サムネイル

【カップルあるある】倦怠期になりやすい時期と乗り越え方。

カップルを悩ませる「倦怠期」。どんなカップルにも必ず降りかかる、マンネリ化が引き起こすこの期間は別れの原因になるケースも非常に多いため、事前に対処法を理解しておきどうにか乗り越えなければなりません。そこで今回は、倦怠期についてご紹介した上で乗り越え方まで徹底解説します!

  • 更新日:

そもそも「倦怠期」って何?まずは基本をチェックしよう

ラブラブな時期を経て、どんなカップルでもたどり着くのが「倦怠期」。倦怠期とは、付き合いたての頃は毎日が新鮮で刺激的で、何をしても楽しかったのに、いつしか物足りなくなって彼女の嫌なところばかりが目についてしまう…そんな期間のことを言います。この期間を乗り越えられたら今まで以上に愛情が深まるのですが、できなければ別れに繋がるケースも少なくはありません。したがって、この機会に「倦怠期」について正しく知り、対処法まで学んでおきませんか?

そこでまずは、倦怠期になりやすい時期とその具体的な症状をご紹介します!まずはカップルを悩ませる倦怠期の基本をチェックして、いざあなたが迎えた時に対処できるよう、しっかりと理解を深めておきましょう。

倦怠期になりやすい時期はいつ?

倦怠期になりやすい時期として最も知れ渡っているのが「3ヶ月目」。付き合い始めて相手の様々部分が見えるようになり、良い部分も悪い部分も目についてくる時期です。相手に感じていた「違和感」が次第に不満へと変わり、居心地の悪さを感じるのがこのタイミング。すれ違いから別れに繋がるケースも少なくはなく、カップルに立ちはだかる大きな壁だと言えるでしょう。その次が「半年」で、抱え込んでいた不満が爆発する時期。さらに、マンネリ化しやすい「1年目」や、安定しているかと思いきや転機が訪れる可能性のある「3〜4年目」も、危ない時期なので要注意です。

ちなみに倦怠期がいつまで続くかは、カップル次第。1ヶ月程度で終わるカップルがいれば、数ヶ月、1年と長い間続くカップルが存在するのも紛れもない事実です。倦怠期を早く乗り越えたいのなら、しっかりと彼女と話し合い、お互いの不満を解消するのがおすすめです。さらに相手に変化を求めるのではなく、自分が変わる努力をするのも重要なポイントですよ。

具体的な倦怠期の症状って?

倦怠期の原因は主に「慣れ」にあると言えます。パートナーと一緒にいると心が落ち着くという良い「慣れ」の部分もありますが、そのような安心感を感じるのではなく、悪い方向に作用した「慣れ」が引き起こすのがこの倦怠期。この期間に突入した場合には、一体どのような症状が見られるのでしょうか。カップルの倦怠期の初期症状をいくつかご紹介します。

・連絡を取るのが面倒になる
・他の異性に目がいく
・パートナーへの不安が募る
・会話が弾まない
・会う頻度が減る

これらの症状が現れたら、倦怠期は目前だと言っても過言ではありません。さらに彼女と一緒にいてもドキドキしなかったり、些細なことでも喧嘩になったり、セックスさえ苦痛になってしまった場合は、れっきとした倦怠期だと言えます。しっかりと頭の中を整理して、気持ちに余裕を持って倦怠期を乗り越えましょう。

カップル必見!倦怠期の乗り越え方を徹底解説します!

どんなに仲が良いカップルでも倦怠期は避けられないものであって、必ず一度は経験します。つまり、倦怠期を迎えないための努力をするのではなく、いざ迎えた時のために対処法をきちんと理解しおくのが得策だと言えるでしょう。
そこで次に、カップルの倦怠期の乗り越え方を徹底解説します!お互いの気持ちが離れつつあるこの期間に、どうすれば新鮮な気持ちを取り戻して愛情を深めることができるのか、気になる解決策をここで一気にチェックしましょう。

解決法①一旦距離を置いてみる

一つ目は、「一旦距離を置いてみる」というものです。この期間を「冷却期間」と呼ぶのですが、2人の関係を冷静に考える機会にうってつけ!物理的な距離を置くことにより、現在の関係を感情論抜きで客観的に考えることができるため、関係を見直すのに非常に有効な手だと言えます。彼女に対する気持ちが限界に達してしまった時には、一旦この冷却期間を設けて気持ちを整理しましょう。「あれがダメだったな」「もう少し態度を改めよう」と、あなた自身の落ち度にも気付くことができるはずです。さらに、離れることによってパートナーの存在の大切さをひしひしと感じることができるのでおすすめですよ。

ただしこの冷却期間ですが、場合によっては「別れ」に直結することもあるので要注意です。距離を置いてそのままフェードアウトしてしまい自然消滅するカップルも少なくはありません。したがって、パートナーとある程度絆を深め信頼し合っているカップルなら問題ありませんが、付き合いたてのカップルは十分に気を付けてください。他の異性に目移りをしてそのまま別れに発展するケースも考えられます。

解決法②マンネリ化を解消する

二つ目は、「マンネリ化を解消する」というものです。先ほども軽くご説明したように、倦怠期はマンネリ化から発展するケースが多いと言えます。付き合いたての頃は毎日刺激的で楽しかったのに、慣れてしまったら新鮮な気持ちを忘れてしまい、なんだか物足りなく感じる。これが倦怠期を引き起こす根本的な原因です。そこで、倦怠期を迎えてしまったのなら積極的にマンネリ化を解消できるよう努めましょう。

そこでまずは、彼女との生活に変化をつけましょう。あなたが彼女の代わりに家事をしてみる、という風に簡単なことでも問題ありません。毎日同じことの繰り返しでは飽きてしまうのは当然です。いつまでも新鮮な気持ちでいられるように生活に変化をつけましょう。他にもいつもとは違うデートをしてみるのも良いですね。
さらに、スキンシップもマンネリ化を解消するのに重要な要素です。倦怠期にはおそらくどんなカップルもスキンシップの回数が減っているはずです。もしかするとあなたの彼女もスキンシップを取ることを嫌がるかもしれませんが、手を握る、ハグをする、といった簡単なことでも良いので、ぜひこの機会に積極的にスキンシップを行なってみてください。さらにこの時、「あなたのことが大切だよ」と愛情を言葉にして伝えると効果絶大です。きっと彼女は付き合った当時の新鮮な気持ちを思い出すことができるでしょう。

解決法③感謝の気持ちを口に出す

三つ目は、「感謝の気持ちを口に出す」というものです。倦怠期にはお互いにイライラとした気持ちが募ってしまい、感謝の気持ちを伝えることができていないカップルが多いです。さらに付き合いが長いと、何でもかんでも「されて当たり前」と感じるようになっているため、「感謝」という行為自体をしなくなった人もいらっしゃるはずです。
そこで倦怠期には、何気ないことに対してでも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみてください!お互いに良好な関係を築くにあたって、この行為は何よりも重要だと言っても過言ではありません。一緒にいることが当たり前になった今、「されて当たり前」という怠惰な気持ちは捨てて、ぜひ感謝の気持ちを口に出すことを心がけてくださいね。

もちろん、「ごめんね」と言葉に出して伝えるのも大切です。「親しき仲にも礼儀あり」というように、反省の気持ちを口に出すのは長続きするための絶対条件だと言えるでしょう。倦怠期には喧嘩の回数が増えるかと思いますが、どんなに感情的になっていてもきちんと謝罪してください。そうすると喧嘩を気持ちよく終わらせることができますし、冷静になったその時、きっと倦怠期を乗り越えることができるはずです。

倦怠期を乗り越えて彼女との愛情を育もう

いかがでしたか?今回は、どんなカップルも必ず一度は経験する「倦怠期」の基本から乗り越え方まで徹底解説しました。いざあなたが倦怠期を迎えた際に、きちんと気付き、うまく対処できれば彼女との絆はより一層深まります。しかしそれができなければ…残念ながら別れを迎えることとなるかもしれません。
いざという時にしっかりと正しい振る舞いできるよう、ここで学んだ対処法を頭の片隅に入れておいてくださいね。あなたと彼女が長続きすることを願っています。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター