サムネイル

【記念日セフレ事情】ホワイトデーにあの子をセフレにする方法

彼女がいてもセフレが欲しい、彼女じゃなくてセフレが欲しい…大人の男性ほどそういった考えを持っている人が多いように思います。煩わしいルールや束縛はなしにして、お互いに割り切ってセックスだけを楽しめる関係。ホワイトデーをきっかけに、お気に入りのあの子とそんな大人の関係になっちゃいましょう♡

  • 更新日:

お互いに縛りあわない自由な関係=セフレ

そもそもセフレの定義とはなんなのでしょうか。ひと昔前の時代では、セフレというのは男性本位にセックスできるだけの関係を指していたように思いますが、今では社会に進出し外でバリバリ働き、男性と同じ舞台で活躍するパワフルな女性が増えています。そのような社会の風潮に伴い女性のセックスに対する考え方も変化してきています。

セックスにおいて女性は受け身であるという考え方ではなく、自分自身のストレス解消、性欲の発散、艶のある女性でいる為に、といった理由で割り切った考えのもとにセフレを求める女性も多くなってきています。お互いが暗黙の了解のもとに会っている時間だけ疑似恋愛を楽しむ、といったサバサバした関係を築けるようなセフレが1番の理想ですよね。

そこでホワイトデーというイベントをきっかけにお相手の女性と一歩踏み込んだ大人の関係になれるように、また相手の女性から見てあなたがどんな男性であればセフレになりたいと思わせられるのかを女性目線でお伝えしちゃいます♡

女性が考えるセフレの条件

女性はどんな男性とならセフレという曖昧な関係に自分の中でOKを出せるのでしょうか。20代~30代のキャリアウーマンから人妻までいろいろな環境にいる女性に、ズバリあなたがセフレになってもいいと思える男性の条件とは?という質問をぶつけてみました。年代別にみていきましょう。

【20代女性編】

・顔や服装がタイプな人
・いい車に乗っていたり有名な企業に勤めている人
・連れていってくれる所が高級な場所であること
・エスコートが上手な人
・大人の男性の経済的余裕や心の余裕が垣間見られる人

【30代女性編】

・会話の引き出しが多く知識の広さを感じる人
・女性に慣れている人
・口が堅い人
・安心感のある人
・女性を優位に立たせてくれる、お姫様扱いをしてくれる人

【人妻編】

・こちらの時間やタイミングにあわせてくれる人
・相手も既婚者もしくは彼女がいる人
・口が堅い人
・非日常な時間を過ごさせてくれる人
・ドラマのようなキュンキュンするシチュエーションを作るのが上手な人

こうしてみてみると20代女性は外見の好みや相手の持ち物や肩書、行動範囲などに大人の男性を感じられれば…といった傾向があるようです。30代になると相手の外から見える部分ではなく、知的な部分や女性経験が長けているかを重要視する女性が多くなっているのが特徴といえます。また、社会的地位を築いている女性も増えてきていることから、セフレに対して安心感を求めたりするところもあるようです。

人妻になると相手がどういう男性かということよりも、いかに自分に都合の良い相手かが大切なようです。また、日常生活では味わえないときめきを求めている女性も多いのが特徴ですね。

絶対条件は口が堅いこと

そして印象的だったのが30代と人妻に非常に多かった、口が堅い人、という条件。セフレという公にはなかなか公表できない関係のことをペラペラ話されては絶対に困るということを懸念している女性が多いです。

人妻はもちろんのこと、キャリアを築いてきた女性にとっても会社での立場や評判に関わるような危険な相手と、そんな関係になることはできないと考えるのは当然のことと言えますよね。セフレのマナーとしても、口の堅い男性という条件は必須です!人の話ばかりをペラペラ話す、口が軽そうな男性だなと思われないように気を付けて下さいね!

ホワイトデーをきっかけにセフレライフを

相手の理想のセフレへの条件を把握したところで、ではどのような誘い方をすれば上手にセフレとしての関係に持って行けるのか?どうすればスムーズにホテルについてきてくれるのか?そんな疑問にお答えいたします。

ホワイトデーというイベントを利用して二人の関係を急接近させ、エッチなムードに持って行くというのはどうでしょうか。海外では逆の場合もありますが、日本では基本的に男性から女性へ…というのが一般的なホワイトデーのイメージですよね。

ということは、男性の方からあの手この手で女性へのアプローチをしてもホワイトデーだからということでわざとらしくなく、女性も自然にあなたからの気持ちを受け入れやすくなります。このイベントを利用しない手はないですね♡では、どのようにして誘えばいいのでしょうか。

まずは女性のテンションを軽くあげて♡

女性が本命の彼氏に、男性としての本質的な部分を求めるのとは異なり、セフレはその時間だけ特別なシチュエーションを楽しませてくれる人であれば良いのです。デートの内容としてはホワイトデーなのでと言い、普段は行かないような少しランクの高いレストランを抑えておいたり、女性のリクエストを聞きそこを予約しておくのも良いですね。

夜景が見えたり、少し薄暗いおしゃれな雰囲気のお店も女性をその気にさせやすいでしょう。活気のある明るい感じのお店よりは、ムード漂う大人の雰囲気のお店がおすすめです。

かるいプレゼントを

プレゼントとしては、コースの最後などに可愛いスイーツを出すくらいが良いです。間違っても普段身に着けるような指輪やネックスレス、値段の高すぎるバッグや腕時計などをプレゼントしちゃうのはご法度です。

女性も本命としての彼女の立場を求められているのかな?と戸惑ってしまいます。もし物をプレゼントするなら、自分では買わないようなちょっと高級なブランドのチョコレートやクッキーなどの、女性が身構えなくてすむものがおすすめです。求めるのは彼女ではなくセフレなので、そのあたりを配慮するのが大切です。

会話の運び方

普段の他愛ない会話を徐々にロマンチックかつセクシーなムードに持って行くには、相手の女性ならではの外見を褒めることから始めて下さい。「〇〇ちゃんの顔ドストライクに好みだよ~」「唇が色っぽいよね」「ほんと足が綺麗だよね~」「ウエストすっごく細いね」と見た目に関することからです。

女性の方もその気っぽい感じであれば、「胸の形綺麗だね~」「おしりのラインが綺麗!」とセックスを連想させる直接的なポイントを褒めてみても良いでしょう。あくまでセフレになりたいので、内面的な部分を褒める必要はありません。その女性のセクシーな部分を求めているのであって、精神的な部分を求めているのではないということは明確にしておくべきです。

エッチな会話+ボディタッチを入れていく

そんな会話をしているうちに女性も少しエッチな気分になってきた感じを掴めたら、いよいよ本題に入って下さい!「〇〇ちゃんてどんなエッチが好きなの?」「今まで何か変わったプレイしたことある?」「〇〇ちゃんはS?M?」というような質問をし、女性の口からもセックスに関する発言を引き出して下さい。

そうすることで女性の性欲も掻き立て、更に最後のあなたからの誘いの言葉にOKの返事をしやすくなります。会話で脱がせていく感じです♡

ただし「セックス好きそうだよね」「経験人数多そうだね」などといかにも女性をビッチのように表現するのは厳禁です。誰にでもさせてそう、尻の軽い女だ、と上から目線で簡単に落ちる女だと言っているのと同じことになってしまい、女性としてはかなり気分が悪くなります!

最後に決めのセリフを

会話の中で女性をエッチなモードにさせられたら決めのセリフをどうぞ。ここまでの会話は、ホテルへ行く決心を女性にさせるための準備です。女性の気持ちも盛り上がっていれば、もうあれこれ言う必要はありません。

それなりの時間になったタイミングで「二人っきりになろっか」「まだ帰らないでしょ?」「朝まで〇〇ちゃんと一緒にいたいな」と暗にホテルへ行くことを匂わせる言葉をかけて下さい。女性がうんと言わなくとも笑顔であれば、あとはそのまま手を引いてホテルのドアを開けるだけです♡

セフレとの関係における注意事項

セックスをするのが大前提の関係において、最も女性が嫌がるポイントは清潔感がないことです。唇がガサガサな男性を見てうっとりするようなキスは連想できませんし、爪が伸びていたり指先が汚いと、いくら好みの男性であってもセックスには至れません。清潔感を損なわないように気を配って下さいね。

また女性を騙してうまくその気にさせるというようなやり方をすると、あなたの時間や更にはあなた自身を束縛しようと、女性があなたの領域に入り込んでくる…といった恐れもあります。またありがちなのが、エッチの最中に感情が高ぶってしまいつい「付き合っちゃおうかな」果てには「結婚しよう」なんてことを言っちゃう男性も多いです…。

そんなことを言って後腐れのある関係になっては都合の良いセフレではなくなってしまいます。彼女がいるのにいないと嘘をついたりするのもダメです。むしろ彼女がいなくても彼女がいるといっておくと、相手の女性も割り切りやすくなります。あくまでもやり逃げ、ではなくお互いが納得でき了承した上での関係を心がけて下さいね♡

ハッピーなセフレライフを♡

いざこざしたり、お互いがマイナスな感情を抱いてしまう関係では長続きしませんよね。男性も女性も会っている間は心が満たされ、更に仕事や普段の生活の素敵なスパイスになるようなハッピーなセフレを、ホワイトデーをきっかけに作ってみてくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター