サムネイル

遊びでもいいの?元カレとセフレになってしまう女性たち

元カノとセフレなんだけど、元カノは何を考えてるんだと疑問に思ってる男性の皆さん。別れたけど会ってエッチしちゃってる、自分はいいけど元カノはどう思ってしてるの?遊びでもいいのかな、この関係ってこのままでいいの?なんて考えてる男性に、元カレとセフレ状態になっちゃってる女性の心理をお伝えします。本音ではセフレのこと‥。

  • 更新日:

別れたけどセックスはする、元カレとセフレになってしまう真理とは?

別れたのに元カレとスッパリと切れず、ズルズル連絡とったりして会ったら結局セックスしちゃう。別れてしばらくしたら、久々に元カノから連絡がきて会ったってしまった。それ以降、どうしてかセフレになっちゃったというパターンもあるでしょう。

カップルからセフレになってしまう男女は結構いると思います。男性側としては別れたけどさせてくれるならラッキー?かもしれませんが、一体元カノはどういう心境なのか、気になるところですね。元カノの本音を知らずにセフレを続けてたらややこしい関係になっちゃうかも。そこで女性が元カレとセフレになっているときの心理をお知らせいたします。


元彼とセフレをし続ける女子の本音は

未練がある

元カレに未練がある女性は元カレとセフレになってしまうことがよくあります。未練はあるけれど復縁は無理そう、だったらセフレでもいいから一緒にいたい!と。体だけでもあなたと繋がっておきたくってセフレになってるのかもしれません。

この場合、もしあなたに全くその気がないなら心を鬼にして突き放してあげないと、元カノはいつまでもあなたのことが忘れられません。また、あなたがもし新しい恋愛をしている・もしくは今後前に進むつもりなら、あなたの新しい恋愛にも影響するでしょう。あなたに未練のある元カノを遊びで都合のいいようにしていたら、後々面倒なことになるかもしれません。後々セフレの元カノから結婚や復縁をかなりの勢いで迫られることも十分あります。リスクを承知の上でセフレ関係を続けるかどうかは決めてくださいね。

寂しい

元カレと戻りたいとかではないけれど、彼氏もおらずいいと思う男性もいないとき、単純に「寂しい」という理由でセフレになることもあります。気軽に連絡がとれる元カレと会ってるうちにセフレになっちゃった、というケースも。寂しがりやの女性はひとりではいられないので、誰でもいいから一緒にいたいという心境になります。そんなときに元カレから連絡がきたらすぐに会ってしまうし、自分からも一番連絡しやすい相手が元カレなので連絡しちゃうのです。

セフレになろうと思ってたわけじゃないけど、会ってたらセックスしてしまう、気付いたらセフレになってしまってるよねこれ…というパターンもありえます。

新しい彼氏とうまくいってない

あなたと別れて新しい彼氏ができたけれど、なんかしっくりこない…。体の相性も合わないし全然うまくいかない、というときに元カレが恋しくなることもあります。そしてそのまま連絡してセフレになってしまう…ということもよくあります。

別れたんだから何か問題があったはずなのですが、思い出は美化されてしまうものです。今の恋愛がうまくいってないと元余計に、元カレとの良かった思い出が蘇ることがあります。しかし一応彼はいて前に進んでるので、元カレとは何のややこしい感情も持たずにいちゃいちゃできる。新しい彼氏とうまくいかないときは、あなたとのそんなライトな関係が心地良いのかもしれません。

彼氏としては…だけどセフレとしてはいい!

あなたのことを好きとかキライとかそんなんじゃなくて、単にセックスの相性がいいからしたいだけなの!と思っている場合もあります。元カノがこんな割り切った感情であなたとセフレになっているなら、男性としてはラッキーですよね。あなたに未練があるならこの関係はだいぶ切ないですが。

女性として良いセックスをしなきゃ綺麗でいられない、と思っている女性も中にはいます。あなたとセフレでいることが性欲を満たすための都合のいい関係なのかもしれません。

別れたならスッキリ関係を清算したほうがいいかも

いかがでしたか?
なんとなくセフレになってしまったけれど、自然にお互いがフェードアウトしていったという場合ならいいのです。が、元カップルがセフレになることで、「私の気持ち知ってたくせに遊びだったの?」「新しい彼女いたのになんで黙ってたの?」とか…ややこしいことになりがちです。

完全に割り切れているつもりが実は割り切れてなかったと後で気付いたりとか、セックスしてるうちに片方がやっぱり戻りたい!となって面倒なトラブルになることも想定できます。こう考えるとお互いにスッキリきっぱり、新しい道で生きていったほうが良いのかもしれません。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター