サムネイル

セフレってぶっちゃけどうなの?セフレのメリットデメリット

「セフレって実際どうなの?」「本当に単純にセックスを楽しめるだけ?」そんな疑問にお答えします。セフレは曖昧な関係なので、実際にセフレを作ったことがなければセフレを作ることのいい面、悪い面が未知の世界だと思います。今回ここでは“セフレ”という関係においてのメリット・デメリットをお伝えいたします。

  • 更新日:

セフレが欲しいと考えているあなたへ

セフレがいたらいつでも好きなときにセックスを楽しめる!!そう思ってセフレがいたらな〜と考える男性は多いと思います。しかし実際のところはどうなのか。感情のある人間同士でそんなに単純な関係が成り立つのか?気軽に性欲を満たすためだけの都合のいい関係って本当にあるの?と考えている男性もいらっしゃると思います。

ズバリ答えは、【うまくやれればメリットは大きい、でもひとつ間違えれば大きなデメリットがある】といったところでしょうか。そこで今回セフレを作るにあたっての心構えとして、セフレを作るメリット・デメリットをご紹介します!

セフレのメリットとは?

割り切ってセックスを楽しめる

セフレというからには、セックスだけで繋がる関係です。お互いがセックスだけを求めていれば、付き合っている男女のようにケンカ、束縛、不安など、恋愛面におけるマイナス要素を抱えなくていいので、お互いの性欲を満たすためだけの気軽な関係だと言えます。男女関係の最も面倒な部分を省いた楽な関係なので、悩んだり何か考えなければならないようなことはなく、セックスしたいときだけ会ってセックスだけをして帰る、そんな関係を求めている男女にとっては、割り切ってセックスできる相手がいるということでメリットですね。

セックスが途切れない

充実したセックスは男女共にその人の魅力を引き出すことに繋がったり、精神的に穏やかになれるといったメリットがあります。カップルだと別れるという可能性がありますが、完璧に感情を抜きにしたセフレとなら、よっぽどのことがない限り定期的に会ってセックスできます。恋人がいない期間は基本セックスできない期間になりますが、セフレがいれば安定したセックスライフが送れます。

またパートナーとセックスレスだという方も同じく、パートナーとはセックスできなくてもセフレがいればセックス面で自分を満たせます。セフレがいれば、そういえば最近してないな~ということがないので、絶えずセックスのある生活ができるのはメリットだと思います。

すべてをさらけ出したセックスができる

セフレとはお互いに「好き」という感情はないという条件のもと、体のみで成り立つ関係なので、ぶっちゃけどう思われてもいいし、最悪失っても痛くない関係ということになります。なので、相手がどう思うかな?ということを気にせずに思いっきりしたいセックスができます。
好きな女性相手だと、こんなプレイはイヤかな?この体位はつらいかな?などと色んなことを気にしてセックスすると思いますが、セフレとなら相手を気にしないでセックスができるという話はよく聞きます。もちろん相手のあることなので、よほど苦痛に思うような行為はできませんが、お互いにセックスがしたいだけの関係なので、気を遣わずに性欲をむき出しにした、ありのままのセックスができるというメリットがありますね。

セフレのデメリットとは?

関係がこじれることもある

これが一番ありがちなデメリットと言ってもいいでしょう。やはり最初は割り切った関係だと言っていても、セックスという特別な行為で自分の全てをさらけだす相手に対して、いつしか特別な感情を抱くということはむしろ自然な流れだとも思います。セックスを重ねるごとに体だけでは割り切れなくなってきて、相手のことを好きになってしまった…。これが双方同じ気持ちなら何の問題もないですが、どちらか片方だけがこうなってしまうと、セフレという関係は成り立たなくなります。

性病や妊娠のリスク

これは大きなデメリットですね。セックスって本来、きちんと信頼関係が築ける相手とする行為だと思います。セックスは快楽が得られるだけでなく、性病や妊娠のリスクも伴っています。しかしセフレとは体だけの関係なので、会っていない時間に相手がどこで何をしているかなんてお互いに関知しません。そうなると、相手に不特定多数のセフレがいればそこからまわりまわって自分に性病がうつされる可能性もあります。また、万が一女性が妊娠した場合、付き合っている彼女なら責任の取りようがありますが、セフレが妊娠したと言っても責任は取り切れませんよね。

このようにならないためにも、しっかりと性病や妊娠に対する対策をしておくべきですが、何事も100%絶対ということはありません。これはデメリットですね。

大切な人を失う可能性がある

独り身同士のセフレならいいのですが、どちらか片方だけでもパートナーがいる場合、もしセフレとの関係がバレれば本当に大切な存在を失う恐れがあるというデメリットがあります。それがもし婚姻関係のある間柄なら、相手を失うだけでなく社会的立場や経済的な損害も考えられます。セックスというその場限りの快楽のためにこれほど大きなデメリットを背負うのです。パートナーがいる方はセフレなんて考えるのはやめておきましょう。

セフレが欲しいならそれなりの覚悟が必要!

いかがでしたか?セフレには素敵なメリットもありますが、デメリットを考えるとセフレってどうなんだろうと思われた方もいると思います。面倒ではない気楽さがメリットのセフレですが、一歩間違えれば大問題が起こる可能性があるのです。
お互いが大人としての責任をしっかり持ったうえで器用にやれるのであればセフレという関係は楽しめると思いますが…。あなたはセフレとの関係、上手く楽しめそうですか?

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター