サムネイル

夜は疲れてつい寝てしまう人必見。「朝セックス」のススメ!

夜は仕事で疲れてつい寝てしまうというひとも少なくないでしょう。女性は午後から夜にかけて性欲が高まる人が多いと言われている中、夜、パートナーの誘いを断ってしまっているという方もいることでしょう。そんな方に朗報!「朝セックス」なら疲れ知らずで楽しめますよ!今回は、メリットいっぱいの朝セックスをご紹介します♡

  • 更新日:

今夜もまた、何もシないで寝ちゃうの?

パートナーとセックスしたい気持ちはある。でも、なぜか最近セックスとはご無沙汰。今夜もまた、何もなく就寝…。

男性の中には、こんな生活を送っている方もいるかと思います。しかし、女性側の気持ちとしては、この生活はとても不安です。「セックスする気はあるのにシないのはなぜ?」「私に女としての魅力がないの?」「嫌いになったの?」と不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。あなたの「セックスする気はあるんだけど…」というフォローが、かえってパートナーを傷つけてしまっているかもしれません。

男性としても、パートナーを傷つけたくはないですよね。でもなぜか、夜はそのまま寝ちゃう。そんなお悩みの方のために、今回は夜にセックスができない原因と、朝セックスのメリットをご紹介します♡この記事を読んで、あなたとパートナーの関係がよりよくなれば幸いです♡

夜にセックスができない原因①仕事疲れ

一日、仕事が終わったあとのセックスはあまりにも体力的に厳しいという人も多いでしょう。精神的な疲れもさることながら、肉体的疲労は無視できません。疲労たっぷりで帰ってきて、さあ今から燃え上がるぞ!とエンジンをかけるのは難しいですよね。付き合いたての頃ならそんな気合もありますが、長い付き合いのカップルや夫婦は特に厳しいでしょう。

一時間のセックスは15分間走ったときと同じ体力を消耗するとも言われています。そんな体力、仕事のあとに残ってないという方も多いでしょう。

夜にセックスができない原因②男性は朝にムラムラしやすい

実は女性は午後から夜にかけて性欲が高まり、男性は朝に性欲が高まる傾向にあると言われています。
男性にとっては、夜は疲労が溜まっているだけではなく、性欲もそんなに高まっていないのに「セックスしよう」というモチベーションが生まれにくい時間帯なのです。しかし、反対に女性は夜がムラムラのピークタイム。このタイムラグが、パートナーとの性生活に支障をきたしている一因かもしれません。

夜が無理なら朝もアリ♡朝セックスのメリットとは

ここまで読んで、男性が夜にセックスしたくならない理由がよくわかったと思います。男性は、そもそも「夜にムラムラする作りではない」のです。でも、パートナーとセックスしたい…!という方にぴったりなのが「朝セックス」。
ここからは朝セックスのメリットをご紹介します♡

テストステロンの分泌

男性ホルモンであるテストステロンの分泌率は朝が最も高いと言われています。つまり、朝男性がムラムラして、セックスがシたくなるのはおかしいことではなく、生き物として正常であり、健康な証拠なのです。

一方女性は朝の時間はそういったホルモンが作用することもなく、むしろ、ゆっくりとした朝の時間を過ごしたいと思っている場合が多いようです。低血圧という女性も少なくなく、朝からしたいという気持ちになるということはなかなかないようです。

疲れを引きずらない積極的なセックスができる

朝セックスは疲れを引きずらない積極的なセックスができます。夜、きちんと睡眠の時間をとり、仕事の疲れを取ることで次の日の朝体力がある状態でセックスを楽しむことができるのです。

朝のまどろみの中でゆっくりと愛撫をしてスイッチを少しずつオンにしていくことができれば、パートナーの気持ちも盛り上がるでしょう。特に、休日の朝はセックスをするにはうってつけの時間です。ゆっくりと楽しむ朝セックスは最高ですよ♡

肌がきれいになる?!

夜更かししてセックスするのをやめ、睡眠の時間に充てることで十分な睡眠が確保できます。美肌にはたっぷりの睡眠が不可欠なため、朝セックスにすれば女性にとっても美肌のメリットがあるのです♡

また、朝のセックスはその日一日を幸せな気分にしてくれます。幸福感がホルモンバランスに影響して更に肌がきれいになると考えられます。

朝セックスのデメリットとその対処法

ここまで、朝セックスのメリットをご紹介してきましたが、朝セックスのデメリットももちろんあります。特に女性は、朝のセックスはちょっと…と嫌がる人もいるでしょう。そんな時に、あなたがパートナーと気持ちよく朝セックスするために、デメリットとその対処法をご紹介します。

朝日ですっぴんやシミ、しわが浮き彫りに…

女性が朝セックスを嫌がる理由として、「光」があります。夜は暗いので電気を消してセックスができます。ムードももちろん感じられますが、すっぴんを見られなくてすむということもあります。

また、明るいと体のたるみが気になったり、ムダ毛など、見てほしくないところが見えてしまうことが嫌で朝のセックスを避けるようになるようです。そんなパートナーの不安を払拭する一番の方法は「言葉」です。

朝日を浴びたパートナーの姿が好きという男性も少なくないでしょう。その気持を是非女性に伝えましょう。「きれいだよ」という一言だけでも女性はとても安心しますし、嬉しくなります。是非、光を怖がっている女性に思いを伝えてください。

朝は口臭が気になる

口臭への嫌悪感は男性も感じたことがあるのではないでしょうか。女性も同じように感じている場合が多いのです。したいけれども、まずは歯磨きをしたいという気持ちがあることでしょう。

そんなときの対策として、のど飴を枕元に準備しておいたり、白湯をポットに入れて置いておくなどして口の中の状況を整えられるようにしておく方法があります。最近では、翌朝でもにおわないようにしてくれる歯磨き粉や、マウスウォッシュなども販売されています。

また、キスをしないというセックスも良いかもしれません。フレンチキスだけというのもありです。そのかわり、ゆっくり前戯の時間をとって、たくさん気持ちよくなるように工夫するとよいでしょう。

女性は朝ムラムラしづらいかも

冒頭でもお話しした通り、女性の性欲のピークは昼~夜にやってきます。男性は朝ムラムラするのでセックスする気持ちが湧きやすいかもしれませんが、今度は女性が乗り気でない可能性があります。

その場合には、「夜寝た方が肌キレイになるんだよ」「朝起きたらいっぱい愛してあげるからね」とパートナーにとってのメリットを説明してあげましょう。確かに朝はその気にならないですが、予め約束しておくと「起きたらするのか…」とだんだん濡れてくることも♡筆者はたまに朝にシますが、約束していると不思議と朝に合わせて性欲も強くなってくるものです。

朝セックスでパートナーと最高の朝を!

パートナーとセックスができないというのは男性にとっても女性にとっても辛い状況でしょう。しかし、そんな時は、朝セックスに切り替えてみてはいかがでしょうか?いつもとは違う、明るい中でのセックスも盛り上がりますよ♡また朝セックスは、セックス後のまどろみやゆっくり食べる朝ごはんも幸せを感じるひとつ。パートナーとの夜事情に悩むあなたは、さっそく明日の朝からトライしてみて!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター