サムネイル

自分で開催しちゃう!?彼女欲しい男性による彼女欲しい男性の為のイベント!

彼女が欲しい!でも出会いがない…!そんな時、友達に女性を紹介して貰ったり合コンなど出会いの場に呼んでもらっている方。たまには自分で出会いのイベントを開催しちゃいませんか?自分の得意な企画で集めれば自分好みの女性と出会えるチャンスが広がるかも!?少し大変ですがチャレンジしてみましょう!

  • 更新日:

彼女欲しいのに…出会えていない?

彼女が欲しいなら、友達に紹介をお願いしたり合コンに呼んで貰ったりするのが一般的ですね。でも参加したものの好みの女性がいなかった、あまり女性受けする合コンじゃなかった、彼氏持ちOKのイベントだった…など「なんか違う」と感じたことはありませんか?紹介の場合、上手くお互いに好みだという方を紹介して貰える可能性は低いし、合コンなどのイベントは幹事の技量によって盛り上がるかどうかが変わってくるので、参加する側としては納得いかなくても従わざるを得ません。

それなら思い切って、自分が主催者になってみてはいかがでしょうか?新たな出会いの場を作れば彼女ができる可能性がグンとアップします。ここではそんな機会を作るノウハウをレクチャーしていきます!

どんなテーマで出会いの場を作る?

まずはどういうテーマでイベントをするかを決めましょう。おすすめの企画は季節に沿ったもの。

【春】お花見・ハイキング
【夏】花火大会・海
【秋】紅葉狩り・スポーツ
【冬】鍋パーティー・スキー

他にもBBQなら冬以外ならいつでも盛り上がるイベントだし、季節に合わせていちご狩りやキノコ狩りなどの行楽は意外に女子人気は高いです。遠出するイベントはそれだけ人を集めたり交通手段を考えたりと準備は大変ですが、その分同行する時間が長いので親密になれるチャンスが高まります。

最初は無難な飲み会から始めて、慣れたら次にBBQ→季節のイベントとステップアップするのも良いですね!

どうやって集客する?

集客はイベントにおいて重要なポイントです。いくら楽しい企画を開催しても参加者が少なすぎると盛り上がりません。まずは大体何人前後の人数を集めるのかを想定しておき、友人や同僚に募集要項を決めて声を掛けまくりましょう!

ここでハッキリ情報を伝えておくのが重要です。どこに行くのか、何月何日の何時開始で解散は何時くらいか、何人くらいの集まりか、参加費はいくらか、などです。ただぼんやりと「飲み会あるから来ない?」という感じの誘い方だと女性は乗り気になりません。どういう人が来るのか何時ごろ帰れるのかなどが分からないと、なかなか参加しにくいものなんです。

ここで折角自分で主催するんですから自分の思う最低条件はちゃんと伝えておきましょう。せめて「彼氏持ちはNG」くらいは言っておいても構わないでしょう。あまり細かく年齢制限を設けたり拘束時間が長いと不審に思う女性もいるので、気軽に参加して貰えるように時間は2~3時間くらい。その後希望者のみ二次会というスタイルがよいでしょう。友人に声をかける時はさりげなく自分の女性の好みを伝えるのもお忘れなく!

参加費はどうする?

参加費は鉄則として、女性の負担を少なめにするほど女性の参加者が増える可能性が高まります。女性より男性のほうが体格も大きく基本的に男性のほうが食べる量も飲む量も多くなることが多いですよね。それを割り勘にしてしまうと女性は「集られた」という気持ちになり、折角の楽しいイベントが台無しになってしまうこともあります…。

もし食事する場所が食べ放題・飲み放題のお店だったとしても、参加費が男女同じにするのはあまり印象がよくありません。女性が来てくれてこその出会いのイベントです。女性が気持ちよく参加出来るように女性の金額は少なめに設定しましょう。例えばBBQなら女性は2,000~3,000円くらいまでが無難です。なぜなら女性同士の集まりならこれくらいの金額で美味しい食事ができるからです。これ以上の参加費だと高く感じてしまいます。

遠出のイベントならまた価格設定が変わってきますが、基本的に「男性が多めに持つ」というほうが男性の懐の大きさを感じて好感度が高いです。もし当日予算オーバーしてしまっても女性からは請求しないほうが賢明です。

お手伝いを頼むのもアリ!

イベントを企画する際、メンバーが自分の友達がメインだったり10人以下くらいの人数なら比較的手間はかかりません。しかし友達の友達の友達が来たり、同僚の彼女の友達など自分が直接知らない人達がメインだったり、思っていたよりメンバーが増えてしまうこともあります。更に男性ばかり参加希望者で女性が少ない…BBQの買い出しや準備が大変…など準備に苦労することもあります。

そういう時のために、主催者は自分でもサポートでお手伝いをしてくれる人を確保しておくのがおすすめです。もちろん男性の友達でも良いのですが、折角なので友達などの女性参加者に頼んでみてはいかがでしょうか?準備が楽になるのはもちろん、その女性と連絡を取り合ったり親密になれる可能性もあります。できるだけ社交的で責任感のある女性が良いですね!

彼女が欲しいなら出会いの場を作ろう!

いつも受け身でイベントに参加していては、出会いのチャンスも限られてきてしまいます。たまには自分が主催者になって自分の理想のイベントを開催しましょう!
女性が参加したくなるような、おしゃれなスポットや有名スイーツが食べれるようなアイデアがあればより集客もしやすくなり、盛り上がりますよ♡
参加するメンバーが楽しめるように考えるのも大事ですが、折角自分で主催するんですから自分自身も思いっきり楽しんでくださいね!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター