サムネイル

アラサー女子が解説!30代のセックスの頻度事情とは?

あなたはどれくらいの頻度でセックスしていますか?性欲は年齢や体力、環境によって変化しますが、30代のセックスの頻度は平均するとどれくらいなのでしょうか。またあなたのパートナーは今のセックスの頻度に満足しているのか、気になりませんか?今回は、アラサー女子のセックスの頻度にまつわるあれこれを解説したいと思います!

  • 更新日:

30代の理想と現実のセックス頻度の差

30代と言っても、男性と女性、既婚か未婚、子持ちか子なしかで、セックスへの意欲には差があると思います。しかし調べていると、本当はもっとしたいけどセックスをする機会が少ない、実はそんなにしたくないのに仕方なくセックスしているという声が多く、30代では男女ともに、現状のセックスの頻度に満足できていない人がたくさんいるのだと感じました。

あなたは今のセックスの頻度に満足していますか?アラサー女子はどれくらいの頻度でセックスしたいと思っているのでしょうか。30代のセックスの頻度はどれくらいなのか、パートナーとのセックスの頻度に満足しているのか、男性と女性のセックスの頻度に対する理想の差や、アラサー女子のセックスに対する本音など、30代のセックスの頻度事情をここでお伝えしたいと思います。

アラサー女子が徹底解説 30代のセックス頻度事情!

30代の男女のセックスの頻度は月に何回?

性別や環境など様々な30代の男女に聞いたセックスの1カ月の平均頻度は…

1位 3回
2位 2回
3位 4回

ただし対象を既婚者にしぼってみると…

1位 1回
2位 半年以上してない
3位 2週間に1回

となります。結婚して夫婦になると大幅に回数が減るんですね。これは同じ30代であっても、結婚して相手を異性として見れなくなったという理由や、子供が産まれてそれどころではなくなった、する時間がない、という理由からです。

ただ独身の30代であっても、20代の頃と比べるとやはり体力の面で回数が減るという結果が出ています。仕事で疲れていてする気になれない、寝てしまう、という意見は30代の男女共通の意見です。10代や20代の頃よりもセックスに対してガツガツしなくなることや、体力の低下が原因でもあるのでしょう。

30代男女は今の頻度に満足しているのか?

セックスしたくない、面倒だと思っている人の中には、相手への義務感から仕方なくセックスに応じている人もいます。反対に、もっとセックスしたいのに相手がなかなかその気にならないからできない!という人もいます。完全に今のセックスの頻度に満足している30代は少なそうです。そう考えると、1カ月の平均回数の数字だけでは満足度は計れないということですよね。

じゃあパートナーとのセックスへの理想頻度がほぼ一致していれば問題ないかというと、それもそうではないようで…タイミングの問題ですね。お互いのしたいタイミングが合わないと、したくないのにムリをしてセックスに応じている人がいたり、逆にしたいときに相手が疲れた疲れたと言って寝てしまう…寂しい、と言った感情を抱えることもあるようです。これがたまになら問題にはならないですが、頻繁に起こると問題ですよね。

30代のセックスレス問題と、その裏にある不倫問題

30代のセックスの頻度について、最も大きな問題はやはり”セックスレス”です。結婚していないカップルでも、付き合いが長くなったり同棲してしばらくすると、セックスレスに陥っているカップルがいるとのこと。結婚して子供ができれば更にセックスレスになる男女の数はグンと増えます。これは放っておいてはいけない大きな問題かと思います。

セックスがなくても仲良くしている男女がいるのは確かですが、その裏でパートナーと満たし合えない性欲を満たすために、別の相手と体の関係を持つ人が増えているのです。仲が悪ければ更に外で性欲解消する男女の数は増えます。最近不倫する人が増えている背景にはこのセックスレス問題が絡んでいると言われています。確かに、セックスしたいのに何らかの理由でできないとなれば、外で相手を探す人が増えるでしょう。

じゃあどうやったらセックスレスにならないのか?

セックスレスを防ぐには、なる前からセックスレスにならないように意識することがとても大切です。好きだから大丈夫!うちはセックスレスにはならない!と思っていたカップルがたくさんセックスレスになっているんですよ。今の相手との関係性、自分達を取り巻く環境はずっと同じではなく変化します。変化したときに特に意識していないと、気づけばセックスレスに!ということになってしまうのです。では、どうやって防げばいいのでしょうか?

セックスに対して主体的に

セックスレスにならないためには、まずお互いが性に対して積極的に主体的になることが大切です。それには自分が気持ちいいことを知ってもらう、相手が気持ちいいことを知ろうとすることが重要です。気持ちよければ自然としたくなりますよね。

恥じらいを捨てないこと

また付き合いが長くなっても、恥じらいを忘れないことが大切です。お風呂あがりに裸で相手の前に現れたり、平気でおならやげっぷをしてはいけません。性の対象として見にくくなってしまうからです。

外見を磨く努力も大切

そしていつまでもお互いが男性として、女性として自分磨きを忘れずにいることもセックスレス防止に大きく影響します。出会った頃の新鮮さをそのまま持続させるのは難しいですが、できるだけ自分を異性として見てもらうために、相手を異性として魅力的に感じるために、お互いに外見を磨き続ける努力をすることはとても大切です。

セックスする時間を意識的に作る

それから、セックスする時間を取るのが難しい状況では、意識してその時間を優先的に確保する日を定期的に作ることがとても重要です。それだけセックスという行為を大切に思っていなければいけないということです。

これらの努力は一人ではできません。パートナーとセックスについてちゃんと話せる関係でいることで、セックスレスを防止するためにはどうしていけばいいか、お互いに何をしていくべきかという考えを共有していくことで、きっとセックスレスは阻止できますよ。

もっとセックスしよう!

日本は、世界1のセックスレス大国だと言われています。そしてそれに比例するかのように不倫大国だとも言われています。これは非常に不名誉なことですよね。もっとセックスの頻度を増やして楽しんで、いつまでも愛し合う幸せなカップルが増えれば、もっと日本人の幸福度はアップするのでは?と思います。

セックスすると良いことがたくさん!まずスキンシップによって相手を思いやる気持ちが高まり、相手からの愛情も感じられるというメリットや、他にも免疫力がアップし健康的にも良いことや、精神的に前向きになれるといったメリットまであるんです。

もちろん性欲には差があるので、無理にたくさんすればいいということではないですが、セックスを良いものだと思えれば自然にしたくなるのではないでしょうか。30代になると性欲とは別に仕事や家庭のことで体力的に疲れている日が増えたり、なかなか20代の頃のようにいつでも元気にセックスができるという状況ではないかもしれませんが、意識してパートナーとのセックスを楽しむことで二人の関係が円満に保たれるのであれば、これはもっとセックスの頻度を増やして楽しむべきかもしれません!一度パートナーとこちらの記事を一緒に読みながら話し合ってみませんか?

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター