サムネイル

イチャイチャしたい瞬間に構ってくれる彼がいい♡彼女が甘えたくなる瞬間

甘えたいなぁ~と思ったときに彼氏が甘えさせてくれないと、彼女としては寂しい気持ちになってしまうものです。ここでは、どんなときに彼女が甘えたいと思うのかをご紹介します。やっぱり私の彼氏って最高♡と思われるために、参考にしてみてくださいね。

  • 更新日:

どんな女性にも彼氏に甘えたくなる瞬間がある

普段はシッカリしていて仕事もできるようなタイプの女性は、あまり甘えるイメージがないかもしれませんが、どんな女性でも彼氏には甘えたくなる瞬間が必ずあります。甘えたくなる瞬間を理解して彼女を甘えさせてあげましょう。彼女の甘え欲を満たすことで、お付き合いの満足度がUPしますよ。

では一体どんなときに彼女が甘えたくなるのかをチェックしていきましょう。

女性が男性に甘えたくなるとき

仕事でグッタリしてしまったとき

お仕事モードでヘトヘトになるまで働いてきたときは、素の自分を出せる彼氏に甘えたいと思ってしまうものです。男性も疲れてると彼女に甘えたくなるところがあるかと思いますが、もし、彼女が疲れて甘えてきたときには、優しく癒してあげてくださいね。

仕事で大きな失敗や叱られたとき

「今日、仕事でミスっちゃって~」と、彼女が話してきたら、正論をぶつけるのではなく優しく聞いてあげてください。グダグダと愚痴を言う場合は良くありませんが、そうじゃないときは彼女が甘えたいサインです。きっと、凹んでいますから慰めてあげてくださいね。

理由なく寂しさを感じたとき

理由はないけど寂しく感じるときが女性にはあります。特に夜遅い時間に家にいるとなぜか寂しい…と思ってしまうことがあるんです。そんな時は彼氏に電話をかけたり、LINEを送ったりしてしまいますが、ちょっとの時間でイイので彼女に付き合ってあげてください。

寂しくて甘える彼女に冷たい態度をとってしまうと、彼女の寂しい思いが募って、ほかに構ってくれる友達や別の人を頼りにする習慣ができてしまいます。

同性の人間関係に疲れたとき

男性には理解しにくい部分ですが、女性同士の人間関係というのは時にものすご~く疲れてしまうことがあります。そんな時は理解できなくても話を「ウン。ウン」と聞いてほしいんです。

また、何に疲れてしまったのか彼女が話をしなくても、何かあったんだなぁと心の中で思って、気の済むまで甘えさせてあげてください!

胸キュンする映画や小説を読んだとき

恋愛物の映画や小説の世界に入りこんでしまうと、主人公に感情移入しすぎてしまい彼氏が恋しくなってしまうことがあります。それが、自分達の過去の状況や、現在の状況に似ている部分があるとなおさらです。

作り話なのに…と、冷めた気持ちは表に出さずに、きちんと相手をしてあげてくださいね。いろいろなことに感動できるカワイイ彼女だなーと思ってくれると嬉しいです♪

ケンカした後

ケンカの最中は腹立たしさや悲しさなど、ネガティブな感情で心の中がいっぱいになっている彼女も、仲直りした後はホっとして彼氏に甘えたくなるときがあります。彼女の方が悪かったケンカでも、大人な男性の包容力で甘えてくる彼女を包んであげてください。

酔っ払ったとき

酔うと性別に関わらず理性というガードが緩くなりますから、普段あまり甘えないような彼女でも甘えてくることがあります。これは、本当は甘えたい気持ちがあるけど、いつもガマンしているということが多いので、いっぱい甘えさせてあげてくださいね。

悲しいことをガマンしているとき

彼女に悲しいことがあれば何があったのか知りたいと思うかもしれませんが、大人になればなるほど全てを彼氏に話すとは限りません。でも、弱い部分を見せられるのは彼氏が一番と思っている女性も多いので、理由は話さなくても何か悲しいことがあったんだなと思うときには、そっと寄り添うようにそばにいてあげてくださいね。

愛も信頼度もグングンUP

甘えたいときに甘えられることで、自分のことをきちんと考えてくれている。愛されていると彼女は感じて、あなたへの愛情度も信頼度もグっとUPします。そうすることで、彼女もあなたのことを優先的に考えてくれたり、多少のワガママも許してくれるようになったりと、お互いが心地よい関係になっていけるんです。

どうしても余裕のないときはあるかと思いますが、彼女が甘えてきたときには、甘えられるのは自分だけなんだ。特別なんだと彼女の愛を思いっきり感じちゃってくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター