サムネイル

論理的にいこう!心理学を使った恋愛テクニック♥

心のメカニズムを科学的に解明する「心理学」。そんな心理学を恋愛に利用して、効果的に女性にアプローチをする方法があるんです!そこで今回は、心理学を使った恋愛テクニックを4つピックアップしてご紹介します。確実に気になる女性と距離を縮める方法をここで一気にチェックしましょう。

  • 更新日:

効果絶大!?心理学の恋愛テクニックって…!?

「意中の女性がなかなか振り向いてくれない…」

「好きな人と仲良くなれても恋愛関係に発展しない」

そんなあなたは!「心理学」から恋愛のテクニックを学びませんか?心のメカニズムを解明する「心理学」を利用した恋愛テクニックには科学的根拠がありますし、女性への効果的なアプローチが期待できます。よって、やみくもに女性にアタックしている方、気になる女性にアプローチをしていても手応えを感じられない方は、心理学から恋愛テクニックを学んで確実に女性との距離を縮めましょう!

今回は、心理学の恋愛テクニックを活かしたアプローチ方法を4つピックアップしてご紹介します!恋愛において心理学はどのような効果をもたらしてくれるのか、ここで一気にチェックしましょう。

心理学の恋愛テクニックを活かしたアプローチ法4選

「スリーセット理論」で初期段階から勝負を

まず初めにご紹介するのは、「スリーセット理論」を使った恋愛のテクニックです。スリーセット理論とは人の印象は「3回」会っただけで決まるというもの。つまり、初対面からたったの3回目で女性があなたに抱く印象が固定化されるので、その少ないチャンスの中で女性に好印象を与えなければならないんです!

ここで、スリーセット理論の流れを軽くご紹介します。まず初対面では大雑把に第一印象が決まります。その印象もほとんどが外見から得るもので、ものの数秒で第一印象は決まると言われているんです。そして2回目は、初対面で持った印象を再度判定します。自分が抱いた第一印象は正しかったのかをここでもう一度確認しますので、もしも第一印象に失敗したと感じたら、ここで悪印象を払拭できるよう努力すべきです。さらに3回目では、あなたに対する印象を確認します。ここでほぼ完全に印象は固定化されるので、4回目以降に印象を変えようと思っても不可能に近いと言えます。

つまり、気になる女性と3回以上会っても手応えが感じられない方は、初期段階の印象に失敗している可能性大なんです!よって、無理に女性にアプローチするのではなく、少し距離と時間をおいて再アタックすることをオススメします。

以上より、初対面の女性と会う際には第一印象を大事にして、3回目までに好印象を与えられるように接することが重要なポイント。「これから女性と仲を深めていけばいいか」と思って接していると手遅れになる可能性がありますので、注意してくださいね。

「ゲインロス効果」でギャップ萌えを狙え

次にご紹介するのは、「ゲインロス効果」を使った恋愛テクニックです。これは印象操作の心理術として非常に強力で使いやすいとされているもの。正確には「ゲイン効果」と「ロス効果」をまとめたものとなっています。「ゲイン効果」とは、プラスの評価を与えること、好印象を与えること。一方「ロス効果」とは、マイナスの評価を与えること、悪印象を与えることを指します。つまり、この2つが合わさって「ギャップ」を生み出して、女性を惹きつけることができる恋愛テクニックなんです!

例えば、普段おっとりとした性格で頼りなさそうな男性(ロス効果)がいざという時に男らしさを見せた時(ゲイン効果)。女性はどう感じると思いますか?普段は見ることができない男らしい一面を見たとき、キュンとするんですよ。つまり、ゲインロス効果によって「ギャップ萌え」を狙うことができると言えます。一般的に女性はギャップに弱いので、この恋愛テクニックを使えば好感度アップを狙えること間違いありません。

ゲインロス効果において重要なことは、「自分の隠れた部分をいかに魅力的に演出できるか」ということ。普段は見せない一面をここぞというタイミングでアピールして、女性の心を掴みましょう!

「返報性の原理」で女性を振り向かせて

続いてご紹介するのは、「返報性(へんぽうせい)の原理」を使った恋愛テクニックです。返報性の原理とは何かと言うと、他人から何かしらの施しを受けた際に「お返しをしなきゃ」という感情を抱くこと。この心理は、人間が生まれ持つ義理や人情に近いものだと言えるでしょう。小さな貸しで大きな見返りを求めるビジネスでもよく使われる手法ですが、これは恋愛においても良い効果を発揮できるんです!

恋愛テクニックとして使えるのは、返報性の原理の一種である「好意の返報性」。人から好意を持って親切にされた際に、それ以上の好意や親切を持ってお返しをしようとする心理のことを指します。例えば、バレンタインにチョコを貰ったらホワイトデーにお返しを渡す、これも好意の返報性によるものだと言えます。

恋愛においてこの心理をうまく使うためには、あなたがさりげなくお相手に好意をアピールするのがベストです。そうすると女性は次第にあなたのことを気になり始め、知らず知らずのうちに好意が芽生えるはずです。ただし、常に見返りを求めてこの心理を使うのはNG。「プレゼントを渡したからあなたも俺に贈るべき」というように見返りを求めて好意を与えるのは、図々しいですし女性から嫌われますので要注意ですよ。

「フットインザドア」で女性のOKをゲット

最後にご紹介するのは、「フットインザドア」を使った恋愛テクニックです。これはセールスマンがよく使っている手法で、日本では段階的要請法とも言われているもの。どういったテクニックかというと、まずは小さな要求に相手を承諾させ、最終的には大きな要求(本来の要求)をするというものです。相手に何か要求をしたい時に、単純にお願いをするよりは小さなことから段階を踏んだ方が受け入れてもらいやすいですよね。

ここで、フットインザドアを恋愛でどのように利用できるのかご紹介します。例えばあなたが女性をデートに誘いたい時、そう簡単にはOKされないかと思います。「その日は忙しくて…」と断られるかもしれませんね。しかし、「食事だけならどう?」と小さなことから要求したらどうでしょう。女性は、「お食事だけならいいかな」と、要求を飲んでくれる可能性が高いですよね。この要求を受け入れてくれたら、ついでに買い物も、ドライブも…と大きな要求までOKしてもらえやすくなるんです!

これはほんの一例ですが、恋愛において色々な場面で使えます。ただし使いすぎると女性はあなたに不信感を抱く可能性があるので、ここぞという時に適度に利用するのがうまくいく秘訣ですよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

心理学のテクニックで気になる女性と距離を縮めよう

いかがでしたか?今回は、心理学の恋愛テクニックを活かしたアプローチ方法を一挙ご紹介しました。やみくもに気になる女性にアタックするよりも、心理学を利用して確実に女性を落とすのが賢い方法。女性を落とす自信がない方でも、心理学を使ってアプローチすれば成功の可能性がグンと上がりますよ♡気になるお相手がいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター