サムネイル

【裏ワザ】絶対返信がくるLINEアプローチ方法とは…?

ようやくID交換をして、勇気をだして好きな人にLINEしたけど既読無視…そんなことありませんか?もしかしたらそのLINE、女性が返信しにくい内容や後回しにしたくなる文面になっているのかもしれません。そんな方はここに気を付ければ大丈夫。女性が返信したくなるLINEアプローチの方法をご紹介します!

  • 更新日:

LINEで返信が欲しい!

連絡に便利で、メールアドレスよりも聞きやすいLINEのID。好きな人とIDを交換できて喜んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、いざ勇気を振り絞ってLINEをしたら既読だけついて返信がなかったり、少しも会話が続かないなんてことも…。そんなことにならないように、LINEでアプローチするなら次のようなコツに気を付けてみてください!

気分が上がる内容が〇

好きな人とのLINEならまず、明るく気分が上がる内容を選ぶことが大切です。読んでいて楽しい内容やわくわくする内容を送ることができれば、あなたのLINEは面白いものとして受け入れてもらえるはず。そこにプラスして「楽しかったね」「また皆で行きたいね」などの同意を得やすいものを送信すると返信も貰いやすく、会話も弾みやすくなります。

逆に、LINEで一番ダメな話題は、愚痴や噂話などのマイナスな表現です。愚痴や噂話を送ってくる男性はまず、女性にとっては面倒なカテゴリに入れられてしまいます。さらについつい送ってしまいやすい「今日は疲れた」や「大変だった」はマイナス表現のひとつ。

見た瞬間に疲れたことや大変だったことを思い出してあなたと気分の悪いことを結び付けてしまうかもしれません。また、女性にとっては同意していいか悩んでしまいがちで、返信に労力がかかってしまいます。女性が何も考えずに返事を送れるような、明るい話題を選びましょう。

軽い相談で親密度アップ!

ある程度信頼関係がある場合は特に、軽い相談事を持ちかけると返事も貰いやすく、また親密度アップに効果的です。信用している女性に聞きたい、という心理は女性の自尊心をくすぐります。ただし、あまり重すぎる相談は心労になるのでNGです。

例えば、母親や妹や姉などへのプレゼントなどでコスメを欲しがっている、流行の口紅を贈りたい、などと限定すると返事がしやすいです!相手の女性に得意分野があるのであれば、そちらで相談を持ち掛けると会話も続きやすくなります。

自分もマメに返信

相手からの返信が欲しいのなら、普段から自分もマメに返信をしておくことが重要です。簡単な返事やスタンプでも構いません。マメに返信があると、女性は自分との会話を楽しんでくれているのだろうと予測ができます。その分会話のハードルが低くなり、女性からもLINEが送りやすくなります。

ただし、自分がマメに返しているからと言って彼女にも同じようにすることを強要したり、それが当たり前と思うのは危険です。特に返事の督促などを行ってしまうのはNG。女性にとっては面倒なばかりですし、かなり印象が悪くなります。あくまでも彼女のペースを優先する懐の深さが重要です。

スタンプも上手に使って

LINEの特徴的な機能のひとつであるスタンプも上手に活用しましょう。スタンプばかりで会話すると友達以上に見られにくくなる可能性はありますが、会話を明るくするにはとても有効です。思わずくすっと笑ってしまうようなスタンプがいくつかあると会話が重くなりそうな時に役立ちます。さらに、上手くツボを掴めばスタンプについての会話で盛り上がれることも。

また、スタンプを使わない人には女性もスタンプを使いにくいものです。スタンプは気軽に返信ができる便利な機能です。女性も使いやすいよう、男性側からも恥ずかしがらずに多少は使っていきましょう。

LINEで会話に困ったときは…

会話に困ったときの裏ワザとしては、相手の好きなことを話題にするのがおすすめです。女性は好きなものについてはおしゃべりしたい生き物。カフェだったり、イベントだったりと相手が興味のありそうなものをさりげなく話題に出すと会話が続きやすくなります。

また、返信をもらいやすい文面としては疑問形を意識するのはやはり有効。Yes・Noなど相手が返答しやすい流れを作れる人は紳士的で、話題も膨らみやすく話していて楽しいという印象を抱きます。LINEを送る前に、自分の文面は返信しやすいのかチェックしてみてくださいね。

明るい話題でLINEアプローチを成功させて

返信が貰えるLINEについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?コツはやっぱり、女性に面倒と思われないこと。気軽に使えるのがLINEのいいところですから、いつでも明るい話題を選んで、女性からも気を楽にしてLINEを送れるような男性でいてください!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター