サムネイル

相性をキスで判定できるって本当?

女性と親密な関係になるにあたって気になってくるのが「相性」。たとえ表面上仲が良く「絶対にこの女性と上手くいくだろう」と思っていても、なんだかんだ相性の良し悪しがその後の二人の関係を左右するでしょう。そこで今回は、「キス」でお相手との相性の良し悪しを判断するポイントを一挙ご紹介します!

  • 更新日:

相性はキスで分かる!?良し悪しを判断するポイントとは

「キス」で相性が分かるというのは有名な話。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか。キスはいつの時代でも変わらず行われるスキンシップであり、私たちの本能的な部分にまで関わってくる行為です。
例えば、キスをする際には急接近するため、相手の匂いをかいで心地よいかどうかを判断しますよね。さらには唾液が口内に入ることから、遺伝子的に近いか遠いか、繁殖能力はどうなのかなど、相性を確かめています。つまり、キスをすることによって本能的な部分からも相性が良いのかどうかが明るみになるんです!

そこで今回は、キスによって相手との相性の良し悪しを判断するポイントを徹底解説します。この他にも占いで相性を診断する方法もありますが、最も具体的に、かつ簡単に判断できるのが「キス」なんです。「気持ちいい相手」と「なんだかしっくりこない相手」の差をどうやって判断するのか、ここで一気にチェックしましょう!

ポイント①キスのタイミングが同じかどうか

まず一つ目のポイントは、「キスのタイミングが同じかどうか」です。キスをする際に、唇を重ねるタイミングや息をするタイミングなど、上手く噛み合えば相性がいいと判断しても良いでしょう。「キスのタイミングは経験やテクニックによって変わるのでは?」と思われるかもしれませんが、タイミングに関しては相性の問題だと思っています。上手い下手の問題ではないんです。お相手に対する気持ちの大きさも、実はこの場合には関係ありません。息をするかのようにピッタリとタイミングが合う、それが相性が良い相手だと言えるでしょう。

実際に、タイミングが合わないと「なんとなく違和感があるな」とか「心地が悪いな」とか思いませんか?それが、相性が悪い証拠です。おそらくキス以外でも、例えば歩幅であったり歩くスピードだったり、エッチ中の行為だったり…そういったものも、「なんとなく合わない」と感じるところがあるのではないかと思います。

ポイント②本当に気持ちがいいか

二つ目のポイントは、「本当に気持ちがいいか」です。これに関してはおそらく皆さんも察していたのではないかと思います。キスをするだけでとろけそうになったり、うっとりとして最中に何も考えられなかったり、相手のことで頭の中がいっぱいになったり。これは単にキスが上手いからではなく、相性がいいからなんですよ。なぜ本当に気持ちいいと感じられるのか、それはキスのタイミングや舌の絡ませ方がお互いに絶妙にマッチしたり、相手の匂いを心地よく感じられたりと、そういった部分が関係します。つまり、総じて「相性がいい」んです。キスだけでも幸せな気持ちになれば、あなたと彼女の相性はバッチリだと思っても良いでしょう。

ちなみに、相性が悪いお相手とのキスに「気持ち悪い」と感じる女性もいます。好意はあるものの、キスが気持ち悪くて体が拒否するようです。もしも皆さんが「なんだか彼女がキスに乗り気ではないな」と感じ取ったら、それは女性が拒んでいることが原因だと言えるでしょう。つまり女性から相性が悪いと思われている証拠なので、関係を見直すのも視野に入れるべきなのかもしれません。

ポイント③違和感がないか

三つ目のポイントは、「違和感がないか」です。実際にある研究では、59パーセントの男性、66パーセントの女性は、キスに何かしらの違和感を感じた場合に、恋愛関係になることができないと発表されています。どうしてそういった事が起こるのかというと、人間はキスをすることによって「自分にとって必要な遺伝子を持つ人かどうか」を本能で判断しているから。つまり、お相手とのキスで違和感を感じるようならば、DNA的に魅力を感じることができていない証拠です。例えばキスをした相手の匂いや味に違和感を感じたら、「この人はダメだよ」というサインを体が反射的に出していると思ってくださいね。

また、キスで違和感を感じる場合にはエッチに対しても違和感を感じる可能性が高いと言えます。実際に「キスでエッチの相性が分かる」とも言われているんです。いざキスをした時になんだか合わない、高揚感が得られないと思った場合には、エッチでも同様に「なんか違う」と思う可能性大です。キスの時点で次の段階まで進むかどうか考えてみても良いかもしれません。体の相性が悪い相手と長く関係を続けられるとは思えませんからね。

ポイント④心地よく感じて長時間キスできるか

四つ目のポイントは、「心地よく感じて長時間キスできるか」です。キスができる長さは、相性の良さを表すバロメーターだと思っていただけると良いでしょう。何度キスを重ねてもその度に途中で気持ちが冷めてしまったり、盛り上がらなかったりと、長時間キスができないようであれば相性が悪いと言えます。たとえあなたが相手のことを愛しているとしてもです。これまでに何度も申し上げたように、私たち人間はキスの相性が悪いを本能的に避けようとしてしまうんです。

セックス抜きでも長いキスを楽しめるような人、それが本当に相性がいい人です。キスのタイミングや顔の角度、唇を重ねる時の強さなどの色々な条件が全てマッチすることによって、ゆったりと長時間キスをすることに対して「苦痛」だと感じないんですね。
ただし、もしかするとそもそもキスが好きな人は、キスに長い時間をかけることに対して抵抗がないかもしれません。あなたがそのタイプだとしたら「長い時間キスをするなんて余裕!」だと思われるかもしれませんが、そんな時はお相手の様子を伺ってください。相性が悪い場合は、お相手もそれを感じ取っています。つまり、女性の気持ちが高まっていなかったり、長時間のキスを拒むような事があれば相性が悪い証拠ですので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

気持ちいいだけはNG!キスで彼女を満足させよう

いかがでしたか?今回は、「キス」でお相手との相性の良し悪しを判断するポイントを徹底解説しました。たとえ気持ち的にはお相手のことを好きだと思っていても、キスはその気持ちが正しいのかどうかを本能的に見抜きます。つまり、キスになぜか違和感を感じる、なんとなく心地が悪い、そう感じた場合には相性が良くない証拠ですので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。きっとあなたが今後女性と関係を持つ際に役に立つはずです。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター