サムネイル

あなたはいくつ当てはまる?セフレを作りがちな男性の特徴

セフレを作る男性にはいくつかの特徴があります。「セフレなんていなくても彼女がいればいい」「セフレがいたらいたでいいけど、別に無理して作ろうとも思わない」という男性がいる中で、積極的にセフレを作ろうとする男性っていますよね。そんなセフレを欲する男性の特徴をこちらでご紹介します。あなたはセフレ欲しい派…?

  • 更新日:

セフレがいるのが当たり前な男性って…

あなたは現在、セフレがいますか?過去にいたことがあったり、今もセフレがいるという男性は、なぜセフレを作ったのでしょうか?「そんなのやりたいときにセックスしたいからに決まってる!」と思うかもしれませんが、セフレを作る男性って、好きなときにセックスがしたいからということだけでなく、性格的な特徴がいくつかあるんです。性欲には個人差がありますが、性欲の強い弱いだけでないんですよね。

男性なら誰だってセフレが欲しい、というわけではありません。何のリスクもなく簡単にタイプの女性とセフレになれると言われたら誰だってセフレになると思いますが、女性を落とすために使うお金や時間、もし女性に本気になられてしまったときのリスクなどを考えるとわざわざセフレを作ろうとは思わないという男性もいるのです。そこで、今回ここでは自らセフレになれそうな女性を探して口説いてセフレにするような、積極的にセフレを作る男性とはどんな男性なのか、セフレを作る男性の内面的な特徴をお伝えしたいと思います。あなたにも当てはまる要素があるかも?

セフレが欲しい!セフレを求める男性の特徴とは?

常に女性にモテていたい

モテて悪い気のする男性はいないと思いますが、別に自分の好きな人だけにモテていればいいと思う男性がいる一方で、不特定多数の女性にいつもモテていたいと思っている男性もいます。そういう男性はいろんな女性にいい顔をして、あたかも本気で好意があるかのように接して女性を口説き落とし、セフレにするのです。そしていろんな女性が自分に好意を持っている状況に満足するのです。

中にはそれを見抜いて女性側も割り切ってセフレとして付き合いをすることもありますが、女性にはセフレだと思っているとは言わずに本気で好きかのような態度を取るので、それを真に受けてしまい真剣に好きになってしまう女性もいます。そうなるとタチの悪い男になっちゃいます。

恋愛とセックスが常に必要

食事や睡眠と同じレベルで、恋愛やセックスを必要としている男性がいます。長い間恋愛やセックスしないと男として廃ってしまうと思っているのです。彼女がいなければひとりエッチで処理したり風俗に行ったりする男性もいますが、このタイプの男性はひとりエッチは邪道だと思っており、女性の体相手にセックスすることを必要としています。

セックスだけしたければ風俗に行けばいいのですが、お金を払ってしてもらうのでは恋愛関係とは言えません。あくまでも素人の女性相手に自分の力で口説いて疑似恋愛でもいいので恋愛を絡めたセックスがしたいのです。その過程も含めて、本命がいない期間はセフレという関係の女性を求めるのです。

ストレートにモノが言える

セックスしたいと思ったときにストレートに「セックスしよ」「セフレになって」と言える男性は常にセフレがいます。実は意外と、シンプルなこの言葉を言えない男性がほとんどだと思います。でもこのタイプの男性はそのままストレートに言える性格なので得なんです。

そんな唐突に「セフレになろう」と言って女性がOKするはずがない、そんなことを言ってどう思われるか分からない、と思うからこれが言えないのだと思いますが、ストレートに言われてすんなりOKできる女性が意外といるのです。だからストレートに言える男性は、そうでない男性よりも簡単にセフレができるのです。常にセフレがいるという状況を簡単に作れるんですね。

寂しがり屋

彼氏がいなくて好きな人もいないとき、それでも寂しいからセフレを作って寂しさを紛らわせる女性がいますが、男性にもこのタイプが存在します。彼女もいなくて好きな人もいない、また、失恋して傷心中という状況で、それを仕事や趣味や友人と過ごすことで紛らわせられない男性は、とりあえず誰でもいいからセフレを作ってひとりの時間を補うのです。

寂しがり屋の人は、目の前の異性に特に好意がなくてもつい寂しさから誘ってしまったり、誘われれば流されてしまいます。特に好きでもタイプでもない相手であっても、とりあえず誰かと肌と肌のスキンシップをすれば寂しさが紛れると思いセフレを作ってしのいでいるのです。

女性を性欲のはけ口としてみている

本気で好きになった女性以外は誰でも性欲のはけ口だと思ってみている男性がいます。女性からするとこんなの鬼畜ですが、これに流されてしまう女性がいることからセフレができてしまうのです。セフレであっても相手はひとりの人間でひとりの女性。しかしこういう男性はそんな考えは一切なく、女性をもののように自分の都合だけで扱ってしまいます。

人間としての感情が欠けているというか、冷たいというか…どこか冷めているので、その気のない女性相手でも強引に誘ったりします。相手の女性の感情なんておかまいなしに自分がしたいと思ったら女性に迫る、最悪なタイプの男性です。

女性を騙してセフレにするのはダメ!

女性側も納得して割り切ってセフレになっているのなら何の問題もありませんが、好きだと嘘をついてセフレにしようとしたり、相手の女性の自分へ好意を悪用してセフレにしたりするのは絶対にやめましょう。女性を傷つけるのはもちろんダメですし、男性自身も揉めたりしてややこしい事態になりかねません。

セフレがいたことがなくても、今回この記事を読んでセフレを求める男性の特徴に心当たりがあった男性は、作り方が分からないだけで実はものすごくセフレが欲しいのかも…?セフレを作ること自体は悪いことではありませんが、相手の女性の気持ちの確認をちゃんとしてから、同意のもとセフレになるようにしてくださいね!

内容について報告する