ってくるなんてびっくり。残念ながら、こちらだって百戦錬磨のモテ女なの。好きにさせちゃってごめんなさーい♡

気になる続きは後編で…!

社内不倫のリアルなやり取りをお送りしました。
後半戦は、不倫旅行やオフィスでのXXXなど際どい内容が盛りだくさん!
続きは、後編に乞うご期待♡

内容について報告する