サムネイル

彼女と一緒に暮らしたい…!同棲のメリット・デメリット

「常に愛する彼女の側にいたい!」と、一途に彼女を愛する男性は「同棲」を考えることもあるでしょう。しかし同棲はいいこと尽くしではなくデメリットももちろんあります。デメリットを事前に理解しておかないと…同棲を始めてから後悔したのでは遅いんです!ここで同棲のメリット・デメリットを学んでおきましょう!

  • 更新日:

彼女との同棲前に知っておきたい!メリット・デメリットを徹底解説

彼女との結婚を考えて「同棲」を視野に入れている方もいると思います。そんな方は、同棲に対してどのようなイメージを抱いていますか?おそらく多くの男性が、彼女と毎日一緒に過ごせる幸せなものだと想像するでしょう。もちろんそれは正しいですし、同棲をすれば今以上に彼女と長い時間一緒に入られて幸せな生活を送ることが出来るのは間違いありません。しかし実際に、同棲は「良いことばかりではない」という事実を受け入れるべきです。

そこで今回は、同棲のメリットとデメリットを徹底解説します!彼女との同棲に一歩踏み出せずに悩んでいる方は、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

同棲の良いところはココ!まずはメリットをチェック

そこでまずは、同棲のメリットを3つピックアップしてご紹介します!同棲をすることで彼女との関係がどう変化するのか、さらには結婚に向けてどんな面がプラスになるのか、ここで一気にチェックしましょう。

彼女と2人で幸せに過ごすことができる

同棲のメリットと言えば、何と言っても「彼女と幸せに過ごせること」だと言えるでしょう。朝起きても就寝前にも彼女が隣にいるというのは非常に喜ばしいこと。愛する彼女が四六時中側にいるのですから、この上ない幸せを感じるのは言うまでもありません。家に帰ったら待ってくれている人がいること、デート後に「バイバイ」をする必要がないことも、同棲を幸せなものだと心から感じられるシーンだと言えます。

さらに嬉しいところが、「部屋に笑いが溢れて生活が豊かになる」というもの。特に一人暮らしを経験した方なら、部屋に誰もいない寂しさや孤独感を知っているはずです。しかし愛する彼女と過ごしたら、その寂しい生活は一変!二人でいると会話が増え、自然と笑顔になり気持ちが明るくなるんです。同棲するだけでハッピーになれるのは非常に喜ばしいことです。

結婚後にギャップを感じにくい

さらに二つ目のメリットは、「結婚後にギャップを感じにくい」というものです。同棲をして一緒に過ごしていれば、次第にお互いの素の姿が見えてくるはず。長い時間一緒にいることで分かってくることが沢山あります。
例えば、家での過ごし方であったり、生活スタイルであったり、家事の得意不得意であったりと、外では分からないような意外な一面が見られるでしょう。それが事前に分かっていれば結婚後にギャップを感じることはありません。結婚しても相手のことが分かっていれば円満に過ごすことができるはずです。

ただし、これには「デメリット」もあります。一緒に過ごして相手のことを深く知ると嫌な部分が見えてくるのは当然です。これに関しては後ほどご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

結婚資金を貯めやすい

三つ目のメリットは、「結婚資金を貯めやすい」というものです。例えば、あなた方カップルがそれぞれ一人暮らしをしていたとします。すると、あなたと彼女は二重に生活費がかかっていますよね。しかし同棲をすればこの問題は解決できます。二人で過ごせば家賃や光熱費、生活費などを折半できますし、結果的には一人一人の負担が減って結婚資金を貯めやすいと言えるでしょう。

実際に、金銭的な理由で同棲をスタートするカップルも多いんだとか。目標をしっかりと持ち、計画的に貯金をしていけば、あっという間に結婚資金が貯まるはずです。そのためにも「同棲してるから負担は半々だし、自然にお金が貯まるだろう」という惰性な気持ちを持たないのがうまくいく秘訣ですよ。

同棲のデメリットもある!事前にチェックして備えよう

次に、彼女との同棲をするにあたって浮き彫りになるデメリットを3つ厳選してご紹介します。同棲から別れに発展するケースも少なくないので、きちんとデメリットを理解した上で同棲は始めるべきです。一緒に過ごすことでどういった障害が生まれるのか、ここでチェックしましょう。

自由な時間がなくなる

一つ目のデメリットは、「自由な時間がなくなる」というものです。特に一人暮らしを経験した方なら尚更でしょうが、同棲をするとなんとなく「窮屈」に感じるケースが多いです。今まで一人だからできたことが、彼女がいるとできなくなる可能性があるんです。
例えば、ゲームをしたり、ネットやTVをみたりなど、今までは一人で気軽にできていたことも制限されるかもしれません。なぜなら、基本的に女性はおしゃべり好きで「彼氏とコミュニケーションを取りたい」という気持ちが強いため、あなたが一人で黙々と何かに取り組んでいる姿を見ると「面白くないな」と思ってしまうからです。

さらに、お相手は彼女とは言っても所詮赤の他人。他人と生活をすると、案外気を遣ってしまい疲れるケースもよく見られます。したがって、同棲をするならばお互いに干渉しすぎず、程よい距離感で過ごすのがうまくいく秘訣だと言えます。

価値観の違いで揉めやすい

二つ目のデメリットは、「価値観の違いで揉めやすい」というものです。先ほどメリットの方で、一緒に過ごして素の一面を知ることによって「結婚後にギャップを感じにくい」とご紹介しました。ただし、お互いの色々な部分を知るということは良いことだけではなく「悪いこと」まで知るということ。もしかすると幻滅するような一面を目の当たりにするかもしれませんし、金銭感覚などの価値観の違いを感じてトラブルを起こす可能性だってあるんです。

実際に、結婚を前提に同棲をしたにも関わらず破局するカップルは多数存在します。恐らくそれは、お互いがお互いに夢を見ていたこと、信頼関係を築いていない状態で同棲を始めたことが原因の一つでしょう。あなたが同棲を考えているのなら、きちんと彼女のことを知った上でスタートした方が円満に続くと言えます。

結婚へのケジメをつけにくい

三つ目のデメリットは、「結婚へのケジメをつけにくい」というものです。同棲をするというのは、実質「結婚をしている」状態の生活とほぼ変わりありません。つまり、結婚への具体的な計画を立てずに同棲を始めた場合はズルズルと結婚を先延ばしにしてしまい、なかなか踏み出せないのです。既に現在二人で幸せに過ごしている状態ですし、現状に満足できているのが原因の一つだと言えるでしょう。さらには、結婚することに対して煩わしさを感じる男性も多く、なかなかケジメをつけられないようです。

実際に同棲を経験したカップルの誰もが、「ズルズルとしない方が良い」と口を揃えて言います。したがって、同棲前にはしっかりと彼女との未来のビジョンを描き、結婚までの計画を立てておくと良いでしょう。いつまでに貯金をする、仕事はどうする、家はどうする、と事細かく決めておくと、後々すれ違いが起こる心配もなく安心です。

メリット・デメリットをきちんと理解して同棲へ踏み出そう

いかがでしたか?今回は、彼女と同棲をすることのメリット・デメリットを徹底解説しました。同棲をするということは、ただ単に「彼女と幸せに過ごせる」というわけではありません。一緒に過ごしていると必ず衝突があるでしょうし、そこから別れに発展するカップルも多いです。もしあなたが今真剣に同棲を考えているのであれば、楽観視するのではなく、デメリットをきちんと受け止めた上で覚悟を決めてくださいね。この記事があなたの参考になれば幸いです。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター