サムネイル

セカンドパートナーとは?理解できない男女の新たな恋愛関係を解説

セカンドパートナーってご存知ですか?最近この言葉を耳にすることが増えました。中には、セカンドパートナーという言葉自体は知らなくても、実際にセカンドパートナーと定義されるような関係の存在を持つ方もいるのではないでしょうか?今回はセカンドパートナーについて詳しく解説致します!

  • 更新日:

セカンドパートナーとは一体?

セカンドパートナーとは、簡単に言うと”配偶者以外の親しい異性”のことです。この親しいというのは、キスやハグをしたり精神的な繋がりは持つけれど、セックスだけはしない、という関係のことを言います。なぜならセックスをすればそれは不貞行為となり離婚の原因になってしまうから。セカンドパートナーを持つ人達は、家庭を壊したり離婚する気はなく、あくまで家庭が第一なのです。そしてその中で空いた時間を使ってセカンドパートナーと会い、家庭だけでは満たしきれない部分を補う、という考えなのです。

恋人のような、でも法的に不倫にはならない、そんなセカンドパートナーという関係。賛否両論のあるこのセカンドパートナーについて、ここから詳しく掘り下げてみていきましょう。

セカンドパートナーについてのあれこれ

なぜセカンドパートナーが必要なのか?

セカンドパートナーを持つ人達は、なぜそのような関係の異性を必要としているのでしょうか?ズバリそれは、結婚生活において何かしらの物足りなさを感じているからです。不満ばかりで耐え切れない結婚生活なら離婚となるかもしれませんが、そこまでではないという方が持つのがセカンドパートナーなんです。
例えば、配偶者は良い人だけど異性として見られない、ときめきが欲しい、という場合、そこの部分だけをセカンドパートナーで補うのです。また逆のパターンで、配偶者に家族としては大切にしてもらっているけど、異性として見られていない、孤独…そう感じている人が、その部分をセカンドパートナーで埋めることもあります。それ以外にも、配偶者に足りない様々な部分をセカンドパートナーで埋めることで、結果自分自身も満足、そして不満を爆発させて家庭を壊すこともない、配偶者と良好な関係で家庭を継続させられる、という状況になっているのです。

一体セカンドパートナーと会って何をしているのか?

既婚者がセカンドパートナーと一体何をしているのか?それは、ただカフェでお茶して他愛もない会話を楽しんだり、カラオケに行ったり映画をみたり、ごく普通のカップルのようなデートをしているようです。ですが、そのデートの間にキスやハグをすることはあっても、決してセックスはしないのです。その一線を越えてしまうと、それはもうセカンドパートナーではなく不倫になってしまうからです。セカンドパートナーを持つ人達は、家庭の外でセックスをして不倫関係を楽しみたいという願望はありません。罪悪感に苛まれたり、セカンドパートナーが原因で離婚になってしまうことは望んでいないからです。

ですが、恋愛感情があってキスやハグをしているなら、法に触れないだけで配偶者からすると十分不貞行為なのでは?と思う方もおられると思います。ですがセカンドパートナーを必要としている人の考えとしては、そのグレーでギリギリなところで家庭での不満を満たし充実した気持ちになれることによって、結果、結婚生活を円満に継続させるための努力ができる、と思っているのです。

セカンドパートナーを作って配偶者との関係は大丈夫なのか?

これについては、配偶者に正直に伝えて理解してもらっている人もいるのです。一方で、自分の配偶者には理解してもらないと考えている人は、配偶者には黙ってセカンドパートナーとの時間を過ごしているようです。自分の配偶者にセカンドパートナーがいることを容認して理解を示す人の意見としては、セカンドパートナーがいることで気持ちが満たされ、家庭での役割をきちんとこなし結婚生活を継続していけるのならそれでいい、家庭が第一でその家庭を守るため、離婚しないためにセカンドパートナーを利用しているのであればいい、と思っているようです。

セカンドであろうが配偶者に自分以外のパートナーがいるなんてありえない!と思う人からすれば、考えられないことだと思いますが、離婚するよりはマシ、セカンドパートナーのおかげで家庭がうまくいって感謝している、と感じている人がいるのも事実なのです。

セカンドパートナーを持つことのデメリット

ではセカンドパートナーがいることによってのデメリットとはどんなことなのでしょうか。それは、セカンドパートナーを本気で好きになってしまった、その結果一線を越えてしまった、隠していたセカンドパートナーのことが配偶者にバレて揉めた、こういったことが起こりうることです。

最初は家庭が一番だと思っていたとしても、セカンドパートナーとの時間を重ねるうちに本気になってしまうことは大いにあり得ることですよね。その結果一線を越えてしまうとことってあると思います。また、配偶者がセカンドパートナーの存在を知ったことで揉めて夫婦関係に亀裂が入るといったようなことも安易に想定できます。これは下手をすると離婚のきっかけになることも。体の関係はないと主張しても民法では”婚姻を継続しがたい重大な事由”があれば離婚が認められるケースがあるからです。
さらに、セカンドパートナーといるところを知人に見られて変な噂になることも大きなデメリット。やはり友人でもなんでもない異性と二人きりで会うということ自体、既婚者にとっては怪しまれる行為だということは忘れてはいけないことですね。

曖昧なセカンドパートナーという男女の関係、あり?なし?

結婚生活が長くなってくると、大なり小なり相手への不満を抱えて生活している方は多いでしょう。そこでその解決しない不満に耐えきれず離婚するくらいなら、セカンドパートナーを使って心を満たして家庭を継続させたほうがいい、そう考える人もいると思います。そしてセカンドパートナーと会っているときには、夫、妻、父親、母親ではなく、ひとりの人間、男性、女性、として輝いてイキイキできる時間が過ごせる、これもひとりの人間の人生においては必要なことだと言えます。

ですが、やはりセカンドパートナーとの関係は、ご紹介したように大きなリスクを背負っているということも事実です。でもセカンドパートナーがいる人達は、これは不倫じゃない、息抜きだと主張します。不倫をしている人達が叩かれる一方で不倫が蔓延しているのも現実です。それに比べればセカンドパートナーという存在は許せる範囲なのか…?やっぱりいけない関係なのか…?あなたはどう思われましたか?

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター