サムネイル

大人の恋愛…私を成長させてくれた恋に共通するもの

女性にとって、中高生の頃にした恋愛と、20代も後半になってからした恋愛には大きな違いがあります。それは自分自身を成長させてくれた「大人の恋愛」かどうか。男性も少し身に覚えがあるのではないでしょうか?女性を少女からオトナへ変えてくれた、大人の恋愛。実はそんな恋愛をさせてくれた恋には共通している部分があるのです。

  • 更新日:

少女からオトナの女性へ、大きく変化させるもの

一般的に女性は男性よりも精神的な成熟が早いと言われています。なので、中学生でも大人顔負けの発言をして、大人を困らせることが多いのです。しかし、だからといって20歳を過ぎた女性が身も心も完璧な大人かと言うと、それは違います。大人の恋愛をしていない女性は、まだまだ少女の部分が大きく、いわば少女とオトナの女性の間にある微妙な存在。

そんな微妙な時期から殻を破り、ひとりの立派なオトナの女性に成長させるのは『恋愛』なのです。そこで今回は、少女をオトナの女性にさせる恋に共通するものをご紹介します。あなたの彼女、または意中の女性はオトナな女性?それともまだ少女?

女性を『オトナ』にする恋愛の共通点

年上の男性と付き合う

少女をオトナに変身させるためには、付き合う男性が大人じゃなければいけません。女性と同い年か年下の男性だと、若者のノリだったり、言っていることが幼稚だったりと、女性を成長させることが中々できないのです。
5歳~10歳くらい年上の男性であれば落ち着いていますし、人生経験もそれなりにあります。そんな男性と付き合うことで豊富な経験をして、大人の男性に感化され、自分でも気付かないうちにオトナの女性に成長できるのです。

好きだけじゃない『メリット』がある恋愛かどうか

「付き合う=好き」とは限らないのが大人の恋愛です。女性も最初は「好きだから付き合う」だったかもしれません。ですが、長く付き合っているうちに「好き」という感情は付き合った当初より落ち着いてきます。それでも付き合っている理由はなんでしょう?
実はここがポイントで、「好きじゃなくても一緒にいると安心する」「強い信頼感がある」そして「相手も私のことを大事にしている」といった、何かしらのメリットがあるから付き合っているのです。

彼氏が年上だったら、もしかしたらそのメリットが「お金をくれる」「贅沢させてくれる」といったものかもしれません。しかしそれも経験のひとつ。そうして誰かと付き合うことで、「大人ってこういうもの」という感覚が身に付きます。

微妙な距離感を大切にする

子供の恋愛と大人の恋愛での決定的な違いは微妙な距離感にあります。子供は「彼氏・彼女」という存在自体が特別で、常に一緒にいようとします。ですが大人の恋愛になると、それぞれ自分の趣味やひとりの時間も重要になってくるので、ずっとくっついていることなんてできません。デートは月に2回できれば良い方、誕生日に会えたら奇跡ぐらいに思えるくらいの距離感です。
それは近すぎず、遠すぎず、すごく微妙な距離感でしょう。たまに会えなさすぎて「私のこと本当に好き!?」という状態になるかもしれません。ですがこれも経験のひとつ。

女性が彼氏に依存することなく、自立したひとりのオトナになるためには必要な経験です。

オトナの女性になったらどう変わる?

男性にとって気になるのは、今目の前にいる女の子が、オトナの女性になったときにどう変化するか、ではないでしょうか?
最初にわかりやすいのが、色っぽい雰囲気を出すようになることです。肌の輝きが変わり、眼差しが変わり、セクシーさという武器を手に入れるのです。そして次に、言動が変化します。大人の男性とふれあった女性はその男性に感化され、子供っぽかった言動が、落ち着いた、大人の言動そのものに変わります。女性は精神的な成熟が早いので、環境の変化にも対応しやすいのです。服装もまだ学生らしさが残っていた服装から、落ち着いていながら、どこか色気を感じさせる服装に変化します。その人らしい個性もこの頃から現れ出します。

こういった様々な変化を見ることができるのは楽しいものですよ。あなたとの付き合いが女性を成長させる恋愛になると良いですね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター