サムネイル

もっと聞かせて♡女性がセックス中に聞きたい言葉

あなたはセックスを淡々としていませんか?女性は雰囲気やムードで興奮するものです。淡々としたセックスには興奮しません。今回は女性がセックス中に聞きたい言葉をご紹介します。セックス中になんて声をかけたらいいかわからない方や、効果的な言葉責めを知りたい方は、この記事を読んでぜひ参考にしてみてください。

  • 更新日:

淡々とセックスしてませんか?

あなたはセックスを淡々とやっていませんか?女性は雰囲気やムードを何よりも大切にしますし、雰囲気やムードによってはせっかくの盛り上がりが冷めてしまったりもします。せっかくなら、セックスを盛り上げていきたいですよね?

そこでおすすめなのが、“言葉責め”です。

今回ここでは女性がセックス中に聞きたい言葉をご紹介いたします。セックス中、どのような言葉をかけてあげたら女性は盛り上がるのでしょうか?さっそくみていきましょう!

おすすめの言葉責め

言葉責めでそんなにセックスが変わるの?と疑っている方!言葉攻めには偉大な効力があるんですよ♡と言っても、女性を侮辱したり罵ったりしてはいけません。セックスを盛り上げるために言った言葉で女性を傷付けてしまっては元も子もありません。セックスが中断したり、最悪縁が切れる可能性がありますからね。あくまでも言葉責めは、女性が「恥ずかしい」と思う言葉で責めるように心がけましょう!

「キレイだよ」

この言葉は一見責めていないように見えますが、この言葉を言われ慣れていない女性は大変恥ずかしいです。でも同時にとても嬉しいので、男性・女性共に言葉責め初心者であれば、まずはこの言葉を言ってみてはいかがでしょうか。
セックス中は普段見せないような顔や声を出していることが多いので、その顔や声に対して「キレイだよ」と言われると、恥ずかしいですが自分を受け入れられたような気がして女性は喜びます。

この言葉責めに対して女性は頷くだけで良いので、恥ずかしい単語を言わなくて良いので受け入れやすい言葉責めです。

「俺の目をちゃんと見て」

セックスをするときって、恥ずかしくて部屋の電気を消したり、目をつぶったり顔をそらしたりする女性が多いですよね。そこであなたからあえて、「俺の目をちゃんと見て」と言葉責めしてみましょう。そうすると女性も男性の感じている姿を見ることになりますので、より盛り上がるでしょう。

この言葉責めも「キレイだよ」と同様、女性は目を見つめるだけでよく、恥ずかしい単語を言わなくてよいので、受け入れやすい言葉責めです。少し戸惑いながらも、男性の目を恥ずかしそうに見つめてくれるでしょう。

「どこが気持ちいいの?」

言葉責めに慣れてきたら、次はこの言葉で責めてはいかがでしょう。「どこが」と聞かれているので、女性は恥ずかしいけれど気持ち良いところを言わなければいけません。きっと最初は恥ずかしくて言えないと思います。その時はセックスを中断して、「言わなきゃ気持ちよくできないよ?」などと、さらに優しく言葉責めしてみましょう。きっと恥ずかしそうな顔をしながらも言ってくれるでしょう。もし言えたなら褒めてあげてくださいね♡

「こんなに感じちゃって、いやらしいね」

セックスで乱れることは恥ずかしい、と思っている女性は少なからずいます。そんな控えめな女性に対してこれは効果的な言葉です。
この言葉責めをする時は耳元で囁くのがおすすめ。もし余裕があるのであれば、具体的にいやらしくなっているところを教えてあげてもいいかもしれません。自分ではわかっているけれど、いやらしくなっている部分を改めて言葉にされると女性はより興奮します。

「好きだよ」or「愛してるよ」

最後は定番かもしれませんが、この言葉です。男性でも女性でも、好きな人に「好きだよ」「愛してるよ」と言われたら嬉しいですよね。普段言わないかもしれませんが、セックス中にあえて言葉に出してみてはいかがでしょう。

セックスしているときだと、言葉責めもそうですが、普段言いにくいことも言えたりしますので、それを是非利用してみてください。ただし、あまり感情がこもっていなかったり、もしくはむやみやたらに言ってしまうと、女性は「セックスしたいから言っているのか」と思ってしまうので注意が必要です。

優しい言葉攻めで盛り上がろう!

今回はセックス中に女性が聞きたい言葉をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ポイントは、女性の恥ずかしい!という気持ちをくすぐるような言葉を選んでいくことです。女性は雰囲気やムードで興奮しますので、是非今回ご紹介した言葉を利用してセックスを盛り上げましょう!
まずは女性が受け入れやすい言葉責めから初めていき、段々と段階を踏んでいくと、普段聞けないようなエッチな言葉も聞けるようになるかもしれません♡

くれぐれもセックスは「相手あってこそ」ですので、思いやりの気持ちは忘れないように、愛を深めていってくださいね。

内容について報告する