サムネイル

思わずムラムラしちゃう♡前戯のキスにぴったりなリップ音の出し方

彼女といつもより濃厚なキスをするなら「リップ音」を立ててみて。エッチな気分を作ることができるだけではなく、実は嬉しい「健康効果」も期待できるのだとか!?そこで今回は、リップ音の基本をご紹介した上でキス音の上手な出し方まで徹底解説します!

  • 更新日:

リップ音って何?まずは基本をチェック

リップ音(キス音)とは、キスをする際に発する「チュッ」というような音のこと。リップ音を立てるとムードが高まり、濃厚なキスをすることができます。というのも、リップ音を立てて視覚や触覚だけではなく「聴覚」にも刺激を与えることによって、キスの満足感がより一層高まるのです!そのため、普通のキスに物足りなく感じているカップル、そしてマンネリ化を感じているカップルにも、リップ音を出した濃厚なキスがおすすめだと言えます。

さらに、なんとリップ音には「健康効果」もあると話題に!例えば、キスにはそもそも、ストレスを生み出すホルモン「コルチゾール」を減らすことができると言われています。そこでリップ音を出しながらキスをすると、様々な感覚への刺激によってより強いホルモン効果を得ることができ、コルチゾールがより減りやすくなるのです!キスをしながらストレスを和らげてくれるとは、嬉しいですよね。

もちろん他にも、免疫力がついたり血圧が下がったりと、嬉しい効果がたくさんのリップ音を出しながらのキス。この機会に、皆さんもやり方をチェックしてチャレンジしてみませんか?

リップ音の出し方を解説!マスターして彼女に実践を

リップ音を出すことに難しいと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、コツをつかめれば上手に鳴らすことができるのでご安心ください。そこで次に、気になるリップ音の出し方について徹底解説します!ソフトなリップ音の出し方から、濃厚でエッチなリップ音の出し方までご紹介しますので、ぜひその場の雰囲気に合わせて使い分けてみてください。

ソフトなリップ音なら自分の唇を使って「チュッ」と

ソフトなリップ音を出したい方におすすめなのが、「自分の唇を吸ってすぐに離す」というやり方です。いきなりリップ音を出してキスをするのが恥ずかしい方は、唇を使ってソフトなリップ音を鳴らすと良いでしょう。上唇を使うと、軽めの「チュッ」という音が出るため、フレンチキスにぴったり。下唇を吸うと「チュパ」というソフトでもセクシーな雰囲気の音が出るため、シーンによって使い分けることをおすすめします。

そこでリップ音を上手に出すには、「唇の潤い」が鍵を握っています。唇が乾燥していると音が鳴りにくいため、リップクリームなどでしっかりと保湿をし、唇に潤いを持たせておきましょう。とは言え、カサカサ唇を解消しようと、キスの直前にリップクリームを塗りすぎるのはNG。ベタベタした唇でキスをしても、お相手に不快感を与える可能性があります。あくまでも普段から力を入れてリップケアを行うことを心掛け、いつでもキスの準備OKのぷるぷるの唇を手に入れましょう。

相手の舌を使ってリップ音を出そう

ディープなリップ音を出すなら、お相手の「舌」を使ってリップ音を出しましょう。つまり、ディープキスをしながらリップ音を出す方法なのですが、唾液を含むため「チュクチュク」というような濃厚かつ官能的な音を出すことができます。ただしこの場合にはお相手の舌を使うため、自分の意思だけでは濃厚な音を出すことができませんし、一定の音を出すことも不可能。お相手も積極的に舌を使ってくれなければ綺麗に音が鳴らないため、お相手をその気にさせて舌を使ってもらわなければなりません。エッチなムードを作って彼女の気持ちを盛り上げつつ、お互いに試すかのように舌を絡めてみると良いでしょう。

ディープキスをしながらリップ音を出したら、その濃厚さにお相手を夢中にさせられること間違いなし♡よりエッチなムードを作りたいときには、ぜひこの方法でリップ音を出してみてください!お互いに舌を絡め合って音を出すため難易度は高いものの、一度コツを掴めたらそれ以降は簡単に鳴らすことができるはずです。

気持ちが盛り上がる♡リップ音で彼女をムラムラさせて

いかがでしたか?今回は、リップ音の基本についてご紹介した上で、鳴らし方まで徹底解説しました。彼女との関係にマンネリ化を感じている方にも、リップ音を出したキスは効果抜群。気持ちが高まり、普段の何倍も濃厚なキスをすることができるでしょう。ただし、リップ音の出し過ぎには注意が必要。「下品」だと思われる可能性もあるので、正しいやり方で適度にリップ音を出しつつ、キスを楽しんでください!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター