サムネイル

やられたっ…!キスマークを付けられてしまったときの対処法

出勤前の忙しい時間や、職場や外出先など、ふとした時に、昨日知らない間につけられたキスマークを見つけてしまった…。そんな時の対処法を今回いくつかご紹介していきたいと思います。周りからの目を避けるために必須な対処法。もし起きた時のために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 更新日:

マジ?!キスマークがついてる

キスマークを発見した時、場所によっては凄く焦る事がありますよね。仕事中に見つけてしまったらもうびっくり。女性はお化粧直しをするために鏡を見る機会が多いので、何気なく髪の毛をなおしていたりすると、キスマークを見つけてしまったと言う事はよくある事です。しかし男性は、自分で気づくというよりも、同性に首につけられたキスマークを発見され、からかわれたりして気づくこともあると思います。

独占欲でつけられたものだったり、二人のセックスが激しくていつの間にかついてしまったりと、理由はさまざまですが、時と場合により困ってしまう事もしばしば。そこで今回は、キスマークを見つけてしまった時の対処法をご紹介していきたいと思います。

ついた時の対処法

キスマークがついた場所を温める

キスマークと言うものは、簡単に言うと皮膚を吸われた事により出来た内出血です。なので、身体の血行をよくしてあげると薄くなっていきます。女性ならば手っ取り早く化粧品で使っているファンデーションを使って隠す事も出来ます。キスマークのついた首筋をファンデーションでポンポンと叩き重ねる事でキスマークは目立たなくなりますが、男性は化粧品なんて持っていないから困りますよね。
でも温める事なら、身近なものでいくらでも代用が聞きます。温かくしたタオルでキスマークの部分に押し当ててみたり、朝風呂などに入る人は、お風呂で温めるのもいいと思います。もし周りに何もなくても大丈夫。その部分を軽くもみながらマッサージしてあげる事で徐々に血行がよくなってくると思います。

服を使ってうまく誤魔化す

夏は薄着なのでちょっと厳しいですが、秋から冬にかけてなら服を重ね着したりする事も多く、またマフラーなどをする機会もグッと増えますよね。街を歩くくらいならマフラーで首を隠してみたり、タートルネックのセーターなどを着て首をすっぽりと隠すのも効果的だと思います。マフラーは室内に入るととらなければ行けませんが、タートルネックのセーターならばずっと着ていても不自然ではないですよね。面倒な事はしたくない、買い物に行く時間もないなんて人には、この方法は手っ取り早くおススメの方法です。

薬で対処してみる

日中にキスマークを見つけてしまった場合は、ドラックストアなどでヘパリン類似物質が入った薬やクリームなどを買って患部にぬるのもいいでしょう。ヘパリン類似物質の中には、血行を促進させる効能が含まれています。また、一回買っておくと、もし次また同じ様な事があった時にも慌てずすぐに対処する事が出来ますよね。なので、もしもの時の為にひとつバックに入れておくと慌てる事もないかもしれませんね。

ちょっと分かりやすいけれど絆創膏

正直、首筋に絆創膏を張っていると「あ、この人もしかしてキスマークを隠してるのかも」と見る人は気づいたりもするのですが堂々と見せびらかすよりはマシと言う意味で絆創膏です。キスマークの跡の度合いにもよりますが、絆創膏ですっぽりと隠してしまうのもアリです。でもたまに二か所なんかについてある場合も……。そんな時に何個も絆創膏をつけているとさすがに格好が悪くなるので、他の方法を考えてみることもおススメします。
また男性は、肩や首が凝ったりもするので、湿布をペタリと貼ってみるといいかもしれません。今の湿布はコンパクトサイズなので大きく張らずに済みますし、絆創膏よりもそれっぽいですよね(笑)

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、キスマークを見つけてしまった時の対処法をいくつかご紹介していきました。出勤する前や、仕事場、外出先などなど、キスマークを見つけてしまうタイミングは様々です。なので、時と場合によって今回ご紹介した対処法を変えてみてくださいね。

また、キスマークが消えるまでの時間は人によっても付ける時にいれた力の強さでも変わってきます。薄ければ一日で跡が消える事もありますが、キスマークが濃い場合は一週間程度かかる場合もあります。なので、ひとつの対処法だけではなく、掛け合わせて使ってみるのもいいでしょう。セックスをした次の日は、ちょっと気をつけてみてくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター