サムネイル

「セフレじゃなくて彼女になりたい…」メンヘラセフレをかわす方法

身体の関係だけのつもりで便利なセフレをゲットと思っていたのに、いつの間にか本気になられて困っている…なんていう経験はありませんか?メンヘラ気質のある女性などは一度身体の関係を持ってしまうと縁を切るのも大変ですから、セフレに選ばないための見分け方をお伝えします。また、彼女昇格を望んできた場合の交わし方もご紹介します!

  • 更新日:

セフレが欲しかったのに…

セフレとして関係をもった女性が彼女になりたがったり、セフレのつもりがいつの間にか相手が彼女面をしてきたり…そんな経験をしている方も多いかと思います。中には自分に彼女がいるのに、さらにセフレが彼女昇格を望んできて縁が切れない…なんてことも。メンヘラセフレから逃れるには、またそうした女性をセフレに選ばないためにはどうしたらいいのでしょうか?

セフレには向かない?メンヘラ気質とは

メンヘラ、という言葉を最近はよく聞きます。もともとはあまり品の良くない、差別的なものを含むネットスラングでしたが今は割と軽い意味で使われています。他人への執着が強かったり、自分に自信がなく不安を抱えやすかったり、自殺願望を口にすることが多かったり、あるいは重度のかまってちゃんを指す場合などもあり、扱いが面倒な場合が多く気軽な関係を結ぶのは難しいかもしれません。

とはいえ実はメンヘラ女性は落としやすいという説もあったりと、男性はついつい彼女たちに引っかかってしまいやすいものです。気軽に体の関係だけを続けられるセフレを探しているのなら、以下のような見分け方を駆使してメンヘラ女性を選ばないように注意してみてください。

すぐ彼女になりたがる!メンヘラ気質の見分け方

メンヘラ気質かどうかは見た目で判別できない場合も多いです。肉体関係を持ってしまう前に次のようなポイントを探って判断しましょう。まず、メンヘラの特徴として挙げられるのがLINEなどのレスポンスが異様に早いこと。夜中でもすぐ返信がきたり、また相手にもそれを求めるので「ねえ」「なんで無視するの」「寂しい」などとすぐに催促の通知が溜まります。SNSの更新も多いです。

次に、自分に自信がないので深い会話が苦手です。ただ表面上は明るく初対面の人にも親切な場合が多いです。多少仲良くなっても自分のことを話したがらない、上手にかわす人は要注意かもしれません。プラスして、自分を卑下したりマイナス発言が多いとメンヘラ率は急上昇です。手首の傷をみせびらかす素振りがあったり、自殺をほのめかす発言があったらメンヘラ女性と認定してもいいでしょう。

メンヘラ気質の女性といい雰囲気になったら?

メンヘラかもなあと思っても女性には優しくしてしまいますよね。彼女たちは自分に自信がないので少しでも褒めてくれる男性にすぐになつきます。そもそもメンヘラ気質の女性には優しい言葉をかけてしまうのはNGなので注意してください。彼女たちは自分を肯定してしまう人には本気になりやすいですし、自分だけをみてくれると勘違いしやすい傾向にあります。

それでもつい、いけそうだと思って肉体関係を持ってしまうこともあるかもしれません。流されてしまったら、ベッドの中でも不用意に優しくするのはやめておきましょう。あとでお世辞だった、なんて言っても通りません。セフレにしたいのならそれなりの態度を取ってください。

セフレが彼女昇格を望んできたら

彼女にしたいわけじゃない、と思っていても女性が本気になることはあります。そんな時、面倒な女だと思ってしまう人もいるでしょうがあなたも要因でもあるということは自覚してください。男はベッドの中でだけ優しい、というビジネスライクなことができても、女性は感情の生き物なのです。

彼女になりたいと相手が望んだ時点で、セフレの関係を続けるのは大変難しいです。彼女にできないのならすっぱりとセフレという関係ごと切るしかないでしょう。セフレのまま続けたい、というのはあなたの勝手な希望です。次は割り切った関係を続けてくれる相手を探してください。

メンヘラセフレにご注意を

セフレで収まってくれないメンヘラ気質な女性についてご紹介しましたがいかがでしたか?身体だけの関係でいたい、という人は粘着傾向にあるメンヘラ女性を避けられるように気をつけましょう。また、セフレがメンヘラになってきたなという時には優しさを捨てキッパリ関係を立つ勇気ももってみてくださいね。

内容について報告する