サムネイル

モテる男がやっている♡LINEだけで好感度を爆アゲする方法

好感度をスマホ1つであげられる…!?そんなラクなことないですよね。LINEの返信内容はとても大切な恋愛の要素です。女性は意外とLINEの隅々まで見ていますので、気になる女性には少し意識して返信をしたいですよね。ここでは女性との関係を大切にするために、LINEの返信の好感度を上げる方法をお教えいたします。

  • 更新日:

好感度を上げたいならLINEを駆使すべし!

好感度を上げるLINEテクって何なのか?世の中の男性・女性ともにそんなことを考えながら暮らしていることだと思います。LINEはちょっと間違えれば素っ気なく感じますし、ちょっと工夫するだけで好感度をバク上げすることができる魔法のSNSです。そんな魔法のSNSを男友達との会話のようにただの連絡ツールとして扱ってしまっていては勿体ありません!一度自分のLINEを見直して、自分が女性にどんなLINEを送っているのか確認してみましょう。
女性とLINEがなかなか続かない!と嘆いている方は必見です。女性はどんなLINEに好感度が上がるのか、この記事でお教えいたします。とてもワクワクするようなLINEのやり取りがあなたでもできるようになりますよ。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

モテるLINEテクって何?

1. ちょうどいい文章量にする

短すぎる「うん」や「違う」などの文でも、タラタラと長い文章でもなく、3行くらいの文章がオススメです。この量ならなんとなく会話をしている気分になりますし、長くラリーが続く秘訣です。
女性はわがままな生き物なので、短くても長くてもやる気をなくしてしまいますが、このようにちょうどいい長さの文章は好感度上がります。あなたの長さは大丈夫?

2. 返信テンポを彼女に合わせる

返信のテンポは女性によって違います。LINEに夢中な女性は返信が早いでしょうが、LINEをあまり見ない女性は返信が遅いです。なのに、あなたが相手のペースに合わせずに返信をしてしまうと好感度が上がるどころかドン引きされてしまいかねません。好感度を上げるには、あなたが彼女の速度にあわせて返信速度を調整してあげることが大切です。

3. スタンプを良いタイミングで送る

「おやすみ」や「ありがとう」など、少し気恥ずかしいときにこそちょっとしたスタンプを送りましょう!女性は「かわいい!」となって好感度が上がるでしょう。高等テクニックになると、お笑いのスタンプなどをタイミングよく使って笑わせたり、スタンプは工夫すると好感度をLINEで爆上げできます。しかしスタンプばかりでもなんだか感情がこもっていない風に見えてしまうので、そこは注意が必要です。

4. 「!」や「!?」をうまく使う

LINEは文字なので、なかなか感情が伝わりにくいのが欠点です。そんな中で「おもしろかったね」と書くより「おもしろかったね!」と書いたりする方が、感情がダイレクトに相手に伝わるので好感度は上がるでしょう。「悲しいね。。」など、「。。」の2つ使いもかわいくてオススメです。感情を積極的に相手に伝えることに徹した方が好感度を与えますよ!

5. 返答に困ったら相づちを送ってみる

女性は自分の話に夢中になると、ついつい回りが見えなくなってしまいがちです。それはLINEのときも同じです。あまりに相手に関係ない話をしすぎて、LINEの返信が男性から帰ってこないこともしばしば…。女性が話に夢中になりすぎている時には、「そうなんだ!」など相づちを送ってみましょう。返信がないよりはだいぶ好感度が上がります!

6. 絵文字は多様しない

文章だけでは味気ないと思ってしまう男性は多いと思いますが、絵文字の多用は女性にドン引きされる確率が高いです。少しだけなら絵文字ももちろんオッケーですが、多様されると「昔のギャルみたい」と引かれてしまうケースが多いでしょう。好感度を上げるためにも、絵文字の多用は極力避けたいところです。

7. 面白い画像などを送ってみる

面白い画像を見つけて送ってみましょう!これが女性にハマれば、LINEでかなり好感度が上がります。ポイントは、犬や猫や赤ちゃんなどのかわいくて面白い画像です。逆にタブーなのは、汚かったりちょっとエロ要素が入った画像です。汚い・エロい、は男性しか面白いと思わないパターンが多いので気をつけてください。

女性はかまってちゃんが多いです

女性はかまってちゃんが多いので、LINEでも同じようにかまってあげると好感度を上げることができるでしょう。LINEはなかなか冷たくなりがちですが、今回お伝えした相手とテンポを合わせるなどのテクニックで親近感を出すことができます。好感度は爆上がりでしょう!
ちょっとしたことで好感度はすぐあ上がるものなので、是非この記事を参考にして女性に試してみてくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター