サムネイル

今すぐ試せる!家にあるものでセックスを盛り上げるアイディア集

セックスのマンネリ化。付き合いが長くなってくると避けられないことではありますが、マンネリ打破のために大人のおもちゃを用意したりするのはハードルが高い。そんなあなたに家にあるものでセックスを盛り上げるアイディアを授けます。今すぐ試せるものばかりなので、早速今夜からセックスを盛り上げちゃいましょう♡

  • 更新日:

セックスは盛り上げるもの

「最近、彼女とのセックスが盛り上がらない…」なんて嘆いてるそこのあなた!そんなセリフはやることやってから言ってください。セックスは盛り上がるものじゃない、自ら盛り上げるものなんです。初めのうちのセックスが刺激的で盛り上がるのは当たり前。その時期を過ぎたら、セックスが盛り上がるかどうかは、二人の工夫次第なんです。でも、工夫次第といっても大人のおもちゃを買ったりするのは大げさだし、彼女に引かれる危険性も。そこで、必要となってくるのがアイディア。アイディア次第で家にあるものがセックスを盛り上げるスパイスになってくれるんです。家にあるものを使ったセックスの盛り上げ方、早速ご紹介していきます。

ネクタイ・スカーフで縛りプレイ

大人なら誰でも持っているネクタイやスカーフ。これらはセックスでかなり使える優秀なアイテムなんです。ネクタイやスカーフで彼女の両手を縛ってみましょう。両手が自由に動かせないだけで、セックスはかなり刺激的になります。縛られている彼女を襲うというシチュエーションだけでもかなり盛り上がりますよね。手をベッドのフレームなどに縛り付けるとより刺激的に。男性だけでなく女性も縛られて、手が自由に動かせない状態でのセックスに興奮してしまいます。たまには逆に男性を縛ってみるのもオススメ。新たな快感に目覚めてしまうかも?!ネクタイやスカーフでの目隠しもオススメ♡視覚を奪われると敏感になっちゃいます。

食べ物で身体もおいしくいただこう

セックスは唇を全身に這わせる行為。どうせならおいしくいただいちゃいましょう♡ということで、生クリームやチョコソースをセックスに使ってみましょう。性感帯に塗って舐めとれば、まるで自分が食べられているような気になって、いつもより感じちゃいます♡女性に塗るばかりじゃなくて、自分に塗って舐めてもらうのもいいものですよ。いつもより丁寧に舐めてくれて、おいしそうに舐める様子に盛り上がり度はMAX!お互いに塗り合いっこして舐め合うと病みつきになっちゃうかも♡ただし経験者から言わせていただくなら、後片付けのことも考えるとなおよしです。確かにセックスは盛り上がるんですが、シーツはめちゃくちゃ汚れます。「このシーツ洗濯するの私なんだよな…」と思いながらするセックスって楽しくないので、片づけは二人でやりましょうね。

氷でひんやり

セックスはお互いの体温を感じる熱いもの。そこに熱さと真逆の氷を加えると、いつもと違うセックスになり盛り上がること間違いなしです。氷を口に含んでキスをしてみましょう。冷たい唇や舌の感覚は普通と違っていて、とても刺激的です。氷がお互いの口を行き来するうちに溶け、段々と熱を取り戻してくる様子は盛りあがる2人のセックスの象徴のよう。氷を含んで冷たくなった口での愛撫も、最初はひんやりしてビクッとなりますが、癖になる感覚です。セックスに熱だけでなく冷たさを取り入れて、セックスを盛り上げていきましょう。

シャワーでいつもと違う刺激を

セックスを盛り上げるにはセックスの場所を変えるというのが手っ取り早い方法ですが、ベッド以外でするのならバスルームがオススメです。バスタブにゆっくり浸かると体が温まり感じやすくなります。その温まった状態で試してほしいのがシャワーによる刺激です。手での愛撫と違った刺激に、彼女もいつもより感じてしまいます。またバスルームなら、どれだけ感じて濡れても潮を吹いても安心なので、女性は我慢することなくセックスに集中することができます。女性って「何かが出ちゃいそう」な感覚を我慢してしまうことが多いんです。バスルームで「我慢しなくていいよ」と女性に囁いてあげてください。最高に盛り上がるセックスになりますよ。

身近なものでセックスを楽しもう♡

セックスを身近なもので盛り上げる方法には色々なものがあります。ネクタイやスカーフで手を縛ったり目隠しをしたり、体にクリームやはちみつを垂らしたり、氷で冷たい感覚を楽しんだり、シャワーで刺激を与えたり、などなど。アイディアは無限大です。日常の中にセックスを盛り上げるアイテムはいくらでも潜んでいるのです。セックスが盛り上がらないと嘆くその前に、できることは全て試してみましょう。セックスを盛り上げるのは二人の努力が必要なのです。いつまでも盛り上がるセックス、していきましょうね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター