サムネイル

初デートで割り勘はアリ?働く女性のお会計事情

初めてのデート、お食事にいくのならお会計もスマートにしたいと思っている方も多いはず。少なくともレジの前で揉めるなんて嫌ですよね。でも、最初に奢ってしまったら毎回奢らないといけないかもと不安になることはありませんか…?相手も働いているのなら割り勘はアリ?それともナシ?今回は初デートでの女性の気持ちを解説します!

  • 更新日:

そもそも、割り勘はアリ?ナシ?

初デートに限らず、「女性は男性に奢って欲しいと思っているのでは?」と思う方もいらっしゃると思います。でも、実はお付き合いしていてもしていなくても、働いている女性の多くは全額奢られるのを好まなかったり、割り勘まではいかなくとも少しはお金を出したいと考えているものです。

年齢が近かったり同僚であったり、収入に大きな開きがないと思われる場合は特にこの傾向が強くなります。毎回全額奢ってもらって負担をかけたくないという気持ちが女性にはあるのです。では、初デートでも同じでしょうか?

初デートは女性も不安

あなたが初デートなら、女性だってまだあなたのことをよく知りません。でもひとつだけ、多くの女性の共通認識にはこんなものが。それは、『初デートで割り勘にするのは、男性のプライドを傷つけてしまうかも』というもの。

普段は割り勘派の女性でも、初デートの時は奢られた方がいいのかな?と少なからず思うもの。何度かデートを重ねたときより、初デートの方が奢ってもらう可能性を高く見積もっている女性が多いです。つまり、基本的には奢るつもりでいた方が◎。そしてそうした女性の気持ちがありますから、初デートで奢ったからと言って次回からも必ず奢ることになるとは限らないのでご安心ください。

また、奢るつもりでいたほうが割り勘のつもりで出掛けるより心の余裕もできるはずです。どうしてもあなたが割り勘にしたい場合には、デート場所や雰囲気づくりは慎重に。ただし、女性のタイプは様々ですから、中にはむしろ初デートだからこそ奢られたくない!という人も…。

こんなときは素直に割り勘

どうしても借りを作るのは嫌!という女性も実は案外多くいるもの。食事が終わった後など、お会計に進む前に割り勘を切り出された場合は、お金の管理がしっかりした女性の可能性が高いです。あまり強く奢ろうとせず素直に受け入れる方が好印象です。

お会計の時に割り勘を提案された際は、「誘ったんだから奢るよ」などの台詞を言い、それでも引き下がらないようなら「ありがとう」と受け入れましょう。あなたも奢ると言った以上プライドが出てしまうかもしれませんが、会計時の押し問答はスマートではありません。

他にも、何も言わずにすっとお金を置かれてしまう場合も。これも一度いいよ、と戻してみて受け取らないようなら受け入れた方が◎。多めに出そうとしていて、全額返しても受け取らない場合は割り勘に近づくように一部だけ返してみましょう。

どの場合も、あなたが伝票を持っているのなら割り勘として伝える金額は百円単位か千円単位にしたほうが好印象。一度千円単位の少なめの金額を伝えて、女性の反応を見るのもいいかもしれません。

これも割り勘したい女性のサイン

お会計時にお財布を取り出す女性は、男性を立てて素直に奢ってもらったほうがいいのか悩んでいる状態かもしれません。「今日は奢らせて」と優しく言ってあげましょう。次回からは割り勘にしたい、もしくは少しは出したいと考えている可能性もあるので、次のデートの時はあなたの事情にも合わせて二人で考えるのがおすすめです。

信用していない訳じゃない

「初デートでも奢らせてくれないなんて、信用されていないのでは?」「友達以上になる気がないのでは?」と不安になるかもしれません。でも、借りを作れない女性というのはどんな相手でも借りを作りたくないもの。あなたを傷つけたい訳ではないので怒らないでくださいね。

そんな女性はお金の管理をしっかりしたい傾向が強いので、お付き合いしても浪費癖などが気にならないはず。今後のことを考えるにもいい女性かもしれません。逆に初デートだからこそ相手を立ててお支払いは控えるという女性は気遣いができる相手かも。

初デートは手探りで当然

お付き合いが進むと分かってくる相手の傾向も、初めてのデートではうまくつかめないのが当然です。特にお金のことはわだかまりなどが起きやすいもの。でも、初回のお会計はどちらも手探りです。女性を初デートのお会計の態度ひとつで判断するのは早いので、一度のデートで決めつけないで次回に繋げていきましょう。

内容について報告する