サムネイル

連絡不精はフラれる!? 彼女と付き合い続けるためのギリギリライン

『連絡』の頻度やタイミングについての考え方は男女でかなり温度差がありと思いますが、ある程度大人な年齢になれば、女性も男性との温度差を理解しています。しかし!その理解にあぐらをかいているとフラれてしまうかも!? 連絡は苦手だという男性のために、女性が許せるギリギリなラインをお教えます。

  • 更新日:

まずは女性にとっての連絡の意味を理解しよう

男性の場合は連絡というのは必要なことを伝える手段ととらえている人が多いように思います。なかでも連絡不精の男性は用がないから連絡しないということも多いですが、女性にとっての連絡というのは、必ずしもそうではありません。

多くの女性は好きな人と色々なことを共有したいと思っています。なので、女性たちの連絡は男性から見ると返信に困るLINEだったり、内容のない電話だったりするんです。もちろん、中には寂しいなぁ~とか、かまってほしいなぁ~という気持ちの時もありますけどね。

連絡不精でもフラれない付き合い方

なんとなく女性の連絡についての考え方は理解できたけど、彼女に合わせてばかりいると後々キツくなってしまいますよねー。でも、合わせなさすぎは危険です!彼女の愛が冷めたり、浮気に走られたりという可能性もでてきちゃいます。

そこで連絡が苦手な男性でも、なるべく無理せず付き合い続けるポイント「女性視点でギリギリ許せるラインはココです!」をお教えしますので、スマートに実行するも良し、彼女との交渉に使うも良しで、役立ててみてくださいね。

彼女からの返信に困るLINE

あなたも1度や2度は経験あるはず、コレ、どうやって返信したらイイんだろう~?っていうLINEのメッセージ。例えば「今日、◯◯食べたんだぁ~」とか「いまお風呂あがったとこ♡」とか…。男性からしたら、誰もそんなこと聞いてないし、いちいち報告しなくてイイよ!と思われるかもしれませんが、そこは、ただ単純に彼に聞いてほしい、共有したいという女心です。

ボキャブラリーが豊富な人であれば、すぐに返す言葉が浮かぶかもしれませんが、連絡不精で返す言葉が浮かばない場合には、苦行以外の何物でもありませんよね(笑)そんな時に大活躍するのがスタンプです。

しかし、スタンプはどんなものにでも使えるようなスタンプを探して用意しておかないといけません。2個~3個用意しておくと完璧ですよ。良い内容のときに使える、イイネ!系のスタンプや、凹んでるときや愚痴ってるときに使える慰め系のスタンプがオススメです。

既読スルーがイヤだから未読スルー?

これも連絡不精な男性にありがちなパターンなんですが、返信に困るようなトークの場合、既読をつけたら返信しなきゃいけない!という心理が働いて、あえて未読スルーにしてしまうことがあります。しかし、これは声を大にして言います。絶対にやめましょう。

女性は男性の想像以上にLINEの未読や既読にこだわっているんです。年齢が若ければ若いほど気にする傾向があります。未読が続くと、ヒドい場合は彼の浮気を疑い初めてしまう子も。じゃあどうすればイイんだ!と思うかもしれませんが、ここで大切なのは彼女との話し合いです。自分はLINEが苦手だとか、既読スルーは読んで「わかった」ということだとか、きちんと伝えてあげてください。

そうすることで、彼女を不安にさせることを防げます。でも、たまにはシッカリ返信してあげてくださいね。

電話が苦手な連絡不精の場合

女性は長電話が苦にならない人が多いですが、男性は長電話が苦手という人も多いですよね。LINEやメールに比べると時間を拘束されてしまう電話は、働いている男性にとっては自分の時間が削られるという感覚を持つ人もいるかと思います。

だからと言って、LINEやメールだけを連絡伝達だけに使うのは彼女に不満が溜まってしまいます。たまには声を聞いて話したいこともあります。お互いが満足するためには、電話の頻度や話す時間など、やはり話し合うことが必要です。そもそも電話が苦手ということは理由も添えて彼女に伝えましょう。

もしLINEなどで電話をしてイイか?と彼女から確認されたときは、仕事や用事があった場合はスルーでも仕方ないですが、そうじゃない場合は断りにくいからといって返事をしないのだけはやめてください。YESかNOをちゃんと伝えましょう。スルーされると彼女が鉄のメンタルを持っている場合を除き、かなり傷つきます。

たまにはあなたから電話してあげてみてください。とっても喜んでくれますよ!

理解してくれているだろうは厳禁!

なんか面倒だなぁと思うかもしれませんが、全ては後でケンカになったり、別れることになったりすることを防ぐ為です。何も伝えずに理解してくれているだろうと思っていると、取り返しがつかないことになることもあります。なので、彼女は理解しているという思いはスッパリ忘れてください!

仮に理解していたとしても、頭と心は別ものです。あなたからなにも言ってもらえない状況は、寂しさや不安を呼び寄せます。お互い相手を大切に思っているなら、どちらか片方に負担のかかることのないように、バランスを大切にしてみてくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター