サムネイル

お付き合いするには難アリかも…。こじらせ女子の特徴

こじらせ女子。言葉は聞いたことあるけど詳しくはよく分かっていないというあなたへ、今回はこじらせ女子の特徴をお伝えしたいと思います。このこじらせ女子、名前からしてちょっと厄介そうだなって思いませんか?実際こじらせ女子とお付き合いするとなると、なかなか面倒なタイプです。そんなこじらせ女子の実態に迫ってみましょう。

  • 更新日:

引っかかるとなかなか大変なこじらせ女子

こじらせ女子を簡単に説明すると、自信がない女子のことです。自己肯定感が極端に低いので、それゆえに様々なマイナス要素を抱えています。そう聞くと暗くて陰にこもったイメージの女子を想像するかもしれませんが、一見明るくてハツラツとして見える女子の中にもこじらせちゃってる女子はたくさん存在します。そんなこじらせ女子に深入りしてしまうと、ぶっちゃけ大変。そんなこじらせ女子の自信のなさから表れる様々な特徴を、今から詳しく解説します。

こじらせ女子ってどんな女子?

自虐的

こじらせ女子は、褒められても素直にありがとうが言えません。だから褒められると、謙遜を越えていきすぎた自虐キャラになっちゃうのです。そんなことないよ~くらいなら謙遜の範囲。でもこじらせ女子は、褒められると言わなくてもいい自分の欠点を次々披露してしまいます。笑いにならないレベルで自分で自分を侮辱しちゃうんです。

こういうときにこじらせ女子がよく言う口癖が、私なんて。例えば可愛いね~モテるでしょ~って言われたとしたら、私なんて可愛くないしスタイルも悪いし仕事もできないし特に取柄もないしモテたことなんてないよ!私なんてモテるわけないじゃん!とここまで言っちゃいます。いやいやそこまで言わなくても…とかける言葉を失っちゃいますよね。

超ネガティブ

こじらせ女子は、自信がないので思考回路がひどくネガティブです。何に対しても積極的になれず、新しいことに挑戦することも苦手です。失敗するのが怖いので、現状維持を好みます。でも内心は、目標に向かって努力している人や、いろんなことに前向きに挑戦できる人を羨ましく思っています。でもネガティブなので、そういう人達を見てはまた自信を失くしています。

こじらせ女子の中には、内心変化や成長を求めている女子もたくさんいます。ですが、一歩踏み出せば変われるはず!と思ってみても、考えすぎて結局ネガティブに考えてしまうので、その一歩が踏み出せないことに葛藤していたりします。だから常に悶々とした日々を送っていたり、何か物足りなさを感じながら生活している女子が多いですね。

行動力がない

こじらせ女子は、とにかく行動を起こすのが苦手です。先程お伝えした、新しいことを始めるときの行動力がないのもそうですし、日々の小さなことでいえば、アクティブに行動するよりも家にこもったりしていることが多いですね。自信がないということが、人目を気にしたり他人の評価を気にするといったことに繋がって、それが疲れるのでひとりで家にいることを好むのです。

これは恋愛に対しても同じです。合コンや街コンなど、出会いの場に行くことも自信がなく苦手なので、新たな出会いあまりがなく、一度彼氏が途切れると恋愛から遠ざかってしまいます。その悪循環で余計に恋愛をこじらせがちです。好きな人ができたとしても片思いで終わってしまうことがほとんど。自信がないので、臆病になってしまっているのです。

素直になれない

こじらせ女子は、素直になれないという短所を抱えている人が多いです。本当は甘えたり頼ったりしたいのにそれを素直に言い出せません。なのでひとりで悩んで考え込みがちです。また人からの好意も素直に受け取るのが苦手です。だから何かしてもらっても、ありがとう!と言えなくて、ごめんなさい、すみません!って言っちゃいます。

これはイイ感じの男性や彼氏に対しても同じで、可愛く甘えることができなくて、それがいきすぎると男性から可愛げがないと思われちゃったりもします。もっと女子らしく可愛い態度を取りたいのに、ここでまた私なんて…という考えが出てしまい、私なんかが可愛くしたってそんな柄じゃないし、似合わないし、と思ってあえてクールな態度を取ってしまったりして、損をするタイプです。

輝いている人が苦手

こじらせ女子は、華やかな人種を苦手としています。世間でいうハイスぺ男子やキラキラ女子のように、内面的な努力をして成功を掴んだり、外見的にも努力して美貌を手にしているような輝かしいタイプの人達に対して、劣等感を感じて苦手意識が強いです。

それは、一緒にいると惨めに感じてしまうからです。本当はそんなふうに思わなくても大丈夫だったとしても、どうしても自信がないために、こんな人達と自分はレベルが違うから一緒にいられないと思ってしまうのです。だから、イケメンで仕事もできて優しくて、みたいな世の女子が食いつきそうな男性を紹介してあげるという嬉しい話があったとしても、断ってしまうんです。もったいないですよね。

こじらせ女子の性格を改良するのは至難の業

いいなと思った女性がよくよく話してみるとこじらせ女子だったと気付いたとき、どうにかして自信をつけさせてあげようと思う男性もいるかもしれませんが、こじらせ女子が抱える性格の問題を解決してあげるのは実際とても難しいと思います。こじらせ女子も、ある日突然こじらせ女子になったのではありません。そうなるには過去の経験や悩みが関わっていたりと、問題は結構根深いものです。
ですが、そんなこじらせ女子にだって長所はたくさんあります。こじらせ女子と共に、こじれちゃった性格に気長に付き合ってあげようと思うくらいの深い愛情のある男性方は、こじらせ女子に挑んでみるのもいいかもしれませんね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター