サムネイル

超実践的!不倫がバレないためのテクニックとは?

隠そうとしてもバレる不倫。どうすれば完璧に隠しきれるのか?今回は不倫をバレないように徹底するテクニックをご紹介します。どんなところから不倫がバレるのかを考え、そこを完璧なテクニックで隠しきればまず不倫がバレることはないでしょう。実際に使える【不倫完全隠ぺいマニュアル】をここでお教えいたします。

  • 更新日:

完全にバレない不倫関係を遂行する究極のテクニックとは

どんなところから不倫の尻尾を掴まれるのか、それは不倫をしている人なら誰でも分かるはずです。ではなぜバレる人がいるのか?それは、細心の注意を払わなければいけない場面で「まぁ大丈夫だろう」「これくらいじゃバレないだろう」とつい面倒がるツメの甘さにあります。

偶然不倫現場を発見される以外は、不倫がバレる最初のきっかけはとても些細なことからです。些細なことだからこそ、男性は適当な対処の仕方をしてしまうんですよね。でもそれが最終的にバレる原因なのだから、小さなことこそ手を抜かずに取り扱わなければいけないというわけなのです。今回ここでは、その当たり前のようで男性が怠りがちな部分を完璧に対処するテクニックをお伝えします。

1、残る証拠を作らない・消すこと

LINEやメールのトーク履歴

できれば文字で不倫関係だと分かるやり取りはしない方がいいです。LINEのトーク履歴やメールの送受信履歴を消そうと思っていたけど忘れていたり、スマホやパソコンにロックをかけているから大丈夫だと思い、不倫相手との履歴を残していたらロックを解除され全て見られた、ということはよくある話。

可能であるなら、不倫相手とのやり取りは通話のみにしてください。どうしても無理なら、後で消そうと考えるのはやめて、返信したら即消すというクセをつけましょう。見られて困るものは作らないか、もしくは即消去、これに限ります!

登録する名前

本名で登録してはいけません。もしアドレス帳から不倫相手の女性の名前を知られ怪しまれたとき、いくら仕事関係の…友達の妹で…などと嘘をついても、その本名を元にSNSで不倫相手の女性の正体を突き止められます。「見られても女友達や職場の同僚だと言えば済むし、そのまま登録しておいても大丈夫だろう」というツメの甘さがアウトなのです。

不倫相手の連絡先の名前は必ず男性の名前に変えておきましょう。しかも実際にいる男友達の連絡先のところに追加で不倫相手の連絡先を登録しておくと更に疑われることがないでしょう。ただし不倫相手の女性にかけたつもりが男友達にかかっていたなんてミスも起こりえますので、不倫相手の電話番号の下4桁くらいは覚えておいてくださいね。

レシートやナビの走行履歴

普段から買い物をする度にレシートを受け取り、財布やスマホケース、ポケットなどに入れるクセのある男性は、不倫相手といるときだけでなく、普段からレシートをもらわないクセをつけましょう。クセというのは意識しているつもりでもつい出てしまうものなので、つい見られたら困るようなレシートを受け取ってしまい、後で捨てるつもりだったのに捨てるのを忘れて見られてしまった…ということになりかねません。普段から仕事などの関係でどうしてもレシートが必要だという場合は、普段は仕方ないですが、不倫相手といるときにクセで間違ってもらってしまったレシートは、即捨てるという意識を持つことが重要です。

また。車で不倫相手の女性と出掛けたときにナビを使用するのであれば、ナビの走行履歴や目的地履歴などは帰る前に消しましょう。

プレゼント

誕生日やクリスマス、バレンタインなどのときに、不倫相手の女性からプレゼントをもらうことがあると思います。不倫相手の女性からもらった物は、どんなものであっても妻の目に届くところに持ち帰らないようにしましょう。例えハンカチの1枚でも妻の目に入れないほうがいいのです。「会社の子からもらったと言えば怪しまれないだろう」と安易に持ち帰ると、それが引き金になり、妻が勘づく可能性も大いにあります。

これくらいなら…という油断がバレるもとなのだということを常に頭に入れておき、不倫相手の女性からもらったものは職場で保管するようにしましょう。

2、会うときは必ず二人きりになれる場所で

人目がある場所は避けるべき不倫カップルが、堂々と他人が大勢いるレストランで食事をしていることってよくあります。このお店なら知り合いなんて来ないだろうという根拠もない理由で、安易にそのへんでデートしてはいけません。一緒に車で移動するのも絶対にやめましょう。「万が一誰かに見られても友人や職場の女性だと言えば大丈夫」だなんて思ってはいけません。あなたがいくらそれらしい言い訳をしても嘘にしか聞こえないです。

会うときは必ず二人きりになれる場所を選びましょう。となると、女性が一人暮らしなら女性の自宅。そうでなければホテルになりますよね。しかし女性の自宅も万が一のことを考えると言い訳できない場所なのでできる限り避けてください。そしてホテルもラブホテルでは言い訳できません。ハイクラスなホテルやビジネスホテル、シティホテルを利用することでバレる危険性を回避しましょう。

3、会うときは現地集合現地解散

先程ビジネスホテルなら大丈夫と言いましたが、女性と一緒に入っていくところをもし見られたら…例え場所がビジネスホテルであっても怪しいですよね。会うときは必ず現地集合現地解散を徹底しましょう。このへんなら知り合いなんていないだろうと一緒に歩いているところを発見されたり、ホテルに女性と二人で入っていくところを見られてしまえば、完全にバレます。バレないようにするには、どちらかが先にホテルの部屋に入り、その後で廊下に誰もいないことを確認してもうひとりがあとで部屋に入る、という方法を徹底しましょう。そしてもちろんですが、帰るときも一緒に出てはいけません。ホテルの部屋の中だけが唯一、一緒にいてよい場所だという認識でいてください。

いろんなところに一緒に出掛けたくなると思いますが、多分大丈夫、は絶対ではありませんよ。要注意。

4、家庭の中で変化を作らないこと

妻といるときに、少しでも今までと違った行動を取ることはやめましょう。ダイエットを始めたり、スマホを持ち歩くようになったり、不倫相手の女性のことを思い浮かべてボーっとするのも禁止です。それら全てはバレるもとになりえます。妻がいかに夫の変化に敏感かを甘くみてはいけませんよ。少しでもあれ?と思わせてはいけないのです。

そのためには、不倫をし始めても、家では今までと何も変わらない、それまでの自分を貫くのです。発言や行動、思考、全てにおいてです。出掛ける前に髪型をバッチリきめたくてもやめましょう。今までそんなこと気にしてなかったのになぜ?と思わせてしまいます。
さらに不倫相手の女性のことを考えているときの表情も気を付けて。きっと家では見せたことのない表情になっていますよ。恋をしている夫の表情って妻はすぐに分かります。

妻といるときは不倫をしていなかった頃の自分に切り替えるクセをつければ、あなたの言動からばれることはないです。

気を抜かなければ不倫はほぼバレない

これだけ完璧に徹底すれば、ほぼ妻にバレることはないでしょう。ひとつひとつのテクニックはテクニックというまでもないような、誰でも当たり前に分かる注意するべきポイントだと思います。ですが、分かっていてもバレる人がいるのはツメの甘さが原因です。つい気を抜いてしまい、徹底できないからバレるのです。

不倫がバレないための最も重要なテクニックは、気を抜かないこと。常にバレないように気を抜かず、完璧に注意して行動できる人はまず不倫はバレないでしょう。少しの気の緩みで不倫がバレてしまうということをお忘れなく。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター