サムネイル

好みじゃない女性に告白された時に、相手の気持ちを傷つけない断り方

好みじゃない女性から告白されたときに、相手の気持ちを傷つけない断り方は押さえておいて然るべきです。思いもしない出会いや、思いもしないような告白が人生には何度かあるものです。どうしたらいいかわからず自分なりに言葉を選んだつもりだけど相手を傷つけてしまったり、不本意にだれかを傷つけるのを今日でおしまいにしましょう。

  • 更新日:

好みじゃない女性から言い寄られた…

好みじゃない女性から言い寄られたという経験はありませんか?え、そんなふうに俺のこと見てたの?という相手から告白されるということもあるでしょう。嬉しいけれども、付き合うつもりはないという人もいるでしょう。

はっきりいって好みではない、そこまで親しくしようとは思っていない、などと思う人もいるでしょう。しかし、実際のところそうした気持ちを相手にストレートに伝えすぎてしまうと、相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。

では一体どうしたら相手を傷つけずに断ることができるのでしょうか。

断り方1.特別な友達でいたいと伝える

まず、特別な友達でいたいということを伝えましょう。今まで楽しくしていたことや、一緒にいて心地よかったことを伝えたうえで、気持ちはうれしいけれども、付き合うというのは違うと思うということを伝えてみるとよいでしょう。

本当に特別な友達でいたいという素直な気持ちは相手も悪い気持ちはしません。自分が恋人になれなかったということには悲しむかもしれませんが、それでも縁は切りたくないし、これからも楽しく一緒に過ごせる友達でいたいということを伝えると女性も納得しやすいです。

大切なのは「特別な」友達だということ。普通の友達とは違うよ、という意味を相手に伝えることができれば、女性もあまり傷つかずにすみます。あなたの接し方を特別変える必要はありません。ただ言っておくだけで相手が「特別だ」と感じてくれる便利な言葉ですね。

断り方2.気持ちがないなら復縁は断る

一度、付き合ったことのあるの人から復縁を申し込まれるケースもあるでしょう。しかし、実際には既に気持ちはなく、言ってみれば腐れ縁ともいえるでしょう。なんとなく、なあなあな気持ちでかかわってしまっていると、こうしたことが起こりやすくなります。

気持ちがないならはっきりと復縁は断るようにしましょう。自分はもう、付き合うつもりはないというはっきりとした断固とした気持ちを相手に伝えるようにしましょう。

復縁の申し込みを断るときには、あいまいさを残してしまうことで相手と体だけの関係になってしまったり、なんとなくという流れで付き合ってしまうということもあり得ます。

そうしたことを避けるためにも、復縁を申し込まれて、すでに相手には興味がないという場合にははっきりと断るようにすることが大切です。

この場では相手が傷つく可能性は大いにありますが、今後なあなあで付き合い続けた悲惨な未来を考えると傷が浅く済むという見方もできます。

断り方3.ビジネスパートナーとして関わりたいと伝える

ビジネスパートナーから告白される場合もあるでしょう。ですが、相手とは恋愛関係になることは望んでいないということも往々にしてあります。そうした場合には、気持ちはうれしいし、君のことは信頼もしてる、だけれども、ビジネスだけのやり取りをしたいんだ、ということを伝えるようにしましょう。

この時に大切なのは、相手の良いところや、自分が相手のことをどのように思っているのかということを具体的に伝えるということです。恋愛感情とは違う、信頼関係があるということを伝えることで、相手もこれは恋愛ではなくて、ビジネスの関わりなのだ、と割り切ることができるようになります。

ただ、仕事の関係だと、一度こじれてしまうと、そこから気まずい雰囲気になることもあります。仕事の関係だとお互いに割り切るためにも、自分は異性というより、ビジネスパートナーとして認識しているんだということを分かりやすく伝えることが大切です。

断り方4、姉・妹のようにしか思えないと伝える

人によっては恋愛というよりかは放っておけない相手という気持ちのほうが大きい相手からの告白もあるでしょう。例えば後輩、先輩にあたる人。思わず、「いや、兄弟みたいなもんだと思ってて…」と言ってしまいそうですが、ここではぐっと我慢して、あくまでも相手を女性としてたてた上で、本当にうれしいのだけれども、このままの関係がいい、と伝えましょう。

え、どうして私じゃダメなの?と問われるかもしれませんが、その場合には「他に好きな人がいる」という答え方もできます。

なんとなく、縁は切りたくないし、関わり続けたいとは思っているけれども、付き合うことまでは考えられないという相手には、ありがとう、と伝えたうえでやんわりお断りすると相手を傷つけにくいです。

ごまかし、はっきりと伝えすぎは良くない

告白されたときに、「いやそんなわけないでしょ」と相手の告白をごまかしたり、「いや、好みじゃないから」などとはっきりと伝えてしまうと相手を傷つけます。

相手の気持ちをいったんは受け入れて、嬉しいけれども僕はこう思うということを伝えることが大切です。告白してくれてありがとう、という感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

そして、特にこれからも関係性を切りたくないという相手に対してはなおさら感謝の気持ちはきちんと伝えるようにしましょう。「好き」と伝えることはとてもエネルギーを必要とします。

そのエネルギーに感謝して受け取りつつも、上手にかわすのが大人の男性のお断りの仕方です。
女性の気持ちを傷つけずに相手に想いを伝えましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター