サムネイル

セフレ女性を本命にするには?彼女に本気度を示す方法

セフレだったのにいつの間にか本命に…ってこと、あなたにも一度はあると思います。セフレから恋人へと関係を発展させるためにはあなたの気持ちを伝えなければなりません。ずっとセフレだった彼女にあなたの本気の気持ちを示すにはどんな方法が効くのでしょうか…?今回ここでは、女性にあなたの気持ちを勘づかせる有効な方法をお伝えします♡

  • 更新日:

最初はそんなつもりじゃなかったのに…。

特定の相手と何度も肌を重ねていれば、最初は好きじゃなかったのに気付けば本気に…ってことは大いにあり得ます。でも本気になっちゃったのは自分だけ…彼女は自分のことをただのセフレとしてしかみていない。もの気持ち、一体どうすれば…!

そんな状況から一歩前進するために!今回こちらであなたの本気を彼女に伝える方法をご紹介します。セフレのことを好きになってしまったあなたは是非こちらを試してみてください。きっとあなたの本当の気持ちに気付いてもらえるはずです♡

セフレを好きに…そんなときどうする?

セックスせずに帰る

ズバリ、これが一番効くと思います。ずっとセックス目的で会ってきたのだから、セックスしなければ彼女は最初びっくりするかもしれません。あなたから誘っているのにセックスしない日を重ねていけば、あなたが彼女に会いたがるのはセックスが目的ではなくなったのだ、ということが彼女にも伝わると思います。食事だけして帰ったり、キスはするけどそれ以上はしないで帰ったりしてください。

しかし、彼女があなたのことをセフレだとしか認識していないうちはなんでセックスしないの?と不満に思うかもしれません。なので何回かに1回セックスしない日を作るというのでもOKです。それだけでも、これまでは会うたびにセックスしてきたのだから、その変化に彼女はきっとあなたの気持ちを感じるはずです。

好きな彼女を目の前にしてセックスできる状況なのにあえてしないというのはあなたにとって生き地獄かもしれませんが、あなたの本気を伝えるためです!がんばって耐えてくださいね!

しつこいくらいのキス

セフレとはキスしなくていいけど、本命とはキスが大事という女性が多いです。これを考えると、あなたがこれまでよりもキスの回数を増やしたり、一度のキスに時間をかけたりすると、彼女はいつもより多いキスやいつもより濃厚なキスからあなたの気持ちの変化を読み取るでしょう。

好きになると自然と彼女とのキスを大切にすると思います。その思いのままに彼女にキスを迫りましょう♡

軽く嫉妬してみる

ただのセフレだったら別に嫉妬なんてしないですよね。でも好きになると、彼女の周囲の男性の存在が気になりだしたりすると思います。彼女のほうから男性絡みの話題が出たら「それって彼氏?」「そいつ〇〇ちゃんのこと好きなんじゃないの?」と言ってみるのが効果的です。もしそのような話題が出てこなければ、あなたのほうから恋愛ネタをふっちゃいましょう。「〇〇ちゃんってモテそうだしな~」「他の男と遊んでたらちょっとジェラシ~!」なんて冗談ぽく言うだけでも彼女はあれ?って思うでしょう。

内面を褒める

セフレに関しては特に性格を重要視して選ばないと思います。容姿で選ぶ方がほとんでしょう。でも急に性格的なところを褒めてくれたら、彼女は「この人、セックスだけじゃなくて私の性格もちゃんと見てくれてるんだ」って思います。「〇〇ちゃんって気がきくよね」「すごい努力家だよね」「そういう性格好きだなー」などと褒められれば、もしかしてちょっと一歩踏み込んだ視点で私のこと見てるのかな…と感じます♡

なんでもない連絡をする

セフレとはセックスしたいときにだけ連絡すると思います。セックスしたいときに会うために「いつ会える?」という連絡がほとんどでしょう。また「こないだのセックス気持ちよかったね♡」とか、そんなセックスにまつわる連絡のみだったと思います。
そこで、「今なにしてるの?」とか他愛もない会話でありながら彼女の行動を気にしていると分かるような連絡を急にしてみましょう。今までなかった何気ない連絡に彼女はあなたの気持ちを察します。

突然告白はNG!少しずつ距離を縮めていって

いかがでしたか?彼女があなたに対して恋愛感情がまったくないタイミングで、突然好きだ!と告白しても彼女は困るだけだと思います。なので、突然真顔で真剣な告白をすることは避けて、ちょっとずつ「この人私のこと好きなのかな」「なんか今までとちがうな」と感じさせることから始めましょう。そうしているうちに、彼女のほうもあなたへの恋愛感情が芽生えれば、きっと態度に出してくれるはずですよ♡

恋の始まりはなんだって良いんです!目の前の好きな人を自分のものにできるように頑張ってくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター