サムネイル

セックスが嫌いなんて!彼女にセックスを楽しんでもらう方法

セックスを嫌っている彼女のことで悩んでいる人は割りと多いです。女性は男性と違ってセックスに対する価値観が異なります。しかし、セックスは愛情表現の一つでもあるので出来ることなら好きになってもらいたいですよね。今回はどのようにしたらセックスを二人で楽しむ事が出来るのかをまとめてみました。

  • 更新日:

セックスを楽しんでもらう方法

大好きな彼女とセックスを楽しめないことはとても悲しいこと。男性と違って女性は溜まるものもないので、セックスをしなくても困ることはありません。しかし、セックスはお互いの愛情を確かめる手段でもありますので非常に大切なことでもあります。今回はセックスが苦手、嫌いと言う女性の心理を元にセックスを楽しんでもらえる方法をご紹介していきます。

自信過剰な自分を捨てる

経験を重ねるごとにセックスの腕も磨かれて来ると思います。しかし、「男性がリードするから安心」だと思えない女性もいますし「僕なら気持ちよくさせてあげられる」ということは必ずではありません。そうした自身過剰が返って女性を嫌な気持ちにさせてしまうことも多いです。まずは初心の心に返り、彼女へ軽いスキンシップから関係を深めていくことが大切です。

恐怖感を取り除く

セックスに対して恐怖感を持ち合わせている女性は多いです。まずは恐怖感を取り除いてあげることを意識しましょう。

・挿入時間を短くする
・セックスはゴムあり外出しにする
・前戯に時間をたっぷり使う
・彼女の反応をしっかり観察する

彼女にとって恐怖心がどこから来ているものなのかを把握することも非常に大切です。付き合いが浅い状態で迫られると「身体が目的かもしれない……」と不安にさせてしまうこともあります。また、セックス=子作りと考えてしまう女性も多く存在していますのでできるだけ恐怖心を取り除いてあげましょう。

スキンシップを取ろう

セックスをする前に徐々に段階を踏んで彼女をエッチな気分へ誘導させることもテクニックの一つです。まずはキスの回数を増やし、触れ合うことの大切さ心地よさを感じ取ってもらうようにしましょう。
就寝前のキスはトラウマを持っている女性も多いです。キスから先に進めたくなってしまうかもしれませんが、彼女がその気になるまでグッとこらえて我慢しましょう。どんなに鈍感な彼女でも「我慢してくれている」ということに気が付くはずです。タイミングはその1日だけではありませんので時間をかけてスキンシップをとっていきましょう。

されど我慢……!!

キスへの抵抗も少なくなって、彼女からキスをせがむようになってきたら次の段階へ進んでも良いでしょう。男性にとっては酷なことかもしれませんが、次の段階として裸で抱き合うことをオススメします。セックスではなく、お互いの肌のぬくもりを十分に感じ取る行為です。裸同士で触れ合う事で気持ちが落ち着いて来たり、安心感を覚えるようになります。
この時女性はあなたへの申し訳ない気持ちと自分を大切にしてくれていると言う嬉しい感情が生まれてくるでしょう。自然に素肌で抱きしめあえるようになればセックスまであと少しです。

彼女の「感じる」場所を探ろう

裸で抱き合う事に慣れてきたら彼女の身体をゆっくり時間をかけて愛撫してみましょう。この時、彼女の一番敏感な場所を探してみて下さい。また男性も我慢の限界が近づいて来ていると思うので、彼女に手や口で気持ちよくしてもらいましょう。
セックスへの道のりは長くなってしまいますが、彼女の心を徐々に開いていくには効果的です。この段階では徐々に裸の関係に慣れていくことが大切です。

彼女の気持ちを確認しよう

ここまで慎重にくれば彼女もセックスに対する考えが最初の頃に比べて変化しているはずです。実際に挿入する際は恐怖心を取り除くことを最優先し、少しづつゆっくり挿入してあげましょう。彼女の心情を理解し、自分の気持を伝えることが非常に大切です。

・痛みがないか確認する
・今、どんな気持ちか確認する
・一つになれたことを感謝する
・どうしたら気持ち良いか二人で確認し合う

このように過去の女性と比較するようなセックスではなく「彼女」だけのセックスを新たに見つけ出していきましょう。身体が触れ合うことの大切さをお互いに理解し、愛のあるセックスを行なうことが大切です。

優しくリードしてあげる

セックスが「嫌い」と言う女性に対してイヤイヤ行為を行なうことはあまり好ましくありません。かと言って女性が自然に「セックスが好き」になることもありません。男性が優しくリードしてあげることで心は次第に開かれていきます。セックスそのものをリードするのではなく、なぜお互いを欲するのか、セックスをすることで何を得られるのかという根本的なことから彼女をリードしていきましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター