サムネイル

彼女が「付き合ってよかったな」と思った、ほっこりエピソード♡

付き合っていると、喧嘩したり、二人でどこかに行ったり、食事をしたりと、日常の中でいろいろな事がありますよね。そんな中で女性はふと「この人と付き合ってよかったな」と思う瞬間があります。それは一体どんな瞬間なのか?実際のエピソードとともにここでご紹介していきますので、ぜひご覧くださいませ。

  • 更新日:

この人と付き合って良かった♡

付き合っていると、ふとした時「この人と付き合って良かったな〜♡」と思う瞬間があります。それは口には出さないけれど、確かに彼女の胸の中にある本当の気持ちでなのです。そこで今回は、彼女が彼と付き合っていて良かったと思った瞬間エピソードを3つご紹介していきたと思いますので、ぜひご覧くださいませ。

二人のほっこりエピソードご紹介♡

エピソード①彼の愛のカタチ

彼とのほっこりエピソード一つ目。普段から言葉足らずの彼は「好き」なんて言葉は全く言ってくれないし、「愛してる」なんて言葉は一度も口にしてくれない人でした。もし言ってくれるとすれば、それは「好き?」と聞いたときだけ。それも返事は「うん」という肯定文。
そんなある日、私は思いもしなかった病気をしてしまったのです。一か月間意識がなかった私が退院すると、周りのいろいろな人が口をそろえて「とても愛されてるんだね」と言いました。なんの事か分からなかった私は、母に皆からそう言われていると話すと、しみじみとしながら母は彼のことを話してくれました。

入院で意識がなかった私は、当然彼の記憶もなければ、来ているかどうかも分かりませんでした。しかし彼は毎日病室にきてくれていたとの事。彼の仕事のシフトを遅番に変えて、朝から仕事までの時間はずっと病院に来ていてくれていたそうなんです。目を覚まさない私のそばに、ただただ居てくれたということを聞かされたのです。
口では愛情を伝えてくれない彼が、こうして私の知らないところで愛情を届けてくれたんだと言うことを母に聞いて、初めて彼の愛のカタチを知ることができました。

エピソード②喧嘩をしてても……

二つ目のエピソードです。ある日彼の部屋にお泊りをしていたけど、些細な事で喧嘩をしてしまいました。冷静になってみると、理由は本当にどうでもいいことなのに、「ごめんなさい」の一言が二人とも言えなくて、せっかくのお泊りなのに別々の部屋で寝る羽目に……。
その夜、私は急に腹痛に襲われました。しかし喧嘩の真っ最中なので部屋は別々だし、彼に声を出して「助けて」と言う言葉を求めるのもできませんでした。でもどんどんお腹は痛くなっていくし、耐え切れず布団の中で泣いていると、別の部屋にいたはずの彼が突然布団をめくり、私に「大丈夫か?」と心配そうな顔で言いました。今の状態を話すと彼は一切迷いのない行動で私を抱き上げ、そのまま病院に連れて行ってくれました。その間、車の中で何度も何度も「大丈夫か、もうすぐ着くからな」と言葉を切らさずに励ましてくれました。
病状が落ち着きベットから彼の顔を見てみると、とてもやさしい顔で「ここに居るからゆっくり寝ていいよ」と頭を撫でてくれました。

喧嘩をしていたはずの彼の行動に、私は安心して眠ることができたのです。その時、この人と付き合っていて本当に良かったと思いました。

エピソード③出来損ない料理でも美味しいと言ってくれた彼

最後のエピソードです。私がまだ料理が得意じゃなかったころ、私の家でデートをすることになりました。チキンカツと肉じゃがを作り、彼は美味しそうに食べてくれました。そして彼が帰った後、私は実家暮らしだったので仕事から帰ってきた母がお腹を空かせて帰ってきて、帰るなり私の作った料理を上機嫌でパクリ。そして盛大に顔をしかめたのです。「あんたこれちゃんと味見したの?」慌てて食べてみると…確かに味が染みてないどころか、煮えてもいませんでした。それどころかチキンカツにも火がきちんと入っていませんでした。「鳥肉はちゃんと火が通ってないとお腹壊しちゃうよ」という母の声を聞き、私は真っ青になりながら彼に連絡をして、すぐ料理のことを謝りました。すると彼の口からは「美味しかった」の言葉が出てきました。

「確かに料理の出来はいまいちで、火加減も調節できていなかったけど、「俺のために作ってくれた」って言う思いが嬉しかったから、どんな料理でも美味しいんだと」と彼が言ってくれた瞬間、あぁ、この人で良かったなと思いました。

まとめ

いかがでしたか?今回は、彼と一緒にいて本当に良かったと女性が思った瞬間のエピソードを3つご紹介しました。付き合っていると二人には良くも悪くもいろんなことがありますよね。喧嘩したり、笑ったり、女性は大好きな彼のために苦手だった料理にも挑戦したり。それのどれもが二人の思い出になって、彼女の心には残っていきます。
その一つ一つの出来事を通して、女性は「この人で良かったな」と思う瞬間を蓄積していきます。あなたもぜひ、彼女と二人でほっこりするような思い出を作っていってくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター