サムネイル

男女でこんなに違う?!幸せを感じるセックスのちがいとは?

男性と女性が幸せを感じるセックスには大きな違いがあります。この違いをお互いが知ることで、二人ともが満足できるセックスができるのです。今回は女性が思う幸せなセックスとはどんなセックスなのかを男性の皆様にお伝えしたいと思います。男女でどんな違いがあるのか、考えていきましょう。

  • 更新日:

違いを共有して楽しむセックス♡

セックスはどちらか一方だけが満足して終わるなんてことがあってはダメなのです。お互いが心も体も満足して終わるのが理想の幸せなセックスです。ということは、相手がどんなセックスで幸せを感じるのかを知ることが素敵なセックスへの第一歩ですよね。

男性が幸せを感じるセックスというのは、女性を完璧に満足させられたセックスではないでしょうか。どんなに自分が気持ち良くなれても、女性が満足していなかったら…あなたとのセックスに不満や物足りなさを感じていたら…これは幸せなセックスとは思えないと思います。逆に女性があなたとのセックスで、もう最高!気持ちよすぎる…と大満足していたら、あなたは女性を満たした満足感と、自分が認められたような感覚になり、男性として自信に満ちた幸福感を感じると思います。

では、女性はセックスのどんなところで幸せを感じているのでしょうか?あなたは自分のパートナーがどんなセックスで幸せを感じているのか、じっくり考えたことはありますか?今回は女性が幸せを感じるセックスとはどんなセックスなのかを解説していきますので、是非今後のセックスの参考にしてくださいね♡

女性が幸せを感じるセックスとは

男性が自分とのセックスで達してくれること

男性は、自分がイクことで女性が幸せを感じているとは思ってもみなかったのではないでしょうか。男性に「女性が幸せを感じるセックスってどんなセックスだと思う?」と聞くと、アソコをなめられてるときでしょ?やっぱりイッたときじゃない?という答えが返ってきました。

違うんです!もちろん男性が自分のために一生懸命奉仕してくれて気持ちよくなれたらそれはそれで幸せです。でもそれは幸せというよりは、肉体的な快感に過ぎないんですよね。幸せとは精神的に感じるものだと思います。
女性は、男性が自分とのセックスで快感の絶頂を迎えてくれた瞬間に幸せを感じます。それは、自分によって相手の男性がそこまで昇りつめてくれたという満足感からの幸せです。男性が幸せだと思うセックスと似ていますね。

自分の快感以上に、相手が自分によって気持ち良くなってくれたという満足感に女性は満足するんですよ。

前戯の丁寧さ

キスも愛撫も適当にされて挿入されて終わり。これでは幸せを感じるどころか寂しさを感じます。男性の気持ちのこもっていない前戯に女性は敏感です。手抜きしたり、いつも同じパターンの流れ作業のような前戯は女性を虚しくさせるだけです。

これは、前戯でどんなことをされたかということではなくて、丁寧に女性の心と体を愛したいという男性の気持ちを感じられることに女性は幸せを感じます。早く入れたいと焦ってさっさと挿入したりするセックスは女性を不幸にします。気持ちを込めて丁寧にキスや愛撫をしてあげてくださいね。

アフターセックスは必須

アフターセックスはもはや女性にとっては絶対的に必要なものです。でも男性って終わると賢者タイムに入ってしまいますよね。でも女性はセックスが終わってさっさと自分だけ拭いて服を着たり、突然冷静になって煙草を吸いだしたり、寝てしまったりする男性を見て切なくなっています。女性からすると、もうちょっとだけ気力を振り絞ってアフターセックスを楽しんでほしいのです。

男性の果てた後の脱力感はもちろん理解しようとしています。だから、特に何もしてくれなくても、腕枕でくっついているだけでもいいんです。いきなり素に戻らずに、セックスの余韻を男性が一緒に感じてくれていると思える空間に女性は幸せを感じています。

セックスも思いやり

男性も女性も、自分と違う性別で違う考え方の相手が何を望んでいるのか、それを知ってそこに思いを寄せます。セックスにおいてもこういう思いやりが大切なんだなと思います。

自分本位なセックスは相手の体を使った自慰行為です。相手がいてこそのセックスにおいては、お互いがどんなことに幸せを感じるのかをまず知りたいと思うこと。そしてそれを実践することで、愛が溢れる幸せなセックスが産まれると思います。

互いに思いやりあって、ハッピーなセックスライフを楽しんでくださいね♡

内容について報告する