サムネイル

【熟女好き必見!】熟女の落とし方はコレだ!!!

熟女好きの男性の皆さん必見。熟女に特化した落とし方をこちらでご紹介します♡世間が熟女だと思っている年齢はアラフォー世代の女性。アラフォー世代の熟女が言われて嬉しいこと、熟女が求める理想の男性像、熟女の恋愛心理などなど、どうすれば熟女をうまく口説いて落とすことができるのかを詳しく解説いたします!

  • 更新日:

熟女を落とすには熟女を知る

熟女を落としたければ、熟女と言われるアラフォー世代の女性のことをよく知ることから始めましょう。独身のアラフォー世代の女性は、自由を満喫しながらも孤独を抱えている女性が多いです。独身の期間が長いと自分の過ごしやすいライフスタイルが確立されているので、プライベートで他人のペースに合わせる必要がなく、自由に自分の生きたいように生きています。同じ独身女性でも、アラサー世代の婚活に勤しむ女性とはちがい、結婚に焦っているわけでもないのです。

アラフォー世代の女性はそんな自由な生き方を満喫する一方で、このまま結婚に縁がなければ老後はひとりなのだろうか…といった不安を感じて孤独になる日も…。まわりの友達が結婚して子供のいる女性が多かったりすると尚更そんなことを考えて寂しく感じる日もあります。そんな自由と孤独の狭間で葛藤するアラフォー世代の女性を落とすにはどうすればいいのか、さっそくみていきましょう♡

熟女はどうやって口説く?成功する熟女の落とし方とは

母性をくすぐる

女性に備わっている母性は、年齢が上がれば上がるほど増していくと言われています。可愛い!守ってあげたい!そんなふうに思わせて熟女の母性をくすぐりましょう。
では、熟女はどんな男性の姿に母性をくすぐられるのでしょうか?背伸びをしてかっこつける、これをアラサー世代の女性はいい格好しいだと思いますが、熟女となるとそれすら可愛い、となります。不器用ささえも母性をくすぐるんですよね。また素直にストレートに気持ちを伝える、これも母性をくすぐります。

またアラサー世代からは「現実を見て欲しい」と言われそうな男性が、夢を追いかけてがむしゃらにがんばる姿も、熟女世代になると地に足のついた安定した生活をしている女性が多いので、なりふり構わず夢を追いかける姿は少年のように見えて可愛い!応援したい!と思うのです。

癒しの存在となる

年齢と共に体力の衰えを感じるのは、どんなに若くハツラツとして見える熟女でも避けられない現実です。また、職場でのストレスや将来への不安など、熟女はメンタル面でも疲れを感じることが多々あります。強く見えても実は疲れているのです。
そこに癒しの存在となってくれる男性が現れたら、たまには寄りかかりたくなるのです。自立した強い女という肩書を背負う熟女こそ、たまには弱音を吐いたり本音で寄りかかれる男性の存在を必要としています。

熟女相手だからと甘えたり頼ってばかりではいけません。熟女が素で”女の子”に戻れる空間を作ってあげられる男性は、熟女が手放したくないと思う大切な存在となるでしょう。手料理を作ってあげたり、最近何か悩みはない?と声をかけてあげたり、是非癒して労ってあげてくださいね。きっと熟女のハートを鷲掴みできるはずです。

いざというとき頼れる存在になる

いざというときに頼れる存在、女性はいくつになってもこういう男性の存在を必要としています。特に熟女の場合、しっかりしていてなんでもひとりでできそう、ひとりで生きていけそう、強そうというイメージを持たれがちですが、家電が壊れたという些細なトラブルから、地震のときや体調を崩して大変なときなど、熟女こそ頼れる男性がいたらいいのになと強く感じています。

助けを求めたらすぐに駆け付けてくれる男性がいる、この安心感はとても大きいです。何かあったらいつでも呼んでね、と言ってくれる男性がいると精神的にかなり救いになります。怖い夢を見てひとりで深夜に目が覚めた…男性からするとこんなのすごく小さな出来事かもしれませんが、女性はそんなときに電話で声を聞ける相手がいるだけでほっとしてまた眠れたりするものです。いざというときにすぐに頼れる男性でいてあげてください。

自信を与える

年齢を重ねて熟女と言われる年齢になっても、若い女性に負けないくらいに美しくて艶のあるアラフォー世代の女性は一見自信に満ち溢れているように見えますよね。ですがどんなに美を追求して努力しても、年齢に勝てない部分があることを熟女は密かに感じています。それは年下男性を前にすると特に痛感してしまうのです。

そこで熟女を落とすときは自然に褒めることが必要です。取ってつけたような褒め方をすると、私がこの年齢だから気を使ってるんだ…お世辞だな…と逆にへこませてしまうことにもなりかねません。本当に自然な言い方で、本心から褒めてください。褒めて自信をつけさせてくれる男性がいると、女性として生きる希望にすらなります。それくらい女としてずっと美しく咲いていたいと熟女は毎日思っているのです。

甘え過ぎないこと

相手が経済力のある熟女だからといって、金銭的に甘えすぎてはいけません。経済力のある女性こそ、ヒモ狙ってる?お金をアテにしてるの?と警戒します。また経験豊富な熟女だからといって、いつもいつも甘えて愚痴ばかりこぼしたり常に頼ってばかりの態度では熟女は愛想を尽かしてしまいます。

先程母性をくすぐるために甘えたりするといいとお伝えしましたが、そればかりではダメなのです。バランスが大切。可愛いけど頼れる男性、甘えてくるのも可愛いけど自分も甘えさせてくれる男性、こうでないと熟女は落ちません。熟女好きな男性や年上好きの男性の中には、一方的に甘えさせてもらえると思って熟女や年上女性を狙っている男性がいますが、これは大きなまちがいです。熟女だからといって寄りかかりすぎると嫌われてしまいますよ。

急に生活に入り込みすぎないこと

熟女世代の女性は、独身期間が長いことから自分の生活のリズムやスタイルが確立されています。なので好意のある男性であっても、それを壊さんばかりにズカズカと生活に入り込んでくる男性は嫌がられます。
毎日の過ごし方から家事の仕方、趣味の時間やひとりの時間など、熟女は自分なりに毎日が充実するライフスタイルを何年もかけて探って見つけて手にしています。それを邪魔しないように、熟女の空いている時間を狙って連絡を入れたりデートに誘うようにしましょう。またライフスタイルについてこれはこうしたほうがいいとか、こんなことしてるのとか、熟女の生活を否定するようなことは言わないでおきましょう。私には私のやり方があるのに…と面倒に思われてしまいます。熟女のライフスタイルを優先したお付き合いをすると熟女も楽にあなたを受け入れられるようになりますよ。

熟女の生態を把握しておけばあなたも熟女キラーになれます♡

熟女ならではの落ち着いた雰囲気、色気、そんなオトナの女性の魅力に気付いて熟女にハマった男性は、熟女に甘えたい、癒されたいと思いがちですが、男性側もそうさせてあげる必要があることを忘れてはいけません。また独身熟女を寂しい女だと思ってそこに付け込もうとする男性もいますが、そんな風に思っていては熟女のプライドを傷つけて嫌われるだけです。熟女相手だからこそ、精神的に自立した男性でないと頼りなさすぎて恋愛対象にしてもらえないです。
甘える部分と甘えさせる部分、このバランスを絶妙に演出できる男性が熟女好みの男性なのです♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター