サムネイル

女性とのカラオケで覚えておきたい!必ずモテる気遣いテクニック

大人数でもふたりきりでも、お酒を飲んだ流れでカラオケに行くことは多々ありますよね。カラオケで歌うことに集中してしまい、周囲への気遣いが出来ないようでははっきり言ってモテる男性とは言えません!カラオケでの選曲や歌のうまさ以外にも、もっと押さえておきたいモテテクニックをご紹介します。

  • 更新日:

カラオケでしたら喜ばれること、嫌がられること

飲み会が終わり「もう1件行こうよ!」と2次会や3次会として行く機会の多いカラオケ。お酒もそこそこ入り女の子とも打ち解け始めてたら、カラオケはさらに仲良くなる絶好のチャンス!

ただこれまで当たり前のようにカラオケでしていたことが、女性にとってはウンザリだったり、逆にあなたは気付いてないけど女性にとっては胸キュンポイントだったりすることがあります。カラオケボックスにいる間、ずっと頑張る必要はないんです。ちょっとの気遣いでモテる、カラオケ時のポイントをご紹介します。

カラオケで女性が求めているのは?

まずは楽しく乾杯したい♡

カラオケボックスに入ったからといって、入って早々、選曲に一生懸命にならないよう注意!何事も順序が大事です。

女性はまず楽しく乾杯がしたいもの。
「さっきは○○を飲んでいたよね、次は何を飲む?」などとメニューを見せ、彼女の事を気にしていたアピールも混ぜつつ率先して飲み物の注文をしてあげて下さい。全員分の飲み物が揃ったことを確認して、改めて乾杯!カラオケを盛り上げるには楽しい乾杯が必要なのです。

1曲目は男性に歌って欲しい!

カラオケの好きな女性でも、初めてカラオケに来るメンバーだと緊張します。そこで、1曲目は男性にお願いしたい♡それが盛り上がる曲だと、なお嬉しい!というのが本音です。

男性の目の前で「1曲目に誰が歌う~?」「○○ちゃん歌ってよ~」なんて押し付け合うやり取りはできればしたくないのです。多くの人が躊躇するタイミングで、サッと選曲をして歌ってくれる姿には男らしさを感じます♡

名曲でなくても歌が上手でなくてもいいのです。最初の1曲目の役割は、女性の緊張をほぐし、女性が次に曲を選びやすい盛り上がる空気作りなのです。

歌の強要、お酒の強要はNG!

人前で歌うことに抵抗のある女性もいます。歌は好きだけど、いざ男性とカラオケに来たら何を歌うか迷ってなかなか決められない女性もいます。だから、女性の歌うタイミングは女性に任せてあげて下さい。場が温まれば自然と歌えるようになるでしょう。

もしカラオケが苦手そうな女性がいたら「カラオケ=歌を歌う場所」と決めつけないで、お酒を飲みながら歌も聞くことの出来る場所と思って、歌に関する雑談も楽しめる空気を作ってあげるのも◎

また、既にお酒をある程度飲んでいるので、カラオケでは自分のペースで飲ませてあげてください。女性のグラスが空かないからといって飲むことを強要したりゲームをはじめるのは最もNGです。

「次は絶対歌って」「この曲が終わるまでにグラスを空けて」は女性が嫌がるワードです。

女性が歌う場合は、歌い終わった後が肝心!

結論から言いますと、曲が終わった後に声を掛けてくれたり、軽く拍手をしてくれるだけでいいんです!

曲中ずーっと手拍子をしたり、ずーっと合いの手を入れることって、カラオケにいる間中続けるの辛いですよね。前半は盛り上がって後半疲れちゃう、となるよりは「全ての曲を聴いているよ」というスタンスで、曲の終わりに「うまいねー!」「イェーイ!」などと声掛けをしてくれるだけで充分なのです。もちろんあからさまに聴いてない態度はNGですけどね。

もちろん、振り付けが有名な曲などは踊って盛り上げてください♡知らない曲を女性が歌った場合は、知らないからとスルーせずに「これは誰の曲?」「このアーティスト好きなの?」などと質問したりし、コミュニケーションを曲の終わりにとると女性は「聴いててくれたんだ」と嬉しくなります。

男友達が歌う場合もちゃんと聴こう

女性が歌う時しか聴いてなかったり、友達が歌うタイミングで話し込んだり、あからさまに男女差がつくような態度を取られると正直感じ悪いです!女性は意外とこういうところも見てますよ。

飲み物に気を配ったり、曲の終わりには拍手をしたり、同性にも、女性と同じようにとは言いませんが適度に気を遣える男性はポイント高いです!

当たり前のマナーを守る

いくらモテテクニックを駆使していても、当たり前のカラオケマナーがなっていなければ無駄になってしまいます。今一度カラオケマナーの確認を!

◆カラオケでやってはいけないNGマナー
・マイクの独占
・長時間スマートフォンをいじる
・必死に歌う人を馬鹿にしたり、人の歌をマイナス品評する
・タンバリンなどの鳴り物で歌をかき消す
・許可なく人の歌に割り込む

これらの行為は男女間でなくてもNGな行為ですが、もちろん合意の元ならNGに当てはまらないケースもあります。該当しそうな時はコミュニケーションをとるのが良いでしょう。

自分が楽しむ!

カラオケにいる間中、ずっと気遣いを続けていては自分も楽しくないし疲れてしまう。その空気は伝染してしまうものです。

歌が好きな人、好きでない人、歌が得意な人、不得意な人。様々だと思いますが、カラオケで楽しむ方法は幾通りもあります。「歌って楽しむ」「踊って楽しむ」「聴いて楽しむ」「お酒を楽しむ」などなど。

歌ったことのない曲にチャレンジしてみたり、はたまた好きな女性アーティストの歌を女性に「歌える?」とリクエストしてみたり、その場を楽しんでいる男性に魅力を感じない女性はいないでしょう。

「カラオケだから」と気負わずに楽しむことが大切

1次会では「話す」と「聞く」だったコミュニケーションツールが、カラオケに行くとパターンが増えるのです。しかも、カラオケにいる間中、ずっと頑張っていなくていいのです。「カラオケだから気遣いのハードルが高い」と思っていた方は、「カラオケだったら気遣いが出来る」に変わっていくことでしょう。

女性は居心地の良い空間を作ってくれることが1番大切だと考えています。カラオケで上記のポイントを押さえたら、歌いやすい、お酒のおいしい、楽しい会になるでしょう。そしてあなたが楽しむことが何より大切です。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター